公立学校の導入が急増するChromebook、埼玉県は県内の高校35校に導入

日経 xTECHによりますと、

文部科学省は2019年3月29日、
「新時代の学びを支える
先端技術活用推進方策 中間まとめ」
を発表しました。
公立学校のICT環境整備が
思うように進まない中、
新たな施策として、
市区町村ごとの整備状況や
地方財政措置等の「見える化」を推進、
調達コストを低減する
具体的なモデルを提示、
SINETの初等中等学校への開放などを
示しました。

調達コストを低減するモデルの中には、
「1台5万円弱から」のコンピューター
という記載があります。
これは、4万~6万円と低価格な
Chromebookを強く意識した表現です。
これまで初等中等教育で使う学習者用
コンピューターといえばWindows
パソコンか「iPad」がほとんどだったが、
この1~2年でChromebookの存在感が
増しています。
特に、2018年度には公立学校での採用が
急増しました。
こうした状況の中、
いち早くChromebookの導入に
踏み切った自治体が埼玉県です。

埼玉県は2010年から、
協調学習を軸にした主体的・対話的で
深い学びを目指す「学びの改革」に
取り組んでいます。
それを効率的に実践する手段の一つ
としてICT活用にも着手し、
2016年度からASUS JAPANの
Chromebookを使って2年間の
検証事業を実施した。
2018年度には県立高校35校に対して、
レノボ・ジャパンの「500e Chromebook」
を44台ずつ配備し、
本格的なICT活用を始めています。

埼玉県が導入した「Chromebook Flip C100PA」(ASUS JAPAN)。
ディスプレイを360度回転してタブレットスタイルにもなる
(撮影:神⾕ 加代)
検証事業後、
2018年度からはレノボ・ジャパンの
「500e Chromebook」を採用
(出所:レノボ・ジャパン)

埼玉県教育局県立学校部高校教育指導課
学びの改革担当 指導主事の高井潤氏は、
Chromebookを選んだ理由について、
「低価格であることも魅力でしたが、
端末管理の負担が軽減されるメリット
の方が大きかったです」と語ります。

Chromebookはグーグル(Google)の
管理ツールを使えば、
全ての端末を一元管理できるため、
現場の教員はOSのアップデートや
アプリのインストール、
設定の変更などに手間を取られずに済みます。
そのうえ、
クラウド上のアプリやサービスを
使うため自前のサーバーは不要で、
管理ツールも一度購入するだけなので、
長期的なコスト削減にもつながります。

ICT支援員の配置が難しい自治体であっても、
Chromebookであれば現場の教員の
負担を抑えつつ、
導入台数を増やしやすいこともメリットです。
また、埼玉県では2013年から県立高校と
特別支援学校の教員を対象に、
校務のためにGoogleアカウントを
付与していたことも後押ししました。

現場の教員が支持した

とはいえ、
これまでWindowsパソコンに
親しんできた教員たちは、
Chromebookの導入に抵抗感が
無かったのでしょうか。
この点について高井氏は
「検討段階で教員らに意見を求めたところ、
意外にもChromebookの方が
評価は高かった」と話します。
中でも現場で端末管理やトラブル対応を担う
教員たちから、Chromebookを支持する
声が多く集まりました。
それに加え、協調学習を軸にICT活用を
進めてきた埼玉県では、
協同作業や協調的な学びを実現する
ツールであれば、
Windowsに限定しなくともよい
との声も上がったといいます。

高井氏はむしろ、
「Chromebook導入時に課題となったのは、
県立高校のネットワーク環境だった」
と振り返ります。
ChromebookはWebサイトに
常時接続で使用するが、
当時のネットワーク環境は現在のような
ICT活用を想定しておらず、
十分ではありませんでした。

そこで埼玉県では、
2017年度から学校ネットワークの
整備に着手し、
それまで使用していた県庁の
ネットワークから分離。
各学校でも2つの教室に1台程度の
アクセスポイントを設置し、
Chromebookを日常的に使える
環境を構築しました。
また、各教室にプロジェクターを
常設する整備も進めました。

クラスルームに各グループが書き込んだ内容は、
プロジェクターで黒板に映写して即座に共有できる
(撮影:神⾕ 加代)

学び合いの時間を確保

授業におけるChromebookの活用については、
グーグルが提供する「GSuite for Education」
をメインで利用しています。
例えば、埼玉県立川越南高等学校では
化学や情報の授業で「クラスルーム」の
ツールを使ってグループで映像教材を視聴し、
ディスカッションをしたり、
複数の生徒が同時に書き込みながら
意見をまとめたりと協調学習に生かしています。

協調学習ではグループに1台のChromebookを活用し、
グーグルの「クラスルーム」に意見や情報を書き込む
(撮影:神⾕ 加代)

高井氏は、
「G Suite for Educationは教材の配布、
映像や資料の共有、
同時編集などに優れていて、
生徒が思考にたどり着くまでの
時間を短縮できます。
他者と対話をしながら考える時間を
増やせることで、
質の高い学び合いにつながると考えています」
と語ります。

出典:初出:
「日経パソコン 教育とICT 2019年春号」。
初出の記事では、2018年度に配備したChromebookを
「Chromebook Flip C100PA」としていましたが、
正しくは「Chromebook 500e」(レノボ・ジャパン)でした。
記事は執筆時の情報に基づいており、
現在では異なる場合があります。

引用元:https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00157/042400061/

まとめ

現場の声を聞いて、
製品を決めるのは大切ですね。
実際に使ってみて、
課題や修正するところなどが見えてくるので、
端末が安いのはメリットですね。

【送料無料】81ES000GJP Lenovo 500e Chromebook (Celeron N3450/ 4/ 32/ Chrome/ 11.6)【在庫目安:僅少】

価格:88,506円
(2019/4/28 23:17時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください