任天堂は「新ハード投入」と「中国市場進出」でStadiaに対抗する?

Real Soundによりますと、

任天堂は今月
『Nintendo Labo: VR Kit』を
リリースして改めて独創性な
企業であることをアピールしたが、
その前途にはかつてない強敵の
出現が待っているそうです。
この強敵に対して、
同社はふたつの対抗策で
応戦すると見られています。

迫りくる黒船

日本経済新聞は18日、
「任天堂、もがく独創の王国 忍び寄る黒船」
と題された任天堂の現状と課題を
まとめたコラム記事を公開しました。
記事タイトルにある「黒船」が
意味するのは、Googleが先月発表した
ゲームストリーミングサービス「Stadia」だ。
今年秋から始まる同サービスは
Googleが保有する巨大データセンターを
フル活用して、月額料金を支払えば
PCやスマホで高品質のゲームが
プレイし放題になるというものである。
こうしたビジネスモデルは、
ゲーム機でコンテンツとユーザを
囲い込んできた任天堂にとって
大きな脅威となります。

Stadiaが任天堂にとって脅威となる所以は、
Googleと任天堂のあいだにある圧倒的な
資本の差にもある。
Googleの親会社アルファベットが
2018年に研究開発費に投じた金額は、
214億2,000万ドル(約2兆4,000億円)
なのに対し、任天堂は700億です。

巨大な脅威を迎え撃つ任天堂は、
盤石の体制というわけではありません。
直近の2019年3月期の業績は好調なものも
売れているコンテンツは
人気シリーズの最新作であり、
新規のIP(Intellectual Property:知的財産)
で成功しているわけではありません。
また、
今後のゲーム市場において軸となる
技術である5Gへの対応の遅れを
危ぶむ声もあります。

廉価版と次世代機を開発中

日経新聞の記事は、
Stadiaへの対抗策となる施策として
Nintendo Switch廉価版と
次世代機のリリースを指摘しています。
廉価版に関しては、今年の秋には
リリースすると見られています。
廉価版は、
現在販売されているものより
携帯性を重視したものとなる見込みだ。
廉価版のリリース以降、
長らく任天堂が続けてきた据え置き型と
携帯型の2ライン開発体制を一本化する、
という関係者の話もあります。

次世代機についてはまだ仕様を
検討している最中であり、
リリース時期はまったく不明です。
もっとも次世代機の仕様が
検討中であるのは、
同社内で強力なリーダーシップが
執れる人材がいないことも
影響しているようです。
マリオの生みの親である
宮本茂代表取締役フェローが2020年には
内規が定める年齢により
退任となることからもわかるように、
「古き良き任天堂」を知る人材が
次々と会社を去る一方で、
強烈な個性をもつ新しい人材が
台頭しているわけでもありません。

次世代機の仕様に関してイギリスの
タブロイド紙『Daily Star』電子版は、
今年1月に予測をまとめた記事を
公開しました。
ある匿名の情報源は、
次世代機では搭載ディスプレイの性能が
向上するだろう、と述べています。
Switch本体を携帯モードでプレイする場合は、
同本体に搭載されたディスプレイに
ゲーム画面が表示されます。
この画面は、iPhone Xシリーズのような
最新スマホのディスプレイと比べると
性能が劣るといいます。
それゆえ、次世代機には高性能の
ディスプレイが実装されて、
輝度や画素数の向上と省エネを
両立させるかもしれません。

ゲーム機市場の鬼門である中国

新ハード投入のほかに
Stadia対抗策と考えられるのが、
Nintendo Switchの中国市場進出です。
20日に公開されたEngadget日本版の
記事によりますと、
中国インターネットサービス最大手の
テンセントが同国のゲーム規制当局に
申請していた(Switch用ソフトの)
「New スーパーマリオブラザーズ
U デラックス」の販売が承認された、と経済誌
ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)
は報じた。
この報道によって、
言わば間接的にSwitchをめぐる
テンセントと任天堂の提携が
明らかになりました。
ゲームメディア『Social Game Info』は、
提携が報じられた後に任天堂の株価を
急騰したことを報じています。

ゲーム市場の調査を専門とする
Newzooによると、
テンセントは2018年において
ゲーム配信等から得たゲーム収益が
世界1位であり、
6年連続で1位の地位を守っている
(下のグラフ参照)。
こうした企業と提携できたことは、
一見すると任天堂にとって大きな
追い風となっているように見えます。
しかし、中国ゲーム市場を占めているのは
スマホゲームとPCゲームであるという事実が、
同社進出をはばむ壁となって
立ちはだかります。
PS4とXbox Oneは2014年からこの壁に
挑み始めたものも、
同市場のゲーム機のシェアは
わずか3%未満に留まっています。
それゆえ、同社が短期間で中国市場進出による
利益を上げることはないだろう、
と見るアナリストもいます。

画像出典:Newzoo「Top 25 Public Game Companies Earned More than $100 Billion in 2018」

任天堂はStadiaに対して
「新ハードの投入」と
「中国市場進出」という
ふたつのカードをきりました。
これらのカードに対して、
GoogleはStadiaの「月額料金」と
「配信コンテンツ」というカードを
きってきます。
Nintendo SwitchとStadiaの対決は、
いずれ明らかになるGoogleの
カードがその行方を握っているでしょう。

トップ画像出典:
Nintendo Switch公式サイト
Stadia開発者ブログ記事より
それぞれのロゴを引用

引用元:https://realsound.jp/tech/2019/04/post-351739.html

まとめ

Nintendo Switchが中国に進出ですか・・・
どうでしょうかね・・・

【ポイント5倍】任天堂 ゲーム機 Nintendo Switch [グレー] 【楽天】【人気】【売れ筋】【価格】

価格:45,468円
(2019/4/24 20:34時点)
感想(0件)

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください