Google「Stadia」とは?ゲームストリーミングって何?どう遊ぶの?

bitWaveによりますと、

Googleが手掛ける「Stadia」が、
ゲーム業界の歴史をがらりと
変えるかもしれません!

自分の端末が次世代ハードウェア
並みのゲーム環境になってしまう
「ゲームストリーミング」とは
一体何なのか?

日本へ上陸する前に、
現時点で明らかにされている
情報を確認しておきましょう。

画像引用元:Stadia公式サイト

1 Google「Stadia」の3大特徴

画像引用元:Stadia公式サイト

10数年前は、
ゲームをプレイするために
数万円の専用ハードウェアと、
3,000~6,000円のゲームソフトを
購入しなければなりませんでした。

そして、
新しいハードウェアが登場したら、
今度はそれを購入して
また新しいソフトを買って…
というスパイラルの繰り返しで、
かなりのコストが
かかっていたものです。

しかし現在は、
スマホやPCの性能が上がり、
それぞれの端末で気軽にゲームを
楽しめるようになっています。

アプリゲームで遊んでいる人や、
Youtubeなどで人気の「ゲーム実況」
カテゴリーファンも含めると、
今日ではゲームに全く
関わらない人の方が珍しいかも
しれませんね。

クラウドゲームプラットフォーム Stadiaの登場

そんな中、
Googleが3月19日に発表した
「Stadia」という
クラウドゲームプラットフォームが、
ゲーム業界の流れを変える
かもしれないと話題になっています。

クラウドゲームプラットフォーム
(クラウドゲーム
ストリーミングサービス)は、
専用のハードウェアを必要とせず、
インターネットにつながったスマホや
PCでゲームを楽しめるサービスです。

60fpsの4K解像度から始まり、
将来的には120fps 8Kへと拡張
美しい最新のビジュアルへ
シフトしていくといいます。

まずは、
サービスの仕組みとStadiaの特徴を
整理してみましょう。

1-1 すでに持っている端末でプレイできる

Googleが提供するStadiaは、
新しいハードウェアを購入する
必要がなく、
すでに持っている端末で快適に
ゲームをプレイできることが特徴です。

スマホでもタブレットでも
高性能PCでも、
互角のプレイができます。

Stadiaで快適に遊ぶために必要なもの

  • GoogleのChromeブラウザでWeb閲覧ができるスマホやPC
  • 高速かつ安定したインターネットの通信環境

ところで、
どうしてスマホで高性能PCプレーヤーと
遜色ないプレイができるのでしょうか?
それは、ストリーミング配信という
仕組みに関係しています。

1-2 ゲームはストリーミング配信の形で提供される

画像引用元:Stadia公式サイト

ストリーミング配信の基本は、

  1. ユーザーの操作やマイク音声などの情報を、インターネット経由でクラウドサーバーへ送信
  2. すべての処理をクラウドサーバー上で行う
  3. その処理結果を純粋な動画・音声として、ユーザーへ配信する

という流れになっています。

物理演算などの重たい処理は
サーバー上で処理してくれるので、
情報の送信・映像の受信が安定
しているインターネット回線
さえあればOK、というわけです。

また、
ゲームソフトを店舗で購入したり、
ダウンロードしたりする必要も
ありません。

「ストリーミング」と
「ダウンロード」の違いは
以下のとおりです。

項目端末の空き容量所要時間
ストリーミング必要なし必要なし
ダウンロード大量に必要大量に必要

現在、
主流となっているダウンロードは、
ゲームに必要なデータや
プログラムを手元の端末へ転
送しておく方式です。

これに対し、
ストリーミングはクラウドサーバー
上で処理を行うため、
手元の端末へ大量のデータを
転送させる必要がなく、
容量を圧迫しません

ゲームを始めるまでの時間を
グッと短縮でき、
ストレスも軽減されることでしょう。

ストリーミング配信ゲームの特徴

  • 店舗でゲームソフトを購入する必要がない
  • ゲームソフトをダウンロードする必要がない

ただ、ストリーミング配信には、
ストリーミングならではの懸念点が
存在することも確かです。
これについては、
第3章で詳しく解説します。

1-3 Youtubeからゲーム起動ができる

画像引用元:Stadia公式サイト

Stadiaならではの特徴として、
Youtubeとの連携が挙げられます。

Youtubeを閲覧していて
「このゲームで遊んでみたい!」
と思ったら、
ゲームの動画をクリックすれば
すぐにプレイできるのです。

もちろんダウンロード時間も発生しません。

また、
ストリーミング配信者が
state share(ステート共有)
という機能を使えば、
視聴者が同じセーブステートで
ゲームを立ち上げることが
できるとのことです。

state shareの流れ(現時点での情報)

  1. ストリーミング配信者がstate share機能でゲームの進行状態(位置やインベントリなど)をまとめてURL化する
  2. クリックしたユーザーは、クラウドサーバーから配信者のセーブデータを読み込みプレイできる

例えば、
ゲーム実況者がシェアしたポイントで
ゲームを開始して、
「あの時こっちへ進んだら
どうなっていたのか」
「あのスコアを抜かせるかな」
といった遊び方ができます。

2 Google Stadiaにはゲーム好きに嬉しい要素も満載!

Stadiaはコンシュマーゲーマーが
喜ぶ要素も取り入れられています。

2-1 専用コントローラならより快適に遊べる

Stadiaはインターネット端末が
あればプレイ可能ですが、
別途Google製の
専用コントローラも準備
しているとのことです。

既に公開されているカラーは、
ホワイト・ブラック・ペパーミント
と思われる3色。

一般的なコントローラのようにも
見えますが、
通常のそれとは異なり、
Wi-Fiで直接インターネットに
接続できるそうです。

これにより、
ユーザーサイドの端末による
入力遅延を緩和し、
データセンターとスピーディーに
通信することができます。

チャットやマイク機能も
備わっているそうなので、
ゲームコントーローラ派の方はぜひ、
続報をチェックしてみてくださいね。

2-2 隠し要素のコナミコマンドが…!?

コナミコマンドとは、
ファミコン時代から
コナミのゲームに度々登場する
隠しコマンドです。

意味深なキーコマンドを入力すると、
特別な装備が手に入ったり、
ネタ系のエフェクトが出たり、
デバッグモードのような
特別難易度に変更されたり…。

裏技好きの方なら誰もが知っている、
有名な隠し要素です。

コナミコマンドの一例

ゲーム名ハードウェアコナミコマンド結果
ネメシスゲームボーイ上上下下左右左右BA1回だけフル装備になる
グラディウスIIIスーパーファミコン上上下下左右左右BAフル装備になるがポーズ解除後に自爆する
コナミアーケードコレクション版グラディウスニンテンドーDSXXBBAYAY下左 左右反転のミラーモードになる

なんと、
そんなコナミコマンドの最も代表的な
キーコマンドがStadiaの発表会に
登場しました。

Google製の専用コントローラの
背面には、「上上下下左右左右BA」
というコナミコマンドらしきものが!

Googleにこういった遊び心があるのは
嬉しいですよね。

次のページでは、
Stadiaの気になるポイント
4つについて解説します。

3 Stadiaの気になるポイント4つ

最後に、
Stadiaの気になるポイントを
4つピックアップしました。

3-1 ゲームソフトのラインナップは揃うのか?

まず、
サービス開始時に面白いゲームが
揃うのかどうかが気になりますよね。

どんなに快適なゲーム環境が
整っていても、
遊びたいゲームがなければ
興味は薄れてしまいます。

しかし、
Stadiaの責任者はUbisoft
(ユービーアイソフト)と提携して
開発に力を入れた期待の人物
ということで、
注目を集めているようです。

GDC(Game Developers Conference)
のデモプレイで登場したという
「アサシンクリードオデッセイ」
を始め、クオリティの高いゲームを
提供してくれる可能性は
十分高いでしょう。

3-2 高度なマルチプレイヤーゲームに対応できるか?

クラウドゲームストリーミングサービスは
端末やOSにこそ縛られませんが、
各々の環境でどの程度のクオリティを
提供できるのかは、
実装されない限り分かりません。

インターネットの通信状況や
データセンターとの距離によっては、
わずかな遅延が発生するとも
言われています。

発表会のホテルのWi-Fi環境下では、
初期プレイ時にコマ送り並みの
処理落ちや0.5秒程度の遅延が
見られたという報道も。
ちなみに再起動で改善したそうです。

Stadia担当のPhil Harrison氏が述べたポイント

  • 発生する遅延は、人が知覚してから反応するよりも短い→70ミリ秒から130ミリ秒程度
  • サポート国でも僻地に居るような場合は、サービス開始時にサインアップできるとは限らない→ユーザーとデータセンター間の物理的な距離も関係する

このばらつきと遅延は
少々気になるところです。

例えば、
Youtubeからのゲーム起動に
ばらつきがあったとしたら
どうでしょうか。

「憧れのゲーム実況者との夢のマッチ!」
のはずが、遅延でどうにもならなかった、
なんてことになるかもしれません…。

また、コンマ数秒が命運を分ける
FPSゲーム用にと、
新しいスマホやPCを用意する
コアユーザーも増えていますから、
満足度の基準も非常に高くなっています。

しかし、
Googleサイドはかなりポジティブ
捉えているそうです。

PlaySation Nowが
改善へ向かっているように、
ユーザーが遅延を意識しないレベルへ
進化させることもGoogleなら
可能かもしれません。

ちなみに、PlayStation Nowは
下り速度5Mbps以上の安定した
ネットワーク環境が必要です。
快適にプレイするためには、
12Mbps以上を要します。

3-3 価格次第でユーザー層が決まってしまうかも

Googleが提供する+
専用ハードウェアが必要ない=
インターネットに接続できれば
無料で遊べる、
と思っている方も
いるのではないでしょうか。

しかし、Stadiaのシステムや
クラウドサーバーを利用するためには、
サービス料を支払う必要があります。

Stadiaの価格はまだ未公開で、
今夏のGoogle I/Oでの続報が
期待されている状況です。

もしかすると料金次第では、
カジュアルユーザーが興味を
失ってしまうかもしれません。
この点は少し心配ですね。

参考までに、
PlayStation Nowのサービスプランと
料金は以下のとおりです。
サービスは定額制で、
好きなときに好きなだけ
ゲームを楽しむことができます。

PlayStation Nowのサービスプラン(参考)

ゲームストリーミングサービスサービスプラン料金
7日間無料体験無料
PlayStation Now1ヶ月利用権2,315円+税
3ヶ月利用権5,463円+税

3-4 スマホでプレイするならデータ通信量に注意

ストリーミング配信は、
常にクラウドサーバーと
通信している必要があります。

ゲームプレイ中は、
動画を見続けているのと同じ状態に
なるものと考えると、
現時点で毎月のスマホのGBが
圧迫されている方には、
厳しいツールかもしれません。

時には高速Wi-Fiを利用したり、
自宅ではPCに切り替えたり、
GB使い放題プランに変更したりすれば、
きっと快適にプレイできるでしょう。

スマホやタブレットでのプレイが
念頭に置かれているStadia。
続報を待ちましょう!

海外の情報を逃さずキャッチしよう!

画像引用元:Stadia公式サイト

Stadiaは今年中に
アメリカ・カナダ・ヨーロッパで
サービスを開始する予定ですが、
日本への上陸はもう少し
先になりそうです。

ちょっと残念ではありますが、
きっと日本に来る頃には
大方の調整が済み、
満を持して登場するはず。

スムーズに遊べるように
なっているといいですね。

引用元:https://bitwave.showcase-tv.com/google-stadia/

まとめ

改めて整理すると、
やっぱり魅力的なサービスですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください