災害に強い「道の駅」に…情報通信機能を強化へ 国交省が意見募集

国土交通省は9月8日、
大規模災害時の停電・通信の途絶に関して
「道の駅」を防災拠点として耐災害性を高める新技術に関して
意見を募集すると発表したそうです。

国土交通省は、
2020年4月に開催した
「第2回道路技術懇談会」で了承された
新技術導入促進計画における技術テーマ
「道の駅等の防災拠点の耐災害性を高める技術」に
関する技術公募の実施に向けて、
要求性能や確認方法案を策定、
意見を9月30日まで募集します。

令和元年9月の台風15号や10月の台風19号では、
大規模な停電や通信障害の発生などによって
被災地域で被害状況の集約に時間を要した例もあります。
道の駅の耐災害性を高める一環として、
情報通信機能や電源を安定的に確保するなど、
大規模災害発生時、
適切な管理が可能となるよう道の駅に
防災拠点の耐災害性を高める新技術を導入します。

公募を予定している技術は、
道の駅内の道路施設における太陽光など、
自然エネルギーを活用した発電技術、
発電した電力を蓄電し、
停電時、
必要な場面で必要な電力を供給する技術について。
また、
国が管理する国道に埋設されている
道路管理用光ファイバーネットワークを活用した
道の駅におけるローカル5Gシステムに関する技術について。

意見の募集後、
技術を公募を実施する予定。

《画像提供 国交省》新技術導入の概要

引用元:https://response.jp/article/2021/09/12/349405.html

まとめ

この記事によりますと、
『道の駅』の耐災害性を高めるそうです。
過去に災害が発生したときに、
被害状況を集約する際に時間がかかった事例があったそうです。
そこで、
各道の駅を強靭化して通信網を強化するアイディアが出てきたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください