Geekbenchに「Google Pixelbook 2」かもしれないベンチマークが登場。第8世代UとGシリーズ採用のChromebook

HelenTech.netによりますと、

4月末にもいくつかの海外サイトでも伝えられていますが、
Geekbenchに「Google Pixelbook」と
題されたベンチマークスコアが登場しているそうです。

「Google Pixelbook」とされているものの
はっきりとしたことは言えませんが、
このスコアの主は「Pixelbook 2」である可能性が
高いとしています。

テストされているモデルのCPUにはi5-8250U、
i7-8550U、そしてi7-8705Gが搭載されています。
相変わらずChromebookとしては
ハイスペックな位置づけですね。

登場したスコアについて

今回、
Geekbenchに登場しているスコアをまとめておきます。

RAMSingle ScoreMulti Score
Core i5-8250U8GB415810871
Core i7-8550U16GB515510955
Core i7-8705G16GB429310955

下記がGeekbenchのスクリーンショット画像となります。

このうち2台のCPUが第8世代の
Core i5とi7のUシリーズを採用しており、
現在の「Pixelbook」から順当なアップグレード
と言えそうです。

予想していなかったですが、
さらにもうひとつはRadeonの
RX Vega M GLグラフィックスを搭載する
Core i7-8705Gを採用しているようです。

海外サイトによれば、
GoogleはAndroid Studioで
Androidアプリを開発するためには、
Core i5以上のUシリーズを採用する
Chromebookを推奨しているということなので、
おそらく開発者向けの印象を
強めるためにUシリーズ、
そしてGシリーズを「Pixelbook 2」を
採用したと考えているようです。

いずれにしても現在の「Pixelbook」は、
消費電力を抑えたYシリーズを採用していますので、
「Pixel Slate」や他メーカーの
Core iシリーズ採用モデル並みに
ハイスペックになることは間違いなさそうです。

しかし、
これと引き換えにバッテリーや
熱の問題が浮上してきますので、
そのあたりをGoogleはどう仕上げてくるのかが
楽しみなところです。

が、今回登場したスコアが正しいものであれば
という大前提があります。

ベンチマーク結果を見ていくと、
使用されているマザーボード名が
現行と同じ「eve」となっており、
これまで「Pixel」シリーズのChromebookは
リリース毎に新しいボードを採用することから、
現状では製品となるデバイスではなく
テスト用デバイスである可能性が高いです。

またこれまでのウワサで伝えているとおり、
「Atlas」というコードネームを持つボードが
「Pixelbook 2」である可能性も否定できていませんので、
まだはっきりとしない点が多いのも事実です。

どちらにしても、
Geekbenchにスコアが登場したことで
開発は進んでいるようなのはわかりますし、
今年も10月に発表されることが期待されていますので、
動きがわかっただけでも嬉しいことですね。

そんなわけで、
引き続き新しい情報が出れば取り上げていきたいと思います。

Pixelbook benchmarks appear with updated 8th-gen Intel processors. Is this the Pixelbook 2?

引用元:https://www.helentech.net/chromeos/chromebook/2019/05/7318/

まとめ

Pixelbookの後継機の噂。
きっと高いんだろうな・・・

【送料無料】【Acer Chromebook 14 for Work CP5-471-35T4 – Core i3 6100U / 2.3 GHz – Chrome OS – 4 GB RAM – 32 GB eMMC – 14 1366 x 768 ( HD ) – HD Graphics 520 – 802.11ac – black silver】 b01epzijrq

価格:126,452円
(2019/5/15 21:04時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください