グーグルの新ゲーム「Stadia」は任天堂を潰すのか? ホリエモン×ひろゆきの意見は「どっちもうまくいく」

週プレNEWSによりますと、

“ホリエモン”こと堀江貴文氏と
元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏による
『週刊プレイボーイ』の対談コラム
「帰ってきた! なんかヘンだよね」。
今回は、グーグルによる新ゲームサービス
について議論するそうです。

* * *

ホリ グーグルが発表した新ゲームサービス
「Stadia(ステイディア)」が
“ゲーム界の革命児”になるんじゃないかって
いわれてるよね。
俺、ゲームはそこまで詳しくないんだけど、
これまで家庭用ゲーム機内で処理していた作業を
サーバー側ですることになるってのはスゴイよね。

ひろ ゲーム機で処理をしないから
端末を選ばないんすよ。
超ざっくりいえば
「ディスプレイとネットがあればいい」ので、
PCでもスマホでもテレビでもプレイできる。
ブラウザでやるゲームみたいなもんですね。

グーグルって、
すでにGメールや検索エンジンなどサーバーで
処理した結果をPCやスマホに表示しているわけで、
今回のゲームも同じ流れなんですよ。
んで、この潮流は絶対に止まらないし、
サービスも絶対に成功すると思います。

ホリ 俺もそう思うわ。
グーグルって、赤字だった「ユーチューブ」を買収して、
年収が億を超えるユーチューバーを
ゴロゴロ出すほどうまく育ててきた。
そのユーチューブにゲームのコンテンツを
乗っけてきたのは、俺的にはけっこう衝撃なんだよね。

ひろ え、そうですか? 割と順当な流れかと……。

ホリ いやいや、俺ゲームやらないからさ。
どんなゲーム実況がはやっているとかは知ってるけど、
プレイしたのは『桃太郎電鉄』シリーズとかで止まっている。

ひろ 古っ!(笑)。
でも、そうやってサーバー処理することで
脚光を浴びているグーグルですけど、
サーバー上で処理した情報を画面に出す方式って、
すでにあったんですよ。
4、5年前くらいに「スクウェア・エニックス」が
やってたんです。

ホリ そういや、あったね。”シンラ・テクノロジー”だっけ。

ひろ はい。ただ、これ、めちゃくちゃ金かかるんです。
だから、スクエニはコケてしまった。

ホリ データセンターとかサーバー側にかかる費用が
バカにならないって感じがするよね。

ひろ ですです。
ただ、ここでグーグルというのが肝になるんです。
ユーチューブって、赤字が8年間くらい続いたじゃないですか。
にもかかわらず、グーグルは支え続けた。
そんな感じで、グーグルって体力がありまくってて、
ひとつの部門の赤字が何年続いても大丈夫な会社なんです。

つまり、
サーバーで処理するゲームは方向的に正しい
という事実があっても「赤字だから続かないよね」
といわれていたのを、
グーグルであれば気にせずガンガン投資し続けられるので、
絶対に成功するんです。

ホリ なるほどね。
この件でいえば、据え置きゲームを出してる
「ソニーや任天堂がやばくなる?」
なんていわれてたりするけど、どう思う?

ひろ グーグルが相手となると、
ほかのゲーム会社はたぶん勝てないでしょうね。
そもそも「ニンテンドースイッチはヒットしている」
といわれていますけど、
そこで成功してるゲームソフトって
全部任天堂が作ったゲームなんですよ。

一方で、
任天堂以外が作っているサードパーティ製のゲームソフトって、
あまり儲かっていない。

ホリ なんでだろ?

ひろ ニンテンドースイッチって、
特殊なハードウエアなんです。
タッチパネルがあって、ボタンもあって、
端末だけでもプレイできるし、
テレビに接続してもプレイできる。

こんな多くの機能を持ったゲームソフトって、
作る側としては面倒くさいんすよ。
だから、ソフトウエアメーカーはがんばってまで作らない。

ホリ 確かに仕様が複雑だと面倒だよね。

ひろ なので、
ニンテンドースイッチで売れているソフトって、
ほとんど任天堂が作っているんです。

ホリ じゃあ、
任天堂は「スイッチ」とか「Wii」とかを作る
「ゲーム機メーカー」というより、
ゲームソフトメーカーとして優れているってこと?

ひろ はい。『ポケモンGO』もそうじゃないですか。
ポケモンGOって「ナイアンティック」
という企業がサービスをして、
任天堂はIP(知的財産)を貸しただけ。
アプリは今でもヒットしてて、
超うまくいっていますよね。

任天堂ってIPもあるし、
面白いゲームを作る能力もあるので、
ハードをやめてグーグルに乗っかったほうが
絶対おいしいと思うんです。

ホリ ナイアンティックだって、
そもそもグーグルだからね。
そういう意味では、すでに乗っかっているのか。

ひろ グーグルって、
アクションゲーム『アサシン・クリード』シリーズを
開発している会社にお金を払って、
新しいゲームをネットワーク上で作ることを実現したので、
ユーザーたちに絶賛されているんですよ。

なので、
グーグルは次に任天堂にグーグル上で遊べるゲームを
開発してもらうんじゃないかと。
んで、成功して、任天堂もグーグルもどっちも得したよねと。

ホリ 十分ありえるね。

ひろ なので、「任天堂がやばくなる」は間違っていて、
任天堂はグーグルに乗っかって超絶うまくいくし、
グーグルもうまくいくって話だと思ってます。

ホリ それは「ハードウエアメーカーとして」じゃなく、
「ソフトウエアメーカー」としてね。

ひろ ですね。
……って、今回僕の話ばかりになっちゃいましたけど、
大丈夫ですか?(笑)

ホリ 問題ないっしょ。
やっぱりゲームの話は、ひろゆき先生に聞かないと(笑)。

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
1972年10月29日生まれ、福岡県出身。
SNS株式会社オーナー兼従業員。
近著に『堀江貴文の誰がなんと言おうと、
僕が認めた旨い店』(ぴあMOOK)

●西村博之(にしむら・ひろゆき)
1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。
元『2ちゃんねる』管理人。
近著に『これからを生きるための無敵のお金の話』(興陽館)

引用元:https://wpb.shueisha.co.jp/news/technology/2019/05/11/108831/?cx_refAction=distMediaRecs&cx_recsMode1=20181119&cx_recsMode2=contextual

まとめ

この二人の対談で、確信しました。
『Stadia』は、成功しますね!
あとは、どんなゲームが出るか待つだけです。

堀江貴文の誰がなんと言おうと、僕が認めた旨い店 食べ歩いて決めた旨い店はココだ! (ぴあMOOK)

価格:1,058円
(2019/5/13 23:35時点)
感想(0件)

これからを生きるための無敵のお金の話

価格:1,404円
(2019/5/13 23:37時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください