フルノシステムズの無線LANアクセスポイントを埼玉県教育委員会が導入。3カ年計画で県立高校139校のICT基盤を整備へ。

時事ドットコムニュースによりますと、

[株式会社フルノシステムズ]

「G Suite for Education」「Chromebook」
などのICTを活用した授業を支えるWi-Fi環境を構築。
『協調学習』におけるICT活用を推進し、
生徒たちの主体的な学びを支援するそうです。

株式会社フルノシステムズ
(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:中谷聡志、
古野電気(株)関連会社)は、
このたび埼玉県の県立高等学校のICT基盤整備において、
無線LANアクセスポイント「ACERA(アセラ) 1110」を
採用いただきました。
埼玉県教育委員会では、
2018年度より県内全ての県立高校を対象とする本格的な
ICT基盤整備に着手しています。
2020年度までの3カ年で、
139校にタブレット端末とプロジェクタ、
アクセスポイントを導入する予定です。
2018年度には、
35校で合計525台のACERA 1110を導入いただきました。
埼玉県ではアクティブ・ラーニングの一種である
『協調学習』を取り入れた「主体的・対話的で深い学び」の
実現に向けた授業改善に取り組んでおり、
ICT活用によって生徒たちの自主性を育む教育環境の
創出を推進していく方針です。

「G Suite for Education」
「 Chromebook」
などのICTを活用した授業を
県立高校139校で実施

埼玉県では、県内全ての県立高校139校にタブレット端末、
プロジェクタ、アクセスポイントを整備してICTを活用した
授業の基盤整備を進めています。
タブレット端末は各校に44台、
プロジェクタは全ての普通教室に設置します。
それらを稼働するためのWi-Fi環境を担うアクセスポイントは、
各校に15台程度設置する計画です。
普通教室の廊下に取り付けられ、1台で2教室をカバーします。

授業では、タブレット端末「Chromebook」、
共同作業用ツール「G Suite for Education」、
教員・生徒間のやりとりを効率化するアプリケーション
「Google Classroom」が用いられます。
生徒たちの相互の知識共有などに役立てられ、
受け身ではない主体性を持った授業スタイルを
創出することが目的です。

県内10校が対象の実証実験で
ICT教育の効果を検証。
3カ年で139校にICT基盤を本格整備へ。

埼玉県教育委員会では、
2016年度に協調学習をICT活用の面から支えるプロジェクト
『近未来学校教育創造プロジェクト』を始動しました。
モデル校に選定した県立高校10校に、
先行してタブレット端末やアクセスポイントを整備し、
ICTを活用した授業の効果を検証しました。
約2年間の検証期間を経て、
2018年度から埼玉県内の全ての高校を対象に、
ICT基盤整備を始めました。
2020年度までに全ての高校139校のICT基盤を整える計画です。

フルノシステムズのアクセスポイントは、
2年間の検証期間でモデル校10校のICTを
活用した授業におけるWi-Fi環境を支えました。
1クラス40人以上が同時接続するタブレット端末の円滑な動作や、
アクセスポイントが故障せずに稼働し続けたことが評価され、
2018年度に県立高校35校に設置された
525台のアクセスポイントに、
「ACERA 1110」が採用されました。

【埼玉県教育委員会について】
埼玉県では、2010年度から東京大学CoREFと連携し
『学びの改革』に向けた取り組みを開始しました。
『協調学習』の一つで東京大学CoREFが提唱する
『知識構成型ジグソー法』という学びの型を取り入れ、
先生方が学校・教科の枠を跳び越えて学び合いの活動を探求し、
授業の改善に取り組んできました。
2016年度には『近未来学校創造プロジェクトを』を始動し、
モデル校に選んだ県立高校10校で先行してICTを活用した
授業を導入・実施し、効果を検証しました。
2018年度から2020年度にかけて、
全ての県立高校を対象にICT基盤整備を計画し、
ICTを活用し生徒たちの「主体的・対話的で深い学び」の
教育効果を高めていくことを目指しています。

■ホームページ  https://www.pref.saitama.lg.jp/kyoiku/

※記載されている商品名などの固有名詞は、
各社の商標または登録商標です。
掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

【フルノシステムズについて】
フルノシステムズは、
無線LANシステム分野のリーディングカンパニーです。
無線ハンディターミナルをはじめ、
無線LAN構築には欠かせない
モバイル&ワイヤレスソリューションを提供しています。
さらには、エンジニアリングサービス
(ネットワーク設計、構築、管理など)までもサポートする事で、
トータルなワンストップソリューションを実現します。
無線ネットワーク管理システム『UNIFAS(ユニファス)』
および無線LANアクセスポイント
『ACERA(アセラ)シリーズ』は、
国内メーカーである高い品質と技術、
充実したアフターサービスが評価され、
オフィスや学校、公共施設においてシェアが拡大しています。

■ホームページ http://www.furunosystems.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ (2019/04/09-11:40)

引用元:https://www.jiji.com/jc/article?k=000000073.000004012&g=prt

まとめ

いいですね。
先進的な教育を受けられるのは、羨ましいです。
この時代の学校通いたかったな〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください