合体してAlexaスマートディスプレイに変身するレノボのAndroidタブレットを試す

ITmedia PC USERによりますと、

レノボ・ジャパンの
「Lenovo Smart Tab P10 with Amazon Alexa」は、
10.1型のAndroidタブレットに、
専用のドックを組み合わせた製品です。
Amazon Alexaを搭載しており、
画面付きのスマートスピーカーとして
利用できるのが特徴です。

つまり、普段はAmazonの「Echo Show」と同じく
据置のスマートディスプレイとして利用しつつ、
必要に応じてタブレット部を分離させて持ち歩けます。
完全な据置形で持ち出しが不可能なEcho Showと違い、
モビリティーに富んだ2WAY製品ということになります。

今回、本製品を1週間ほど試用する機会を得たので、
Echo Showと使い比べた感想などを
2回に分けてお届けするそうです。

→【後編】
Androidタブ+ドック=スマートディスプレイは
“二重人格”ながらも思った以上に便利だった

10型クラスのタブレットにドックを加えて3万円台前半とリーズナブル

まずは外観とスペック部分をざっとチェックをします。

タブレット部分(Smart Tab)は、
同社の「Lenovo Tab P10」
(TB-X705F)をベースとしています。
実はこのベースモデルのLTEモデル
(TB-X705L)を私物として所有しているが、
直販サイトの価格で比較すると、
Wi-Fiモデルは2万9970円(税込み、以下同)、
LTEモデルが3万6304円なのに対し、
本製品はドックが付属しながら3万2270円と、
非常にお買い得なプライスです。
個人的には少々うらやましくなってしまいます。

単品販売されていることからも分かるように、
タブレット部だけでも十分に成立するスペックです。
CPUはQualcommのSnapdragon 450と
ローエンド向けとなりますが、
メモリは4GB、ストレージは64GBで、
画面解像度は1920×1200ピクセル、
Wi-FiはIEEE802.11ac対応と、
基本をしっかりと押さえており、
外観もチープさは皆無です。
さらに重量は約440gと、
10型クラスのタブレットとしてはかなり軽く、
厚みも7mmとスリムで訴求ポイントは多いです。

タブレット部は同社の「Lenovo Tab P10」がベースになっている。
光沢感が強く、ボディーが滑りやすいのが唯一のネックだ
左側面(写真=上)には電源ボタンと音量ボタンを、
右側面(写真=下)にはメモリカードスロットやUSB Type-Cコネクタ、
イヤホンジャックなどを備える
上部(写真=上)にはスピーカー、
下部(写真=下)にはスピーカーとドック接続端子がある
ベゼル部分に指紋認証センサーを搭載する

一方のドック部(Smart Dock)は、
説明書によると「HA-200」という型番で、
底面に折り畳まれている支持台を広げることで
フットプリントが広がり、
タブレットを立てた時の
安定性が増す構造になっています。
正面と背面、それぞれやや左寄りの位置に
スピーカーが埋め込まれているようですが、
メッシュで覆われているため、
外観から位置は分かりづらいです。

正面から見たところ。前後がメッシュで覆われている
底面の支持台を引き出したところ。
通常はこれを展開させた状態で使う
背面から見たところ。
音は正面だけでなくこちらの面からも出ているようだ
横から見たところ。
この上部中央の溝にタブレットを立てかける
本体右端にはBlueooth、音量調整、マイクの各ボタンがある
「alexa built-in」のロゴがある

ドックに乗せると自動的にスマートスピーカーとして利用可能に

セットアップについては、
まずAndroidの標準的な手順に沿って
インストールを実行した後、
続いてAlexaまわりのインストールと設定を行います。
これらのフローはほぼ一体化しており、
AndroidにAlexaアプリをインストールするのに比べ、
より密接に結びついている格好です。

もっとも、実質的に2つの製品のセットアップを
連続して行うことになるため、
時間はかなり掛かかります。
短くても十数分、
アップデートが長引くと30分弱はかかりかねないので、
時間に余裕がある時に行わないと、
息切れしてしまいかねません。

まずWi-Fiに接続し、Android標準のセットアップを行う。
この画面の後に、Googleへのログインや指紋登録などのプロセスがある
GoogleアシスタントのVoice Matchの設定もここで行う。
Alexaビルトインのデバイスであるにもかかわらず、
Google Homeの設定を行うのはなかなかシュールといえよう
続いてAlexaとの連携を行う。
といってもAmazonアカウントでログインするだけだ
完了するとタブレットをドックに置くよう促される
Bluetoothでペアリングが実行される
設定完了。
Showモードへの切り替えはタブレットを
立てかけることで自動的に行われる他、
タブレットの通知領域から手動で切り替えることも可能だ

セットアップが完了し、
タブレット部分をドックに載せると、
それまでのAndroidのホーム画面が、
自動的にAlexaの画面に切り替わります。
この画面は「Showモード」と呼ばれる、
Echo Showの画面とそっくりの外観を持つモードで、
AmazonのタブレットFireシリーズにも搭載されています。
この状態で、
スマートスピーカーとして音声での呼び掛けに応答します。

一方、タブレットをドックから取り外すか、
あるいは手動でホームボタンを押せば、
Showモードが解除され、
Androidのホーム画面が表示されます。
ドックに載せたままAndroidの機能を使うこともできます。
切り替わり時にかなり大きな音が出るのが
やや気になりますが、
このあたりのシームレスな挙動は好印象です。

通常はAndroidタブレットのホーム画面が表示されているが……
ドックに置いてBluetoothのコネクションがつながると、
AlexaのShowモードへと切り替わる

次回は、Alexaデバイスとしての使い勝手を見ていきます。

引用元:https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1904/09/news042.html

まとめ

タブレットとAlexaを持っていない方は、
お買い得な商品ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください