ALSI、クラウド型セキュアウェブゲートウェイサービスを機能強化

週刊BCNによりますと、

アルプスシステムインテグレーション
(ALSI、永倉仁哉社長)は、
クラウド型セキュアウェブゲートウェイサービス
「InterSafe GatewayConnection」を機能強化し、
5月8日に発売したそうです。

InterSafe GatewayConnectionは、
ウェブフィルタリングサービスを主軸に、
マルウェア感染を防止する
「アンチウイルスオプション」などを提供する
クラウド型セキュアウェブゲートウェイサービス。
ProxyやVPNなど利用環境にあわせてさまざまな
接続方法で利用できるほか、
Windows、iOS、Android、Chromebookに
対応しているため、あらゆる端末、
ネットワーク環境下でセキュアな
インターネット環境を提供できます。

「InterSafe GatewayConnection Web フィルタリングサービスAgent」の利用イメージ

また、
スマートデバイスのセキュリティ強化のため、
昨年からiOS/Android端末向けに、
既存の業務システムの利用を妨げることなく
精度の高いウェブフィルタリングを実現する
専用アプリケーション
「InterSafe GatewayConnection
Webフィルタリングサービス Agent」を
提供しています。

今回のアップデートでは、同アプリが従来のiOS、
Androidに加えてWindows OSにも対応しました。
これにより、Windows OS、iOS、
Android OSといった主要なOSを搭載する
全ての持ち出し端末での利用が可能となった。
また、モバイル回線、組織内Wi-Fi、公衆Wi-Fiなど、
あらゆるネットワーク環境下で、標準ブラウザー、
アプリ内ブラウザーをはじめとしたhttp/https
通信を行うアプリケーションがフィルタリングの
対象となるため、
マルチデバイスでもユーザビリティを損なうことなく、
“抜け漏れ”のない強固なウェブフィルタリングが
可能となります。

なお、InterSafe GatewayConnectionでは、
今回のアップデートにあわせて、
「Chromebook」を利用する学校・教育機関向けに
提供中の「InterSafe GatewayConnection
Webフィルタリングサービス スクールパック」の
対象OSをiOSにも拡充し、提供を開始します。
これにより、ChromebookとiPadなどの学習用端末上で、
抜け漏れのないウェブフィルタリングが実現し、
学習時の安全性を確保するとともに、
既存の学習用システムの利用を妨げることなく、
安全で柔軟な学習を支援します。

引用元:https://www.weeklybcn.com/journal/news/detail/20190508_167463.html

まとめ

会社や学校の端末のセキュリティ。
とても大切な情報だからこそ、
しっかりと守りたいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください