トップゲーム実況者の時給は550万円!? 拡大するゲーム実況市場はStadiaによって変革するか

Real Soundによりますと、

好きなゲームをプレイして
稼ぐことができるゲーム実況者は、
ゲーマーが憧れる職業のひとつかも知れません。
こうしたゲーム実況者の懐事情を
推測させる数値が報じられました。
その数値とは、
短期間で大成功した
あのゲームに関わるものだそうです。

プロモーションは大成功

ビジネス系ニュースメディア『Inc.』は20日、
トップクラスのゲーム実況者の
報酬に関する記事を公開しました。
この記事は、
2月にリリースされてから短期間で
「フォートナイトキラー」としての地位を
不動のものとしたバトロワゲーム
『Apex Legends』のプロモーションに協力した
ゲーム実況者の報酬を明らかにしました。

同ゲームのプロモーションには、
フォートナイトの実況動画で有名な
Ninjaをはじめとした12人のトップゲーム実況者が
参加しました(トップ画像はNinja)。
彼らには、
最高で時給5万ドル(約550万円)の報酬が
支払われたといいます。
もっとも、
同ゲームを提供しているEAは、
彼らへの支払いなど気にならないほどの
成功を収めました。
同ゲームはリリース初日で
100万回ダウンロードされ、
基本プレイ無料で課金もキャラクターの見た目を変える
スキンだけだったにも関わらず
(現在はバトルパスも購入できる)、
2月末には9,000万ドル(約99億円)の
収益を得たのでした。

以上のプロモーションについて報じた
ゲームメディア『KOTAKU』の記事は、
現在のゲーム業界ではゲームメディアより
ゲーム実況者によるプロモーションのほうが価値がある、
と指摘するマーケティング会社
GamesightのCEOである
Adam Lieb氏の発言を伝えています。
ゲーム実況視聴者には、
ゲームメディアよりゲーム実況者の方が
正直で信頼できるように思われるからです。
ただし、実のところ、
ゲーム実況者がプロモーションの一環で
ゲームをプレイする時はゲームを非難しない契約を
結ぶことが慣例となっている、
とKOTAKUは伝えています。

成長するゲーム実況市場

今やゲーム文化の重要な一部である
ゲーム実況の市場は、
成長傾向にあります。
ゲーミングPCの販売と組み立てを行うWePCは、
近年のゲーム実況市場に関する統計値を
まとめた記事を公表しています。
その公表によると、
世界のゲーム実況市場の規模は
2016年には44億ドル(約4,800億円)
だったのに対して
2019年には約1.3倍の59億ドル(約6,500億円)
となる見込みです(下のグラフ参照)。

画像出典:WePC「2019 Video Game Industry Statistics, Trends & Data」

ゲーム実況に使われるプラットフォームは、
YouTubeとTwitchの2強体制となっています。
YouTubeは周知のように
Googleが運営しているのに対して
Twitchは2014年以降Amazonの傘下となっており、
ゲーム実況においてもGAFAが
世界を支配する構図となっています。
視聴者数はYouTubeが
2017年時点で44%を占めて1位である一方で、
収益はTwitchのほうが多く全体の54%を占めています。
Twitchのほうが収益が多い理由として考えられるのが、
動画ひとつ当たりの同時接続数の違いです。
2017年時点でTwitch動画の同時接続数が
平均して70万を超えているのに対し、
YouTubeは30万前後に留まっています。
こうした統計値から、
YouTubeはライトなゲーム視聴者を広く集めており、
対してTwitchは熱狂的な視聴者層を抱えている
と言えるかも知れません。

実況動画において人気のゲームは、
2018年3月時点では予想通りフォートナイトが1位であり、
League of Legends、PUBGと続きます。
フォートナイトに関しては、
2019年時点でも1位の座を守っています。

動画とゲームの境界を越境するStadia

以上のようなゲーム実況動画市場において、
間もなく大きな変化が生じる可能性があります。
その変化を引き起こすのは、
2019年中にリリースされる予定の
Googleのクラウドゲームサービス「Stadia」です。
ゲームの処理をクラウドサーバで実行するために
ゲームデバイスに依存しないゲーム配信を
特徴とする同サービスは、
ゲーム実況に関しても画期的とも言える
特徴を備えています。

同サービスには「Crowd Play」と呼ばれる
ゲーム動画用の機能が実装されます。
この機能はゲーム実況中に
「一緒に遊ぶ」ボタンを押すことで、
ゲーム動画の視聴者がゲームプレイに
途中参加できるというもの。
言ってみれば、
ゲームと動画のあいだにある垣根を
取り払う機能なのです。

以上の機能が利用できるのは、
当然ながらを運営する
Googleの動画サイトであるYouTubeです。
こうした機能はTwitchにはないので、
Twitchを活動拠点としているゲーム実況者は
YouTubeに活躍の場を移すかも知れません。
さらには、
実況動画の流行に変化が生じるかも知れません。
Crowd Playと相性が良いのは
高難度のゲームステージを攻略するような
スーパープレイ動画ではなく、
気軽に参加できるチーム対戦のような
動画ではないでしょうか。

SonyとMicrosoftがクラウドゲームサービスで
提携を結んだことも、
ゲーム実況動画市場に少なからず
影響を与えると考えられます。
近い将来、
同市場は大きな変革期を
迎えるかも知れないでしょう。

トップ画像出典:KOTAKU
Top Streamers Said To Earn $50,000
An Hour Playing New Games」より画像を引用

引用元:https://realsound.jp/tech/2019/05/post-364276.html

まとめ

Stadiaの可能性を、
『ゲーム実況』という視点で書かれた記事は、
新しいですね!
たしかに、ゲーム実況の動画は、
面白くてついつい見てしまいますしね。

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください