新たにMediaTek製CPU採用のChromebook「krane」が登場したようです

HelenTechによりますと、

今回はMediaTek製CPU「MT8183」を
採用する新しい「krane」という
コードネームのChromebookが
ChromeUnboxedによって
発見されたようです。

MediaTek製のCPUを採用する
Chromebookといえば、
例えば私の持っている
「Acer Chromebook R13」や最近発売の
「Lenovo Chromebook C330 / S330」
などもあり、珍しいものではありません。

しかしそれらは「MT8173C」という
CPUを採用しており、
性能的にはエントリークラスとして
分類されます。

しかし、今回採用される可能性が
あるものは「MT8183」という、
それよりも性能が向上したものになり、
とくにマルチコアでの性能が
向上しているようです。

MT8183の参考値

Geekbenchにデータがあるようなので、
参考に。

上記は今回の「krane」とは関係ない
参考値ですのでお間違いないよう。

クロック周波数は1.99GHzの
オクタコア(8コア)で
動作していることがわかります。

なお「MT8173C」の場合、
2.2GHz(4コア)で動作していて、
Geekbenchのスコア的には、
シングル1200、マルチ3300
ほどになっています。

シングルスコアに
大きな差はありませんが、
マルチスコアでは大きく
向上しているのがわかります。
Intelで言えば、
Celeron N4100〜N4200
あたりでしょうかね。

ちなみに以前も
お伝えしていますが、
この「MT8183」というCPUを採用する
モデルはChromebook 「Flapjack」も
存在しています。

今回の「krane」も「flapjack」も
そうなんですが、
結局どのメーカーがリリースするのか、
他のスペックについても
はっきりしていないため謎が多い
機種となっています。

両者に共通するとすれば、
MediaTekのCPUを採用した
Chromebookをこれまでに
リリースしたことのある
メーカーだとすると選択肢は
限られてきますが、
まだどうなるやら…といった感じです。

ただ最近の傾向から言うと、
AcerはAMDのAPUを積極的に
取り入れそうな印象がありますし、
そうすると最近おとなしい
SamsungかLenovoあたりが
やってきそうな感じはあります。
あるいは全く別のところかもしれませんが。

現時点では、MediaTek製CPUを採用する
「krane」というChromebookも
開発が進んでいるようだ、
という感じで覚えておけば良いと
思いますので、今後も情報が出れば
紹介していきたいと思います。

引用元:https://www.helentech.net/chromeos/chromebook/2019/04/6646/

まとめ

「krane」
このキーワードを覚えておきましょう。
いつか発売される時の目安になるので。

フラッグシップ Acer R13 13.3″ Full HD IPS?Touchscreen 2-in-1 Convertible Chromebook, MediaTek クワッド-Core 2.1GHz, 4GB RAM, 32GB SSD, 802.11ac, ブルートゥース, HD Webcam, HDMI, up to 12hr バッテリー Life, クローム OS 「汎用品」(海外取寄せ品)

価格:80,643円
(2019/4/17 17:54時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください