PS5の仕様がついに判明! レイトレーシングを採用、ローディング速度は19倍に

Real Soundによりますと、

ゲーム機業界の覇者として君臨
しているPS4の次世代ゲーム機の仕様が、
ついに判明したそうです。
基本仕様の向上はもちろんのこと、
最新の画像処理技術にも対応し、
ゲーマーを悩ませてきたあの時間を
解消する設計にもなっています。
ゲーム機業界の新たな脅威となる
あのサービスに対して、
盤石の体制で応戦する構えです。

レイトレーシングとSSDを採用

WIRED日本版は17日、
WIREDアメリカ版のPS5に関する
独占取材を翻訳した記事を公開しました。
独占取材は、
(正確にはまだ正式名称は発表されていないが)
PS5の設計主任に相当する
リードアーキテクトを務める
マーク・サーニー氏にインタビューする
かたちで進められました。

PS5は、PS4に比べて
CPUとGPUの性能が大幅に向上します。
その結果、最新の画像処理技術である
レイトレーシングに対応し、
音響もより立体的になります。
この立体的な音響は、
ヘッドフォンを着用してプレイすると
その違いが体験できるといいます。

内蔵ハードディスクは、
従来のHDDからSSDに変更されます。
一般にSSDはHDDよりローディングが
早いと言われているが、結局のところ、
ローディングはハードウェアの
総合的な設計の良し悪しに左右されます。
PS5はSSDからのローディングが
速くなるように設計したので、
PS4比で19倍速となると
見積もられています。
ローディングの速さを実証するために
取材中「Marvel’s Spider-Man」を
プレイしたところ、
画面転換時のローディングが
PS4では15秒かかったのに対し
PS5だと0.8秒ほどだった、とのこと。

肝心の価格とリリース日については
不明だが、少なくとも2019年内の
リリースはないと見られています。
また、PS4と同様に
物理メディアにも対応します。
コンテンツに関してもしばらくは
PS4とPS5の両方に対応したものが
リリースされる見込みであり、
PSVRコンテンツも
プレイできるようです。

Stadiaには負けない?

以上のようにPS5はPS4の
正統進化版となりそうですが、
その一方でゲーム機業界には
パラダイムシフトの起こる機運が
高まってきています。
どんなゲーム機に対しても
ハイエンドなゲームを提供することを
謳うGoogleが先月発表したStadiaは、
既存ゲーム機市場に見られる
ゲーム機ごとの棲み分けを
取り払おうとしています。
Microsoftもゲーム
ストリーミングサービス
Project xCloud」を開発中であり、
Googleに追随しています。
こうした市場の動きをふまえて、
多数の海外メディアはPS5とStadiaを
比較する記事を公開しました。

テック系メディア『GeekWire』は、
Stadiaは既存ゲーム市場において
脅威となっており、
進化しているものも「伝統的な」
ゲーム機をリリースしようとする
ソニーはリスクを負うことになる、
と評しています。
しかしながら、
ゲーム機市場のおよそ3分の2の
シェアを占めている同社が
勝利のためにやるべきことは
正統進化した選択肢を
提供することである、
と述べています。

イギリスのダブロイド紙『EXPRESS
電子版は、調査会社
Harris Interactiveが行ったゲーマーを
対象にした調査結果を報じています。
同社は、幅広い年齢層の2,100人の
ゲーマーに次世代ゲーム機として
どのデバイスの購入を検討するのか、
と尋ねました。
その結果、38%がPS5と回答し、
21%が次世代XBox、そして16%が
Google Stadiaと回答しました。

ビジネスメディア『VentureBeat』は、
StadiaとPS5のGPUにはAMD製が
使われていることを指摘したうえで、
両者を比較しています。
クラウドサーバ上で画像処理を
実行するStadiaは最先端の
ゲーミングPCには及ばないと
考えられる一方で、
PS5は相対的に低コストで
レイトレーシングを可能とする
画像処理技術を提供することに
なるだろう、と見られています。

光線を追跡するレイトレーシング

PS5のセールスポイントともなっている
レイトレーシングとは、
昨年あたりから話題になっている
ゲームグラフィック技術です。
この技術を簡単に説明すると、
光線(英語で光線は「ray:レイ」)の
屈折や反射を追跡(トレース)
するように描画する、というものです。
国内テック系メディア『Impress Watch』
が公開した同技術の検証動画を見ると、
オブジェクトへの光の映り込みが
従来よりリアルになっていることが
分かります(下の動画参照)。

リアルタイムレイトレーシング映像 – GAME Watch

ゲーム業界は過渡期を迎えようと
していますが、
ソニーに関しては今まで築いてきた
PSブランドを手堅く継承すれば、
その地位を維持できるのでは
ないでしょうか。

トップ画像出典:
PS4公式サイトより画像を抜粋

■吉本幸記 
テクノロジー系記事を執筆するフリーライター。
VR/AR、AI関連の記事の執筆経験があるほか、
テック系企業の動向を考察する記事も
執筆している。Twitter:@kohkiyoshi

引用元:https://realsound.jp/tech/2019/04/post-349671_2.html

まとめ

PS4は高くて買えませんでしたが、
PS5の値段によっては、
購入を検討したいですね。

プレイステーション4 Pro PlayStation VR Days of Play Special Pack CUHJ-10024 1TB SONY (分類:ゲーム機本体)

価格:116,870円
(2019/4/18 20:00時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください