グーグルのゲーム参入が任天堂とプレステを脅かし始める…高価なゲーム機もダウンロードも不要

Business Journalによりますと、

東京株式市場で、
据置き型ゲーム機を展開する
ソニーと任天堂の株価が急落しました。
ソニー株は3月20日、
一時前日比4.5%安の4895円をつけ、
さらに3月25日には4507円と
年初来安値を更新しました。
任天堂株も3月20日に4.6%安の
3万50円まで売られ、
3月25日に2万9930円まで下げたそうです。

だが、任天堂株はその後、反発。
4月19日に前日比17.4%(5990円)高の
4万340円へと爆騰しました。
4万円台乗せは2018年10月以来のことです。

米国の「物言う株主」サード・ポイントが
再びソニー株を取得したと
ロイター通信が報じたため、
4月9日の東京市場で9%(445円)高と
急騰したが、
昨年秋以降の株価の下降トレンドを
完全に脱したとは言い切れません。
4月19日の終値は5331円です。
ソニーは映画などエンターテインメント
事業をどうするかが問われています。

米グーグルがゲーム市場に
本格参入することが明らかになり、
打撃を受けそうな銘柄探しが始まりました。

グーグルはサンフランシスコで開催した
ゲーム開発者向けイベントで、
新ゲーム事業「STADIA(スタディア)」の
構想を発表しました。
ゲームの専用機がなくてもテレビや
スマートフォン(スマホ)などの
「画面」を使いクラウド経由で
ゲームを楽しめるサービスに乗り出します。

「ボックス不要、ダウンロードも不要」。
グーグルでゲーム事業を担当する
フィル・ハリソン副社長は記者会見で、
「No(不要)」を繰り返したと
報じられました。

グーグルは既存のゲーム業界へ
挑戦状を叩きつけたことになります。
「高価なゲーム機やパソコンを
買わなくても、インターネット経由で
ゲームを楽しめる」
というのがセールスポイントです。
新サービスは年内に開始する計画ですが、
日本でいつサービスが始まるかや、
利用料金は明らかになっていません。

大量のデータを高速で送れる
次世代通信規格「5G」が本格化すれば、
ゲームのネット配信は普及します。
クラウドと通信の進化を武器に、
グーグルは成功の方程式を
つくろうとしています。

任天堂、中国再参入で業績を伸ばすか

ゲーム市場(ハード&ソフト)は、
専用機で遊ぶ家庭用ゲーム、
スマホで遊ぶスマホゲーム、
パソコンで遊ぶPCゲームに大別できます。

スマホゲームの急成長で、
旧来型の家庭用ゲーム機は
売り上げを落としましたが、
「Nintendo Switch
(ニンテンドースイッチ)」の
世界的ヒットで息を吹き返しました。
家庭用ゲーム機は、
ソニー・
インタラクティブエンタテインメントと
任天堂、米マイクロソフトの
3強がしのぎを削っています。

ソニーの「プレイステーション4」
(PS4)は、2013年11月の発売以来、
18年12月末までに全世界の
累計販売台数が9160万台を突破。
PS4向けソフトの累計販売本数は
8億7600万本を超えました。

ニンテンドースイッチは、
17年3月の発売開始から
18年12月末までの
累計販売台数は3227万台、
ソフトの累計販売本数は
1億6361万本です。

任天堂は中国ネットサービス大手の
騰訊控股(テンセント)と組み、
ニンテンドースイッチを中国で販売。
世界最大のゲーム市場である中国に
再参入するとの報道を受けて、
任天堂の株価は急騰しました。
「ニンテンドースイッチは、
中国だけで単年度で数百億円規模の
ビジネスになる」(証券筋)
とみられています。
マイクロソフトの「X box One X」は、
17年11月の発売開始。
18年末までの累計販売台数は
4000万台を超えたと推計されています。

ゲーム業界を担当するアナリストは、
「任天堂は19年の1年間で、
全世界で1730万台の
ニンテンドースイッチを販売するだろう」
と予測しています。
ソニーのPS4とPS4 Proの
予想販売台数1710万台やマイクロソフトの
Xbox OneとXbox One Xの同1000万台を
いずれも上回ります。

ゲーム総合メディア「週刊ファミ通」
(KADOKAWA)調べによると、
19年1~3月の国内のハードの売り上げの
シェアは、ニンテンドースイッチが
63.2%と断トツで、
PS4の同29.0%を大きく引き離しています。

19年、任天堂が世界のゲーム機の首位に
帰り咲くかが注目点です。

15兆円ゲーム市場の陣取り合戦

グーグルのゲーム市場への参入は、
どんな影響を与えるのでしょうか。

カプコン、
スクウェア・エニックス・ホールディングス、
バンダイ・ナムコホールディングス、
コナミホールディングスなど
家庭用ゲームソフト会社にとってはみれば、
グーグルの新規参入でソフトの販売先が
ひとつ増えることになります。
これは確かにプラス材料ではありますが、
具体的な影響については現時点では
予測できないのが実情です。

もしスタディアがヒットすれば、
価格が高い家庭用ゲーム機は
売りにくくなります。
ゲーム業界の大変動は避けられません。

任天堂は比較的安い価格で
ニンテンドースイッチを売っているため、
スタディアとの価格競争に
耐えられるとみるアナリストが
少なくないようです。
任天堂は自社で優良ソフトを
手掛けている強みがあります。

一方、ソニーのPS4は高精細CGをフルに
活用した高性能をウリにしているため、
価格が高い。
次のPS5の事業計画を立てるとき、
スタディアの料金体系に
どう対応していくかが課題となります。

さらに、3月25日にはアップルが定額制の
ゲームサービスを発表しました。
オランダの調査会社ニューズによりますと、
世界のゲーム市場の規模は
18年で15兆円に達し、
21年には20兆円になると予測しています。

これまでは、ハード機器を持つソニー、
任天堂、マイクロソフトがゲーム業界の
3強とされてきました。
「脱ハード」を志向する
ネット界の巨人・グーグルの挑戦で、
ゲーム業界に地殻変動が
起こるかもしれません。
(文=編集部)

引用元:https://biz-journal.jp/2019/04/post_27697.html

まとめ

こうやって数字で見てみると、
各企業がどのような戦略で挑むのか、
気になりますし、楽しみでもあります。

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください