「Palm Phone」ミニレビュー(編集部大泉)

ケータイ Watchによりますと、

手のひらサイズのAndroid
スマートフォン「Palm Phone」が、
4月24日に発売されます。
3.3インチのHD液晶
ディスプレイを搭載し、
1200万画素のメインカメラ、
800万画素のインカメラを備えるほか、
ロック画面からジェスチャーで
アプリを起動できる
「ジェスチャーパッド」や、
画面がオフのときには通知を
表示させない「Life Mode」を備えます。
「Palm Phone」を「ケータイ Watch」
編集部スタッフそれぞれの
視点から紹介するそうです。

編集部・大泉

小型端末に惹かれるというのは、
今となっては“古参”の部類に
仲間入りしているといえるでしょう。
筆者も昔ほど小型端末が
登場しないことを
残念に感じていました。

個人的に印象の深い「P-01D」と大きさを比較

「Palm Phone」に関していえば、
Androidを搭載し、
3.3インチの小さな画面であるにも
かかわらずHD解像度の
液晶画面を備えています。
画面が小さいからか、
各種ボタンなども相対的にかなり
小さく表示されているように
感じます。

ドロワー(アプリ一覧)は
独自にカスタマイズされたものが
用意されるほか、
ロック画面からアプリを
直接呼び出せる
「ジェスチャーパッド」機能が
用意されており、
小型端末の使いにくさを
カバーしています。

「ジェスチャーパッド」機能は、
ロック画面の最下部を下から上に
スワイプすることで起動でき、
表示される窓に起動したい
アプリ名の頭文字を手書きで
入力することで検索・起動
することができます。

現在のところ、
「ジェスチャーパッド」は
日本語での入力はできず、
アルファベットでの検索にしか
対応していません。
満足に活用するためには
本体の言語設定を
変更する必要があります。
そうすれば、
たとえば「S」と入れれば
設定(Settings)や
サウンド(Sound)
へすぐアクセスできます。
小型端末の使いにくさを
カバーしてくれる非常に
面白い機能です。

「ジェスチャーパッド」機能は、
PalmがPDAを手がけていたころに
開発された「Graffiti」という
手書きによる入力方法を
一部踏襲したもので、
PDAのPalmをご存知の方には
懐かしく感じることでしょう。

ドロワーは独自のものが用意されている
文字入力画面では
ボタン類の小ささを顕著に感じる
「ジェスチャー
パッド」機能は
起動したいアプリの
頭文字を手書きで
入力する
「P」を入力
してみたところ

端末のスペックだけを見ると、
LTE対応バンドが乏しかったり、
バッテリー容量も800mAh
だけであったり、
値段も高く感じてしまうが、
接続端子は今どきの端末らしく
USB Type-Cだったり、
カメラも1200万画素のものを
搭載していたりと、
Android搭載の小型端末としては
非常に魅力的に感じます。

小型端末フリークはもちろん、
そうでなくても独自の操作性を
備える「Palm Phone」を一度は
体験してみる価値が
あるのではないでしょうか。

関連リンク

まとめ

この記事を見て、
キーボードが使いにくそうに
みえますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください