英国王戴冠式 秋篠宮ご夫妻がご参列

英国王戴冠式 秋篠宮ご夫妻がご参列 国王とご交流

【ロンドン=緒方優子】英ロンドンのウェストミンスター寺院で6日、行われたチャールズ英国王の戴冠式。日本からは、天皇陛下が差し向ける「ご差遣(さけん)」により、皇位継承順位1位の皇嗣(こうし)である秋篠宮さまが秋篠宮妃紀子さまとともにご参列。皇室とゆかりの深い英王室の新たな幕開けを祝福された。

ご夫妻は現地時間の6日午後2時20分ごろ、戴冠式から宿泊先のホテルに戻られた。秋篠宮さまは報道陣の問いかけに、「とても荘厳でよろこびに満ちた良いお式だと思いました」、紀子さまも「すばらしいお式でした」とそれぞれ感想を述べられた。

戴冠式に先立ち、ご夫妻は5日午後、バッキンガム宮殿で行われた国王主催のレセプションにご出席。側近によると、国王に直接祝意を伝えるとともに、天皇、皇后両陛下からのお祝いをお伝えに。会場ではほかに、ウィリアム皇太子ら英王室メンバーをはじめ、欧州、アジア、中東、アフリカなど、レセプションに出席した国の王族とも言葉を交わされたという。

また、5日朝には、在英ブルガリア大使館を訪れ、同国のシメオン2世元国王夫妻とご面会。ご夫妻は平成21年に同国を訪問した際、元国王夫妻と面会しており、約40分間にわたり懇談するなどして旧交を温められたという。

https://www.sankei.com/article/20230506-UU5VI3CKUZPFLCJZZEAGGU756U/

イギリス

イギリスの国旗
原作: <a href=”https://en.wikipedia.org/wiki/Acts_of_Union_1800″ class=”extiw” title=”w:Acts of Union 1800″>Acts of Union 1800</a> ベクタ: <a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/User:Zscout370″ title=”User:Zscout370″>Zscout370</a> – 次の画像を基にした<span class=”int-own-work” lang=”ja”>投稿者自身による著作物</span>: <a rel=”nofollow” class=”external text” href=”https://flagspot.net/flags/gb.html”>United Kingdom</a> at Flag of the World <a rel=”nofollow” class=”external text” href=”https://www.flaginstitute.org/wp/flags/unionflag/”>United Kingdom Flag</a> at the Flag Institute, パブリック・ドメイン, リンクによる

Royal Coat of Arms of the United Kingdom (Tudor crown).svg
このベクター画像には、次のファイルから取得または適用された要素が含まれています:​, CC 表示-継承 4.0, リンクによる

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、英語United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland、英語略称: United KingdomU.K.UK[1])、通称イギリスは、ヨーロッパ大陸北西岸に位置し、グレートブリテン島アイルランド島北東部その他多くの島々から成る立憲君主制国家。首都はロンドン日本語における通称の一例として、英国(えいこく)がある(「国名」を参照)。

イングランドウェールズスコットランド北アイルランドという歴史的経緯に基づく4つのカントリー(「国」)が、同君連合型の単一主権国家を形成している[2]。また、2020年1月31日まで欧州連合(略称:EU)に属していたが離脱した (ブレグジットを参照)。イギリスは国際連合安全保障理事会常任理事国であり、G7G20に参加する先進国である[3]。また、経済協力開発機構北大西洋条約機構欧州評議会の原加盟国である[4][5][6]

核拡散防止条約により核兵器の保有を認められた5つの公式核保有国のひとつであり[7]、強力な軍事力を持つ。ウィーン体制が成立した1815年以来、世界で最も影響力のある国家を指す、列強のひとつに数えられる。

GDPは2020年時点で名目GDP世界第5位購買力平価世界第9位と、いずれも世界10位以内に位置する大きな市場を持ち、世界的な経済大国かつヨーロッパにおける四つの大国「ビッグ4」の一国である。人間開発指数の高い先進国と見なされている。

また、民主主義立憲君主制議院内閣制など近代国家の基本的な諸制度の発祥国でもあり、ピューリタン革命名誉革命産業革命など、様々な歴史的事象の舞台であった。シェイクスピアダーウィンニュートンクックファラデーフレミングといった科学者や芸術家の故国で、現代においてもビートルズクイーンなどを輩出した。ビジネスや政治において「国際共通語」化が進んでいる英語は、イングランドの発祥である。

イギリスの擬人化としてはジョン・ブルブリタニアが知られる。

https://w.wiki/3CM4

ロンドン

City of London skyline 27.12.2019.jpg
<a href=”//commons.wikimedia.org/w/index.php?title=User:QuintusPetillius&amp;action=edit&amp;redlink=1″ class=”new” title=”User:QuintusPetillius (page does not exist)”>QuintusPetillius</a> – <span class=”int-own-work” lang=”ja”>投稿者自身による著作物</span>, CC 表示-継承 4.0, リンクによる

ロンドンLondon [ˈlʌndən] ( 音声ファイル)ランドン))は、イギリスおよびこれを構成するイングランド首都。イングランドの9つの地域(リージョン)のひとつ。

イギリスヨーロッパ域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である[4]。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)に相当する地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイル(2.6km2)あり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている[5]。ロンドンでは市街地の大部分がコナベーションにより形成されている[6]

グレーター・ロンドンでは選挙で選出されたロンドン市長ロンドン議会により統治が行われ[7][8]、域内はシティ・オブ・ロンドンと32のロンドン特別区から成る。

https://w.wiki/3Fwo

ウェストミンスター寺院

ウェストミンスター寺院の西側ファサード
<a href=”https://en.wikipedia.org/wiki/” class=”extiw” title=”wikipedia:”>英語版ウィキペディア</a>の<a href=”https://en.wikipedia.org/wiki/User:Ellocharlie” class=”extiw” title=”wikipedia:User:Ellocharlie”>Ellocharlie</a>さん – <span class=”plainlinks”><a class=”external text” href=”https://en.wikipedia.org”>en.wikipedia</a></span> からコモンズに移動されました。, パブリック・ドメイン, リンクによる

ウェストミンスター寺院(ウェストミンスターじいん、英語:Westminster Abbey)は、イギリスロンドンウェストミンスターに所在する、イングランド国教会教会。聖ペテロ修道教会。戴冠式などの王室行事が執行され、内部の壁と床には歴代の王や女王、政治家などが多数埋葬されている。墓地としてはすでに満杯状態で、新たに埋葬するスペースはなくなっている。国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)が隣接している。

ウィリアム1世以来、エドワード5世エドワード8世を除くすべてのイギリスの歴代王が、「エドワード懺悔王の礼拝室」で戴冠式を行っている[1]。この部屋にはかつてスコットランドから持ち帰られた、スコットランド王権を象徴するスクーンの石が嵌めこまれた戴冠式用の玉座があったが、スクーンの石は1996年にスコットランドに返還された。

イギリス中世の大規模なゴシック建築でもある。11世紀にエドワード懺悔王が建設し、1066年以降、英国国王の戴冠式が行われている。1245年、ヘンリー3世により、フランスの建築家を招き、フランスのゴシック建築にならって改装を始めた。14世紀末までにおおよそ完成するが、墓所の増築や西側正面部分、塔など20世紀に至るまで長期間にわたり、時代によってさまざまな様式で増改築されている。

1987年ユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録された。

ウェストミンスター修道院とも呼ばれる。

https://w.wiki/3Thq

チャールズ3世 (イギリス王)

Prince Charles in Aotearoa (cropped).jpg
Mark Tantrum – <a rel=”nofollow” class=”external free” href=”https://gg.govt.nz/image-galleries/official-portraits”>https://gg.govt.nz/image-galleries/official-portraits</a>, CC 表示 4.0, リンクによる

チャールズ3世(チャールズさんせい、Charles III 1948年11月14日 – )はグレートブリテン及び北アイルランド連合王国ウィンザー朝第5代国王(在位: 2022年9月8日 – )、その他14か国の英連邦王国及び王室属領・海外領土の君主イングランド国教会首長英語版)。全名はチャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージ(Charles Philip Arthur George)。日本語では「チャールズ国王」と表現される場合が多い。

エリザベス2世の在位中は、長らく皇太子(第21代プリンス・オブ・ウェールズ)であった。イギリス陸海空軍元帥[2]。公邸はクラレンス・ハウス

弟は、ヨーク公爵アンドルー王子エディンバラ公爵エドワード王子。妹は、プリンセス・ロイヤル・アン

https://w.wiki/5gMM

戴冠式

Coronation Ferdinand V of Bohemia.jpeg
<a href=”https://www.wikidata.org/wiki/Q39210385″ class=”extiw” title=”d:Q39210385″><span title=”Austrian painter, 1797-1877″>Leopold Bucher</span></a> – Prague Castle, パブリック・ドメイン, リンクによる

戴冠式(たいかんしき、coronation)は、君主制国家で、国王皇帝即位の後、公式に王冠帝冠を聖職者等から受け、王位帝位への就任を宣明する儀式

日本では、即位の礼の中心儀式である即位礼正殿の儀がこれに相当する。非キリスト教国でも、タイブルネイマレーシア東南アジア諸国や、中近東の君主制国家では、戴冠式やそれに類似した即位式が行われる。

https://w.wiki/3nTy

今上天皇

President Trump at the Palace Hotel Tokyo (47951122293) (cropped).jpg
The White House – <a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/File:President_Trump_at_the_Palace_Hotel_Tokyo_(47951122293).jpg” title=”File:President Trump at the Palace Hotel Tokyo (47951122293).jpg”>File:President Trump at the Palace Hotel Tokyo (47951122293).jpg</a>, パブリック・ドメイン, リンクによる

今上天皇(きんじょうてんのう、Emperor)は、その時々における在位中の日本天皇を指す語[1]

」の「上(上様)」の意をもって呼ばれる「今上(きんじょう)」[1][2]はそれだけでその時代における皇帝や天皇を指す語として成立したが、「天皇」と繋げれば日本独自の名称となる。「陛下(へいか」と繋げて「今上陛下」と呼ぶ例は、大正時代から確認できる[3][注 1][4]

「今(現在)」とは、その時間に属する人が基準とする時の一点であり、どの時間に属する人かで「今上天皇」にあたる人物も異なる。存命中から「(個人名)n世」と固有名で呼ばれる諸外国の君主、また教皇との最大の違いである[注 2]

令和の時代(2019年5月1日 – )に「今上天皇」と称される人物は、第126代天皇徳仁(なるひと)。

https://w.wiki/6LMr

皇后雅子

Empress Masako at TICAD7.jpg
TICAD7 Photographs – <a rel=”nofollow” class=”external free” href=”https://www.flickr.com/photos/ticad7/48648305952/”>https://www.flickr.com/photos/ticad7/48648305952/</a>, CC0, リンクによる

雅子(まさこ、1963年昭和38年〉12月9日 – )は、日本の第126代天皇徳仁皇后(在位: 2019年令和元年〉5月1日 – )[2]皇族。元外交官お印ハマナス敬称陛下[3]勲等勲一等。旧名は小和田 雅子(おわだ まさこ)。

小和田恆・優美子夫妻の第1女子。皇女子愛子内親王がいる。住居は、東京都千代田区皇居御所

https://w.wiki/4CUW

皇位継承順位

皇位継承順位(こういけいしょうじゅんい)とは、近現代の日本の皇室において皇室典範に定められた皇位継承順序に基づく、各皇族皇位の継承順位である。

https://w.wiki/6ihx

皇嗣

皇嗣(こうし、: Crown Prince)は、皇室典範において、皇位継承順位第1位の皇族を指す呼称[1]。現行の皇室典範では皇嗣のうち、天皇の皇男子には「皇太子(こうたいし)」、天皇の皇孫には「皇太孫(こうたいそん)」の称号を付している。

今上天皇在位中における皇嗣は、その皇弟(傍系)にあたる秋篠宮文仁親王(第125代天皇明仁第2皇男子)であるが、皇室典範には皇弟である者に皇太弟(こうたいてい)の称号を付する定めがないため、秋篠宮文仁親王に対しては称号的な呼称として皇嗣が用いられている。

また明宮嘉仁親王明治天皇庶子にあたり、旧皇室典範では皇位継承順序は同等内では嫡庶長幼の順のため、嫡出の弟が生まれた場合は皇位継承順位が繰り下がる可能性があったが、親王が満10歳(明治天皇の后である昭憲皇太后が満40歳)のときに立太子の礼を行い、皇太子とされた。

https://w.wiki/4Fvd

秋篠宮文仁親王

Prince Fumihito Rome 2016 (4).jpg
Quirinale.it, Attribution, リンクによる

秋篠宮文仁親王(あきしののみや ふみひとしんのう、1965年昭和40年〉11月30日 – )は、日本皇族皇嗣[注釈 1][注釈 2]2019年令和元年〉5月1日 – )。秋篠宮家当主。御称号礼宮(あやのみや)、お印(ツガ)。身位親王敬称殿下[3]勲等大勲位皇室会議議員。

明仁(第125代天皇・上皇)と美智子上皇后)の第2皇男子(2男1女のうち第2子)。徳仁(第126代天皇)の皇弟、黒田清子(清子内親王)の次兄。

https://w.wiki/3c8h

文仁親王妃紀子

Princess Kiko Rome 2016 (1).jpg
Quirinale.it, Attribution, リンクによる

文仁親王妃紀子(ふみひとしんのうひ きこ、1966年昭和41年〉9月11日 – )は、日本皇族皇嗣秋篠宮文仁親王。旧名は川嶋 紀子(かわしま きこ)。身位親王妃敬称殿下[3]お印檜扇菖蒲(ひおうぎあやめ)。勲等勲一等宝冠章皇室会議予備議員。

2019年令和元年)5月1日現在、最年少の親王妃である。

https://w.wiki/4HVa

皇室

Imperial Seal of Japan.svg
<a href=”//commons.wikimedia.org/w/index.php?title=User:Philip_Nilsson&amp;action=edit&amp;redlink=1″ class=”new” title=”User:Philip Nilsson (page does not exist)”>Philip Nilsson</a> – Inspired by <a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/File:Japan_coa_kiku.png” title=”File:Japan coa kiku.png”>File:Japan coa kiku.png</a>, パブリック・ドメイン, リンクによる

The Imperial Family of Japan, 2021.jpg
外務省, CC 表示 4.0, リンクによる

皇室(こうしつ、: Imperial House of Japan)は、日本天皇およびその一族の総称。

2023年令和5年)1月現在、天皇・上皇及び皇族15名(皇后上皇后親王親王妃内親王女王)の計17名により構成される[1][2]

狭義には天皇・内廷皇族のみを、広義には天皇とその近親である皇族を指すが、皇室の範囲は時期によって異なる。近代以降は、天皇および内廷皇族と、内廷外皇族(宮家に属する皇族)を総称して皇室とする。

https://w.wiki/4gkR

イギリス王室

Badge of the House of Windsor.svg
<a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/User:Sodacan” title=”User:Sodacan”>Sodacan</a> – <span class=”int-own-work” lang=”ja”>投稿者自身による著作物</span>, based on one found on this website: <a rel=”nofollow” class=”external text” href=”http://yeomenoftheguard.com/”>yeomenoftheguard.com</a>. (<a rel=”nofollow” class=”external autonumber” href=”http://yeomenoftheguard.com/windsorensign_small.jpg”>[1]</a>), パブリック・ドメイン, リンクによる

イギリス王室(イギリスおうしつ、: British Royal Family)はイギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)ならびにイギリス連邦王国君主および王族の総称。

https://w.wiki/3enL

バッキンガム宮殿

Buckingham Palace, London - April 2009.jpg
<a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/User:Diliff” title=”User:Diliff”>Diliff</a> – <span class=”int-own-work” lang=”ja”>投稿者自身による著作物</span>, CC 表示-継承 3.0, リンクによる

バッキンガム宮殿(バッキンガムきゅうでん、英語: Buckingham Palace)は、イギリスロンドンにある宮殿。外周護衛を担当する近衛兵の交代儀式を見物できることで有名。

https://w.wiki/6iiE

ウィリアム (プリンス・オブ・ウェールズ)

William Submarines Crop.png
Royal Navy – このファイルは次の画像から切り抜かれたものです, OGL 3, リンクによる

ウィリアム皇太子(William, the Prince of Wales. KGKTADC1982年6月21日 – )はイギリス王室皇太子。王位法定推定相続人、身位は皇太子・敬称は殿下。全名はウィリアム・アーサー・フィリップ・ルイ(William Arthur Philip Louis、英語発音: [ˈwiljəm ˈɑːrθər ˈfilip ˈluːi])。

国王チャールズ3世の第一王子。2歳下の弟サセックス公爵ヘンリー(ハリー)がおり、両者の生母は第8代スペンサー伯爵エドワード・スペンサーの娘ダイアナである。

マウントバッテン=ウィンザー(Mountbatten-Windsor)とされるが、法的にはウィンザー(Windsor)であるともされる[1]。いずれにせよ、王族であるため通常は姓を称することはない。

公式の敬称は His Royal Highness Prince of Wales(プリンス・オブ・ウェールズ殿下)。日本政府および報道では、皇室と異なり「さま」ではなく、また殿下もつけず「ウィリアム皇太子」又は英皇太子と呼ぶ[2]

公式には、自らが爵位を得る前は(他の有爵者の子と同様に)父の当時の称号(プリンス・オブ・ウェールズ)から、オブ・ウェールズクリスチャン・ネームに後置して使用していた(HRH Prince William of Wales)。結婚とともにケンブリッジ公位を得たため、新たに自身がプリンス・オブ・ウェールズの位を得るまで、公式には(オブ・ウェールズではなく)ケンブリッジ公爵と称することとなった(HRH Prince William, Duke of Cambridge)。

なお、大学在籍時ではウィリアム・ウェールズ(William Wales)という名前を使用していた[3][4]

https://w.wiki/6iiN

ヨーロッパ

Europe orthographic Caucasus Urals boundary (with borders).svg
<a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/User:Rob984″ title=”User:Rob984″>Rob984</a> – Derived from <a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/File:Europe_orthographic_Caucasus_Urals_boundary.svg” title=”File:Europe orthographic Caucasus Urals boundary.svg”>Europe orthographic Caucasus Urals boundary.svg</a> and <a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/File:Europe_on_the_globe_(red).svg” title=”File:Europe on the globe (red).svg”>Europe on the globe (red).svg</a>., パブリック・ドメイン, リンクによる

ヨーロッパ[注釈 1]ポルトガル語オランダ語: Europa ポルトガル語: [ew.ˈɾɔ.pɐ]オランダ語: [øːˈroːpaː, ʏˑˈroːpaˑ])は地球上の7つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴であり欧州(欧洲、おうしゅう)とも呼ぶ。省略する場合はの一字を用いる。

https://w.wiki/3Ro6

アジア

Asia (orthographic projection).svg
<a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/U” title=”U”>Koyos</a> + <a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/User:Ssolbergj” title=”User:Ssolbergj”>Ssolbergj</a> – <a rel=”nofollow” class=”external text” href=”http://voices.nationalgeographic.com/2013/07/09/geography-in-the-news-eurasias-boundaries/”>National Geographic</a>. Map by <a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/User:Ssolbergj” title=”User:Ssolbergj”>Ssolbergj</a> <a rel=”nofollow” class=”external text” href=”http://www.aquarius.geomar.de/omc/make_map.html”>Aquarius.geomar.de</a> <a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/File:GMT_globe.png” class=”image”></a> この地図は<a href=”https://ja.wikipedia.org/wiki/GMT_(%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2)” class=”extiw” title=”ja:GMT (ソフトウェア)”>汎用地図作成ツール</a>(<span class=”url”><a rel=”nofollow” class=”external text” href=”https://generic-mapping-tools.org/”>generic-mapping-tools.org</a></span>)で作成されました。起伏情報には下記の<a href=”https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3″ class=”extiw” title=”ja:パブリックドメイン”>パブリックドメイン</a>データセットをのうちの1つ以上が使われています。 ETOPO2(<a href=”https://en.wikipedia.org/wiki/topography” class=”extiw” title=”en:topography”>地勢</a>・<a href=”https://en.wikipedia.org/wiki/bathymetry” class=”extiw” title=”en:bathymetry”>海底地形</a>):<a rel=”nofollow” class=”external free” href=”http://www.ngdc.noaa.gov/mgg/global/global.html”>http://www.ngdc.noaa.gov/mgg/global/global.html</a> GLOBE(<a href=”https://en.wikipedia.org/wiki/topography” class=”extiw” title=”en:topography”>地勢</a>):<a rel=”nofollow” class=”external free” href=”http://www.ngdc.noaa.gov/mgg/topo/gltiles.html”>http://www.ngdc.noaa.gov/mgg/topo/gltiles.html</a> SRTM(<a href=”https://en.wikipedia.org/wiki/topography” class=”extiw” title=”en:topography”>地勢</a>):<a rel=”nofollow” class=”external free” href=”http://www2.jpl.nasa.gov/srtm/”>http://www2.jpl.nasa.gov/srtm/</a> <span style=”font-size:small;line-height:1.4″ class=”plainlinks noprint”><a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/bn”>বাংলা</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/en”>English</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/es”>español</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/fr”>français</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/it”>italiano</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/ja”>日本語</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/mk”>македонски</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/scn”>sicilianu</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/zh-hans”>中文(简体)</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/zh-hant”>中文(繁體)</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/w/index.php?title=Template:GFDL-GMT/lang&amp;action=edit”>+/−</a></span> この文書は、<a href=”https://en.wikipedia.org/wiki/ja:%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E8%B2%A1%E5%9B%A3″ class=”extiw” title=”w:ja:フリーソフトウェア財団”>フリーソフトウェア財団</a>発行の<a href=”https://en.wikipedia.org/wiki/ja:GNU_Free_Documentation_License” class=”extiw” title=”w:ja:GNU Free Documentation License”>GNUフリー文書利用許諾書</a> (GNU Free Documentation License) 1.2またはそれ以降のバージョンの規約に基づき、複製や再配布、改変が許可されます。不可変更部分、表紙、背表紙はありません。このライセンスの複製は、<a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/Commons:GNU_Free_Documentation_License,_version_1.2″ title=”Commons:GNU Free Documentation License, version 1.2″>GNUフリー文書利用許諾書</a>という章に含まれています。, CC 表示-継承 4.0, リンクによる

アジア英語: Asia, ラテン語: Asia[注釈 1])は、世界の大州の一つ。現在では一般的にヨーロッパを除くユーラシア大陸全般を指すが、政治的・経済的な立場の違いにより様々な定義がなされる場合がある。漢字表記は亜細亜であり亜州(亜洲、あしゅう)とも呼ぶ。省略する場合はの一字を用いる。

アッシリア語で東を意味する「アス」に語源をもつ。古代では現在の小アジアを指した。

https://w.wiki/3xWL

中東

伝統的中東
TownDown – <span class=”int-own-work” lang=”ja”>投稿者自身による著作物</span> (<span lang=”en” dir=”ltr”>Original text: Own work,</span>) <a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/File:GMT_globe.png” class=”image”></a> この地図は<a href=”https://ja.wikipedia.org/wiki/GMT_(%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2)” class=”extiw” title=”ja:GMT (ソフトウェア)”>汎用地図作成ツール</a>(<span class=”url”><a rel=”nofollow” class=”external text” href=”https://generic-mapping-tools.org/”>generic-mapping-tools.org</a></span>)で作成されました。起伏情報には下記の<a href=”https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3″ class=”extiw” title=”ja:パブリックドメイン”>パブリックドメイン</a>データセットをのうちの1つ以上が使われています。 ETOPO2(<a href=”https://en.wikipedia.org/wiki/topography” class=”extiw” title=”en:topography”>地勢</a>・<a href=”https://en.wikipedia.org/wiki/bathymetry” class=”extiw” title=”en:bathymetry”>海底地形</a>):<a rel=”nofollow” class=”external free” href=”http://www.ngdc.noaa.gov/mgg/global/global.html”>http://www.ngdc.noaa.gov/mgg/global/global.html</a> GLOBE(<a href=”https://en.wikipedia.org/wiki/topography” class=”extiw” title=”en:topography”>地勢</a>):<a rel=”nofollow” class=”external free” href=”http://www.ngdc.noaa.gov/mgg/topo/gltiles.html”>http://www.ngdc.noaa.gov/mgg/topo/gltiles.html</a> SRTM(<a href=”https://en.wikipedia.org/wiki/topography” class=”extiw” title=”en:topography”>地勢</a>):<a rel=”nofollow” class=”external free” href=”http://www2.jpl.nasa.gov/srtm/”>http://www2.jpl.nasa.gov/srtm/</a> <span style=”font-size:small;line-height:1.4″ class=”plainlinks noprint”><a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/bn”>বাংলা</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/en”>English</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/es”>español</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/fr”>français</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/it”>italiano</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/ja”>日本語</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/mk”>македонски</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/scn”>sicilianu</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/zh-hans”>中文(简体)</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/wiki/Template:GFDL-GMT/zh-hant”>中文(繁體)</a>&nbsp;∙ <a class=”external text” href=”https://commons.wikimedia.org/w/index.php?title=Template:GFDL-GMT/lang&amp;action=edit”>+/−</a></span> この文書は、<a href=”https://en.wikipedia.org/wiki/ja:%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E8%B2%A1%E5%9B%A3″ class=”extiw” title=”w:ja:フリーソフトウェア財団”>フリーソフトウェア財団</a>発行の<a href=”https://en.wikipedia.org/wiki/ja:GNU_Free_Documentation_License” class=”extiw” title=”w:ja:GNU Free Documentation License”>GNUフリー文書利用許諾書</a> (GNU Free Documentation License) 1.2またはそれ以降のバージョンの規約に基づき、複製や再配布、改変が許可されます。不可変更部分、表紙、背表紙はありません。このライセンスの複製は、<a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/Commons:GNU_Free_Documentation_License,_version_1.2″ title=”Commons:GNU Free Documentation License, version 1.2″>GNUフリー文書利用許諾書</a>という章に含まれています。, CC 表示-継承 3.0, リンクによる

中東(ちゅうとう、英語: Middle East)は、ヨーロッパから見て近辺にあるアジアアフリカの地域概念を指す。狭義では西アジアの大部分にエジプト及びイランを含めた国々、広義では中近東に匹敵する範囲を指す。

https://w.wiki/3KrQ

アフリカ

Africa (orthographic projection).svg
<a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/User_talk:Martin23230″ title=”User talk:Martin23230″>Martin23230</a> – <span class=”int-own-work” lang=”ja”>投稿者自身による著作物</span>, CC 表示-継承 3.0, リンクによる

アフリカラテン語Āfrica英語Africa[3])は、広義にはアフリカ大陸およびその周辺のマダガスカル島などの島嶼海域を含む地域の総称で、大州の一つ[3]。漢字表記は阿弗利加であり阿州(阿洲、あしゅう)とも呼ぶ。省略する場合はの一字を用いる。

https://w.wiki/3LXo

ブルガリア

ブルガリアの国旗
<a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/User:SKopp” title=”User:SKopp”>SKopp</a> – The flag of Bulgaria. The colors are specified at <a rel=”nofollow” class=”external free” href=”http://www.government.bg/cgi-bin/e-cms/vis/vis.pl?s=001&amp;p=0034&amp;n=000005&amp;g=”>http://www.government.bg/cgi-bin/e-cms/vis/vis.pl?s=001&amp;p=0034&amp;n=000005&amp;g=</a> as: White: Pantone Safe Green: 17-5936 (Green TC) [textile color] <a rel=”nofollow” class=”external autonumber” href=”http://www.avas.cz/nastroje/barvy/pantone-textile-cotton.php?pg=11″>[1]</a> Red: 18-1664 (Fiery Red TC) <a rel=”nofollow” class=”external autonumber” href=”http://www.avas.cz/nastroje/barvy/pantone-textile-cotton.php?pg=3″>[2]</a>, パブリック・ドメイン, リンクによる

Coat of arms of Bulgaria.svg
<a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/User:%D0%9F%D0%B0%D0%BA%D0%BA%D0%BE” title=”User:Пакко”>Пакко</a> – The Law for the Coat of Arms of the Republic of Bulgaria, adopted on 05. 07. 1997 (in Bulgarian: <a rel=”nofollow” class=”external text” href=”http://lex.bg/laws/ldoc/2134146564″>lex.bg</a>)., パブリック・ドメイン, リンクによる

ブルガリア共和国(ブルガリアきょうわこく)、通称ブルガリアは、東ヨーロッパ共和制国家である。 バルカン半島に位置し、北にルーマニア、西にセルビア北マケドニア、南にギリシャトルコと隣接し、東は黒海に面している。首都はソフィア

https://w.wiki/3BsM

シメオン・サクスコブルクゴツキ

BASA-3K-15-302-18-Simeon-The Prince of Turnovo.jpeg
不明 – This file was provided to Wikimedia Commons by the Bulgarian Archives State Agency as part of a <a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/Commons:Bulgarian_Archives_State_Agency” title=”Commons:Bulgarian Archives State Agency”>cooperation project</a>. The Bulgarian Archives State Agency provides images, which are public domain. For attribution/citation of the source, Bulgarian Archives State Agency, please use the identification numbers of the document’s fonds, inventory, archival unit and sheet., パブリック・ドメイン, リンクによる

シメオン・ボリソフ・サクスコブルクゴツキブルガリア語Симеон Борисов Сакскобургготскиラテン文字転写Simeon Borisov Sakskoburggotski1937年6月16日 – )は、ブルガリア王国の最後の国王(在位:1943年8月28日 – 1946年9月15日)、ブルガリア共和国首相(在任:2001年7月24日 – 2005年8月17日)。国王在位中の呼称は名のシメオン2世東欧革命後に就任した首相時代は逆に姓によるサクスコブルクゴツキ首相である。サクスコブルクゴツキ家ドイツ貴族ザクセン=コーブルク=ゴータ家の分家(「サクスコブルクゴツキ」とはこれをブルガリア語化したもの[1])で、同じくザクセン=コーブルク=ゴータ家から分かれたイギリスベルギーの王家とは同族である。

サクスコブルクゴツキの日本語表記としては、サクスコブルゴツキサクスコブルゴッツキー[2]などの表記も見られる。なお、日本国外務省による公式表記はサクスコブルクとなっている[3]

https://w.wiki/6gNT

日英関係

日本とイギリスの位置を示した地図
<a href=”//commons.wikimedia.org/w/index.php?title=User:RayanS93&amp;action=edit&amp;redlink=1″ class=”new” title=”User:RayanS93 (page does not exist)”>RayanS93</a> – <span class=”int-own-work” lang=”ja”>投稿者自身による著作物</span>, CC 表示-継承 4.0, リンクによる

日英関係(にちえいかんけい、英語: Japan–United Kingdom Relations)では、日本イギリスの両国関係について総合的に述べる。

https://w.wiki/4sz2

日英同盟

Anglo Japanese Alliance 30 January 1902.jpg
<a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/User:World_Imaging” title=”User:World Imaging”>World Imaging</a> – <span class=”int-own-work” lang=”ja”>投稿者自身による著作物</span>, photographed at Japan Foreign Ministry Archives, CC 表示-継承 3.0, リンクによる

日英同盟(にちえいどうめい、: Anglo-Japanese Alliance)は、日本イギリスとの間の軍事同盟(攻守同盟条約)である[1]

1902年(明治35年)1月30日ロシア帝国の極東進出政策への対抗を目的として、駐英日本公使林董イギリス外相・第5代ランズダウン侯爵ヘンリー・ペティ=フィッツモーリスの間で、ランズダウン侯爵邸(ランズダウンハウス英語版))オーバルルームにおいて調印された[2]

その後、第二次1905年:明治38年)、第三次1911年:明治44年)と継続更新されたが、1921年(大正10年)のワシントン海軍軍縮会議の結果、調印された四カ国条約成立に伴って、1923年(大正12年)8月17日に失効した[3]

https://w.wiki/3VMU

エリザベス2世

Queen Elizabeth II in March 2015.jpg
Original: Joel Rouse/ <a href=”https://en.wikipedia.org/wiki/Ministry_of_Defence_(United_Kingdom)” class=”extiw” title=”wikipedia:Ministry of Defence (United Kingdom)”>Ministry of Defence</a> Derivative: <a href=”https://en.wikipedia.org/wiki/User:Nagualdesign” class=”extiw” title=”w:User:Nagualdesign”>nagualdesign</a> – <a rel=”nofollow” class=”external text” href=”https://www.defenceimagery.mod.uk/Home/Search?Query=the+Queen++HMS+Ocean+in+Devonport&amp;Type=SimpleAlbum&amp;TabIndex=2+&amp;AlbumName=Royal+Navy&amp;AlbumQuery=%3Fdt%3Dimage%26fp%3Darchpurged%255Croyalnavy%26q%3D*”>defenceimagery.mod.uk</a>, OGL 3, リンクによる

エリザベス2世(エリザベスにせい、Elizabeth the Second1926年4月21日[注釈 1] – 2022年9月8日[1])は、イギリスウィンザー朝第4代女王(在位: 1952年2月6日 – 2022年9月8日[2]。また、イギリスの他14か国の英連邦王国及び王室属領海外領土君主イングランド国教会首長英語版)であった。全名は、エリザベス・アレクサンドラ・メアリーElizabeth Alexandra Mary)。

https://w.wiki/3JsR

イギリス連邦

コモンウェルスの加盟国(英語版)
<a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/User:Rob984″ title=”User:Rob984″>Rob984</a> – Derived from <a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/File:BlankMap-World-Microstates.svg” title=”File:BlankMap-World-Microstates.svg”>File:BlankMap-World-Microstates.svg</a>, CC 表示-継承 4.0, リンクによる

コモンウェルス・オブ・ネイションズ英語Commonwealth of Nations)、通称:コモンウェルスCommonwealth[3]は、イギリス帝国のほぼ全ての旧領土である56の加盟国から構成される国家連合[4]。この組織の主な機関は、政府間の関係に焦点を当てたコモンウェルス事務局と、加盟国間の非政府関係に焦点を当てたコモンウェルス基金である[5]

日本では旧名(英語: British Commonwealth)に由来するイギリス連邦(イギリスれんぽう)、英連邦(えいれんぽう)と称されることも多い[6][7]が、1949年にイギリス(British)という表記は撤廃されている。

コモンウェルスの歴史は20世紀前半に遡り、イギリス帝国の脱植民地化に伴い、領土の自治が強化されたことで始まった。元々は1926年の帝国会議でのバルフォア宣言によってイギリス連邦[8]British Commonwealth of Nations)として設立され、1931年にはウェストミンスター憲章でイギリスによって正式に制定された。現在のコモンウェルスは1949年ロンドン宣言英語版)によって正式に構成され、共同体を近代化して加盟国を「自由で平等」なものとして確立した[9]。加盟国は、56ヶ国(一覧)。

コモンウェルス首長英語: Head of the Commonwealth)は現在、イギリス国王チャールズ3世(在位:2022年9月8日 – )である。国王は、君主制である加盟国20ヶ国のうち15ヶ国の元首であり(イギリス連邦王国)、他の5つの君主国は独自の君主を持つ[注釈 1]。他の36の加盟国は共和制である。

加盟国は相互に法的義務を負っていないが、英語の使用や歴史的な繋がりを通じて繋がっている。民主主義人権法の支配といった共通の価値観はコモンウェルス憲章[10]に明記されており、4年に1度のコモンウェルスゲームズによって推進されている。

イギリス連邦の国々の面積は31,844,000 km2 (12,295,000 sq mi)以上で、これは世界の国土面積の21パーセントに相当する。総人口は2021年時点で26億1266万人と推定されており、これは世界人口の3分の1近くに相当し、人口別では国際連合(UN)と上海協力機構(SCO)[11]に次いで3番目に大きな政府間組織となっている[12]

https://w.wiki/3LPM

カナダ

カナダの国旗
Created by <a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/User_talk:E_Pluribus_Anthony” title=”User talk:E Pluribus Anthony”>E Pluribus Anthony</a> / <a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/User:Mzajac” title=”User:Mzajac”>User:Mzajac</a> – The current version of this vector image is generated programmatically from geometry defined in <a href=”//commons.wikimedia.org/wiki/File:Flag_of_Canada_(construction_sheet_-_leaf_geometry).svg” title=”File:Flag of Canada (construction sheet – leaf geometry).svg”>File:Flag of Canada (construction sheet – leaf geometry).svg</a>., パブリック・ドメイン, リンクによる

Royal Coat of Arms of Canada.svg
投稿者自身による著作物, CC 表示-継承 4.0, リンクによる

カナダCanada、英語発音: /ˈkænədə/  聞く[ヘルプ/ファイル] キャナダ[3]フランス語発音: /kanada/ カナダ[4])は、北アメリカ大陸北部に位置する連邦立憲君主制国家イギリス連邦加盟国で、英連邦王国の一つである。10のと3の準州からなり、首都オタワ[5]

国土面積は約998.5万平方キロメートルで、ロシア連邦に次いで世界で2番目に広い[5]

国土の南側はカナダ=アメリカ合衆国国境が走り、北西部でもアメリカ合衆国アラスカ州と国境を接する。西は太平洋、東は大西洋に面する。北辺は北極圏で、北東にデンマークグリーンランドがあるほか、北極海と挟んでロシア連邦と向かい合っている。

https://w.wiki/3Qix

オーストラリア

オーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、: Commonwealth of Australia)[3]、通称オーストラリア: Australia)[4][5]は、オセアニアに位置し、オーストラリア大陸本土タスマニア島及び多数の小島から成る連邦立憲君主制国家。首都はキャンベラ。最大の都市はシドニー日本での略称は豪州(ごうしゅう)である[6]

近隣諸国としては、北にパプアニューギニアインドネシア東ティモール、北東にソロモン諸島バヌアツ、東はトンガニューカレドニアフィジー、南東2,000km先にニュージーランドがある。

オーストラリアは、オセアニアで最大の国土面積を誇る国家であり、総面積は世界第6位として認知されている。同国はオセアニアの有人史において最も古い歴史を持ち、現在も肥沃な土壌が極少という過酷な環境を伴っている[7][8]が、反面で国土は、中心部に砂漠、北東部に熱帯雨林、南東に山岳地帯など、多種多様な景観と気候を擁している。オーストラリアは高度に発展した高所得経済国家英語版)であり、2014年時点での一人当たりの国民所得は世界第5位であった[9]。2022年の時点で、経済規模は世界14位であり、 1人当たりの所得は9位となっている[10]。2021年時点の人間開発指数では5位にランクされている[11][12]。一方でオーストラリアは地域大国であり、軍事費が世界13位という高さを誇っている[13]

オーストラリアは、生活の質健康教育市民の自由民主主義指数経済的自由権世界平和度指数、および政治的権利において世界最高値の順位に立っており[14]、さらに国内すべての主要都市が、国際的な居住性の順位英語版)において高い確率で挙げられており、どれも例外的に機能を果たしている面を持つ。

国際連合G20経済協力開発機構 (OECD)、世界貿易機関アジア太平洋経済協力及び太平洋諸島フォーラム加盟国である。2013年9月MIKTAにも参加した。また、イギリス連邦加盟国で英連邦王国の一国となっており、その傍ら太平洋共同体の創設国で日米豪印戦略対話の当事国家の一国かつANZUSUKUSA協定AUKUS締結国の一国ともなっている。

https://w.wiki/3F6C

ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)

Diana, Princess of Wales 1997 (2).jpg
<a rel=”nofollow” class=”external text” href=”https://www.flickr.com/people/36277035@N06″>John Mathew Smith &amp; www.celebrity-photos.com</a> from Laurel Maryland, USA (<a rel=”nofollow” class=”external text” href=”https://web.archive.org/web/20220604084823/https://www.flickr.com/people/36277035@N06″>Archived</a> link) – <a rel=”nofollow” class=”external text” href=”https://www.flickr.com/photos/kingkongphoto/5113074392/”>BEST ALL-TIME DIANA!</a> (<a rel=”nofollow” class=”external text” href=”https://web.archive.org/web/20220815110227/https://www.flickr.com/photos/kingkongphoto/5113074392/”>Archived</a> link), CC 表示-継承 2.0, リンクによる

ウェールズ公妃ダイアナ(Diana, Princess of Wales、全名: ダイアナ・フランセス(Diana Frances)、旧姓: スペンサー(Spencer)、1961年7月1日 – 1997年8月31日)はイギリスのチャールズ王太子(現・国王チャールズ3世)の初妻(1996年に離婚)。日本語では「ダイアナ妃(離婚後はダイアナ元妃)」と表現される場合が多い。

イギリスの名門貴族スペンサー伯爵家の令嬢として生まれ、チャールズ王太子(当時)と1981年に結婚、夫との間にウェールズ公ウィリアム王太子(第1位王位継承権者)およびサセックス公ヘンリー王子(当時)を儲ける。しかしチャールズ王太子と別居して1996年に離婚。チャールズ王太子は当時他にカミラという女性がいた。

パリ交通事故において1997年不慮の死を遂げた。事故原因をフランス政府は「運転手の飲酒」と発表しているが陰謀論もある。

ジョージ王子シャーロット王女ルイ王子アーチー・マウントバッテン=ウィンザーリリベット・マウントバッテン=ウィンザーの父方の祖母にあたる。

https://w.wiki/3f7q

トニー・ブレア

Tony Blair 2010 (cropped).jpg
© European Union, 2010, CC 表示 4.0, リンクによる

サー・アントニー・チャールズ・リントン・”トニー”・ブレア英語Sir Anthony Charles Lynton “Tony” Blair KG1953年5月6日 – )[1]は、イギリス政治家弁護士。同国第73代首相(在任: 1997年5月2日 – 2007年6月27日)、第18代労働党党首、庶民院議員(7期)。

未だ前近代的・封建的な慣習や制度が残存していた貴族院の世襲議員議席数の制限[2]最高裁判所の権能独立という二大改革を成し遂げ、近代的な権力分立制の確立を達成した。また、2000年捜査権限規定法を成立させた[3]

https://w.wiki/5MzZ

カミラ (イギリス王妃)

CHOGM Commonwealth Big Lunch on April 17, 2018 - 007 (cropped).jpg
The Big Lunch – <a rel=”nofollow” class=”external free” href=”https://www.flickr.com/photos/37414462@N07/44523889174/”>https://www.flickr.com/photos/37414462@N07/44523889174/</a>, CC 表示-継承 2.0, リンクによる

カミラ英語: Camilla、1947年7月17日 – )は、イギリス王族国王チャールズ3世2005年4月に再婚。敬称陛下(Her Majesty)で、国王即位の日から王妃(Queen Consort)そして戴冠式に伴い端的にカミラ王妃(王后)(Queen Camilla)と称されるようになった。出生名はカミラ・ローズマリー・シャンド(Camilla Rosemary Shand)。また、1973年から1995年の先夫との婚姻期間の名はカミラ・パーカー・ボウルズ(Camilla Parker Bowles)。

https://w.wiki/6ijB

秩父宮雍仁親王

Chichibunomiya Yasuhito.jpg
One of followings (Source specify photo contributers but does not specify who was the copyright holder) 南支派遣軍各部隊将兵 軍報道部写真班 サウス・チヤイナ・フオト・サービス 同盟通信社 東京朝日新聞社 大阪毎日・東京日々新聞社 読売新聞社 – 南支派遣軍 a news agency of the Imperial Japanese Military’s ., パブリック・ドメイン, リンクによる

秩父宮雍仁親王(ちちぶのみや やすひとしんのう、1902年明治35年〉6月25日 – 1953年昭和28年〉1月4日)は、日本皇族大正天皇貞明皇后の第二皇子。明治天皇の皇孫にあたる。昭和天皇は兄、長弟に高松宮宣仁親王、次弟に三笠宮崇仁親王がいる。第125代天皇明仁は甥、第126代天皇徳仁秋篠宮文仁親王は大甥にあたる。

妃は勢津子(旧会津藩主・松平容保の四男で外交官を務めた松平恆雄の長女)。御称号淳宮(あつのみや)[2]身位親王お印若松(わかまつ)。日本陸軍の軍人でもあり、階級少将勲等功級大勲位功三級。勢津子妃との間に子女はない。

https://w.wiki/3ZSD

明仁

Emperor Akihito (2016).jpg
Malacañang Photo Bureau – <a rel=”nofollow” class=”external text” href=”https://www.flickr.com/photos/govph/24290713169/”>Presidenti</a>, パブリック・ドメイン, リンクによる

明仁(あきひと、(1933年昭和8年〉12月23日 – )は、日本の第125代天皇(在位: 1989年〈昭和64年〉1月7日 – 2019年平成31年〉4月30日[注釈 2]上皇(在位: 2019年令和元年〉5月1日 – )。御称号繼宮[5]継宮[6](つぐのみや)、お印えい[7]敬称陛下[8]勲等大勲位。また、ハゼ専門とする魚類学および研究者

昭和天皇香淳皇后の第1皇男子[注釈 3]。皇子女に徳仁(第126代天皇)、秋篠宮文仁親王皇嗣)、黒田清子(清子内親王)がいる。

1989年1月7日の父・昭和天皇の崩御に伴い日本国憲法および現皇室典範下で初めて皇位を継承。翌8日元号法政令に基づき「平成」へ改元が行われた[9]。また、2019年4月30日、皇室典範特例法に基づき憲政史上初めて退位した[注釈 4][10][11]

現在の住居は、東京都港区元赤坂赤坂御用地にある仙洞御所

https://w.wiki/3SJN

小室圭

Kei Komuro cropped 1 Kei Komuro 20170903.jpg
宮内庁ホームページ, CC 表示 4.0, リンクによる

小室 圭(こむろ けい、1991年平成3年〉10月5日 – )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州弁護士ローウェンスタイン・サンドラー法律事務所[5]所属[1][6][7]秋篠宮文仁親王第1女子小室眞子(旧名:眞子内親王)の配偶者[8][9]佳子内親王悠仁親王の義兄。フォーダム大学ロースクールによる学位は法務博士[10][11]

https://w.wiki/4AKU

小室眞子

Princess Mako and Princess Kako at the Tokyo Imperial Palace (cropped).jpg
<a href=”//commons.wikimedia.org/w/index.php?title=User:Kounosu1&amp;action=edit&amp;redlink=1″ class=”new” title=”User:Kounosu1 (page does not exist)”>Kounosu1</a> – <span class=”int-own-work” lang=”ja”>投稿者自身による著作物</span>, パブリック・ドメイン, リンクによる

小室 眞子[2][3][4](こむろ まこ、1991年平成3年〉10月23日 – )は、日本の元皇族アメリカ合衆国ニューヨーク州弁護士小室圭勲等宝冠大綬章。なお、「眞子」の「眞」の字は、本来は人名漢字の「眞」の「目」の部分の縦線を下に伸ばし、下の横線と繋げた字である[注釈 1]が、便宜上、人名漢字の「眞」と表記する。

皇籍離脱前の身位は内親王で、皇室典範における敬称殿下[6]。旧名、眞子内親王(まこないしんのう)、お印木香茨(もっこうばら)であった。

秋篠宮文仁親王同妃紀子の第1女子(第1子)。今上天皇は伯父に、黒田清子(紀宮清子内親王)は叔母にあたる。妹に佳子内親王、弟に悠仁親王がいる。上皇上皇后美智子の初孫。

皇族時代の住居は、東京都港区元赤坂赤坂御用地内にある秋篠宮邸。改修工事に伴い、2019年(平成31年)2月から結婚まで「御仮寓所(ごかぐうしょ)」に両親及び妹弟と仮住まいしていた[7]

https://w.wiki/4HaT

園遊会

園遊会(えんゆうかい)は、天皇皇后が主催する社交会(宴会)である。園遊会とは元々“英:Garden Party”の訳語で、戸外の庭などに客を招待する儀礼的な社交会の事。イギリスでは毎年女王・国王主催のロイヤルガーデンパーティーがバッキンガム宮殿などで開催されている。

https://w.wiki/6ijN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください