Android搭載、タッチディスプレイ付きの室内ドアが6月に発売 25万円前後

ITmedia Mobileによりますと、

神谷コーポレーション湘南が、
4月19日、
タッチディスプレイを搭載した
室内ドア
「FULL HEIGHT MILAOS
(フルハイトミラオス)」を
2019年6月頃に発売すると
発表したそうです。
神谷コーポレーション湘南の
商品を取り扱う工務店などで
販売される予定で、
定価は25万円前後を見込みます。

FULL HEIGHT MILAOSの
プロトタイプは、
ディスプレイをスマホなどの
液晶ディスプレイなどを手掛ける
ジャパンディスプレイ(以下JDI)
と共同開発していたが、
製品版では
神谷コーポレーション湘南が
開発を行っています。

【訂正:
2019年4月23日12時36分 初出時に、
「ディスプレイ部分は、
スマホなどの液晶ディスプレイ
などを手掛ける
ジャパンディスプレイ(以下JDI)
と共同開発している」
としていましたが、
製品版ではJDIが開発に
携わっていないことが
判明したため、訂正致しました】

FULL HEIGHT MILAOSは、
2018年8月にJDIが開催した
事業戦略発表会で初披露されたもの。
開発当初は80mmも厚みがあったが、
神谷コーポレーション湘南が既に販売
している通信機能を搭載しないドア
からもアップグレードできるように、
規格を統一して厚さを
40mmにしたといいます。
神谷コーポレーション湘南と
JDIの2社は、以前よりドアと
デジタル技術の融合を構想していました。
両社の構想が早い段階から
合致していたこともあり、
わずか1カ月程で製品化に
至ったといいます。

ドアなのにディスプレイやOSを搭載

ディスプレイが点灯しているとAndroidタブレットに近いUIが表示される
ディスプレイが消灯していると、鏡とディスプレイの境目が分からない

ミラーの一部に約10.1型の
液晶ディスプレイを搭載しており、
電源を入れると、
天気やスケジュール情報などを
確認できます。
ディスプレイの解像度は
1920×1200ピクセル。
ドア本体に800万画素のカメラを
内蔵しており、
撮影した画像や映像を他社製の
アプリケーションを使うことで
表示できます。

約10.1型のディスプレイを搭載している

FULL HEIGHT MILAOSには
Android 5.1を搭載しており、
Google Playからアプリケーションを
入手することで、
さまざまな使い方ができます。
例えば、
一般的な鏡では自分の後ろ姿を
確認するのが難しいが、
0~5秒前のカメラ映像を再生する
「時撮りカメラ」アプリを使えば、
自分の後ろ姿を数秒遅れで
表示することができます。
他に、大画面でYouTubeを楽しむ、
フィットネスアプリでお手本の
動画を見ながら鏡で自分の
フォームを楽しむ、
といった使い方も想定しています。

Google Playからアプリケーションをダウンロードすることで、
スマートフォンのようにさまざまな機能を追加できます

スマート電球のアプリケーションを
ダウンロードすることで、
ドアから電球のオン/オフの切り替えや、
明るさの調節などもできます。

発表会ではFULL HEIGHT MILAOSからスマート電球の明るさや色変更を行うデモが披露された

FULL HEIGHT MILAOSは
ディスプレイとWi-Fiなどの
通信機能を備えているため、
ドアのヒンジ部分からでる
電源コードを家庭用のコンセントに
つなぐ必要があります。
なお、バッテリー駆動の商品も
検討しているといいます。

FULL HEIGHT MILAOSは電源ケーブルを家庭用のコンセントにつないで使う

無線LAN規格は
IEEE802.11b/g/nに対応し、
Bluetoothは4.1をサポートします。
年間あたりの消費電力は約12W。
ACアダプターは
100〜240Vのものに対応します。
内蔵ストレージは8GB。
この他、湿度と温度センサー、
モノラルマイクと
モノラルスピーカーを搭載していいます。

単なるドアでは売れない

新商品説明会には、
神谷コーポレーション湘南の
神谷忠重社長が登壇し、
製品についての考えや
今後について説明しました。

神谷コーポレーション湘南の神谷忠重社長

神谷コーポレーション湘南は、
2005年からフルハイトドアを
販売しており、
天井から床にかけて外枠が
見えないようなデザインを
積極的に取り入れてきました。
神谷氏は
「ただ開け閉めするドアを
発売しても売れない」と話す。
日本的なデザインや技術を取り入れ、
独自のこだわりポイントをアピール
していくべきだとも強調しました。

室内空間の動線にはドアがあり、
それをミラーや情報表示端末としても活用できると考える

新商品のコンセプトについては
「単なる室内ドアにとどまらず、
空間全体を演出するようなドアを
目指した」と説明しました。

空間全体を演出するようなデザインを採用している

ディスプレイを搭載した理由について、
「室内にある鏡は目的があることで
日々使っています。
ドアは何かをする導線上にあります。
ドア、鏡、情報の表示ができる
ディスプレイ、
この3つを融合させることで、
朝の身支度で両手がふさがっても、
知りたい情報をすぐに確認できます」
と述べました。
今後はIoT家電との連携やAIの搭載
といったこれまでのドアにはない
機能を搭載していくとしています。

引用元:https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1904/22/news067.html

まとめ

未来を感じますね!
化粧をするときにも、
活用できそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください