プロゲーマーを夢見る人たちの背中を後押し – 最新ゲーミングノートPCでeスポーツ体験イベント

世界中に多くのファンを抱える一大産業となったeスポーツ。
日本でも企業などのスポンサードのもと、
多くのeスポーツチームが発足し、
スター選手が次々に生まれているそうです。
子どもたちの「なりたい職業」でも
プロゲーマーが上位にランクインするなど、
まさに新時代のエンターテインメントとして
盛り上がりを見せているのです。

そんなプロゲーマーを支えているのが、
ゲーミングパソコン「G-Tune」を提供する
マウスコンピューターです。
プロゲーマーにとってのゲーミングパソコンは、
サッカー選手ならスパイク、
野球選手ならグローブのようなもの。
まさに相棒と呼べる存在なのです。

そんなマウスコンピューターと
プロゲーマーの育成を行う専門学校、
東京クールジャパン、
そしてマイナビニュースの3社が共催する
「最新ゲーミングノートパソコンでeスポーツを体験しよう!」
というイベントが、
2021年8月14日(土)に
東京クールジャパン(東京都渋谷区千駄ヶ谷)にて行われました。

今回はそのイベントの模様をレポートします。

参加者にはApex Legends初心者も!?

イベント当日、
講師を務めたのは、
東京クールジャパンのゲーム総合学科
eスポーツ専攻 プロゲーマーコースで
FPS及びTPSの指導を担当するどちゃく!氏。
同氏は元プロゲーマーとして様々なゲーム大会で
実績を上げてきた人物です。

– Profile –
どちゃく!さん

学校法人専門学校 東京クールジャパン ゲーム総合学科 eスポーツ専攻
プロゲーマーコース どちゃく!氏
元プロゲーマーとして、FPS及びTPSの指導を担当。
◆Twitter:https://twitter.com/dochaku_s

イベントは午前10時からスタートし、
全4回にわたり開催されました。
集まったのは、
東京クールジャパンへの入学を考えている高校生のほか、
プロゲーマーに興味を持っている人や、
本格的なゲーミングパソコンでゲームをプレイしてみたい人、
元プロゲーマーどちゃく!氏に教わってみたい人など様々です。

今回、
イベントで使用したゲームは「Apex Legends」。
ゲーム好きなら知らない人はいないといっても過言ではないでしょう。
2019年にリリースされるや否や世界中で大人気を博し、
今も多くのプレーヤーが腕を競い合うバトルロイヤルFPSです。

eスポーツの世界でも「Apex Legends」は
トップクラスの人気タイトルです。
世界中で毎日のように大会が開催されており、
なかには賞金総額3億円を誇る公式大会も存在します。

今回のイベントに参加するのに
「Apex Legends」のプレイ経験は関係ありません。
実際、
参加者の中には「Apex Legends」のヘビーユーザーもいれば、
この日初めてプレイするというビギナーもいました。

イベントではまず、
どちゃく!氏から簡単に挨拶とイベント主旨が説明された後、
「Apex Legends」の体験がスタート。
どちゃく!氏による丁寧な操作解説により、
ビギナーもすんなりとゲームの世界に入っていけたようでした。

一通りの操作方法を覚えた後は、
3人1チームでバトルロワイヤルに参加します。
「Apex Legends」では基本的に3人でチームを組み、
世界中のプレーヤーとランダムにマッチングして
バトルロワイヤルで対戦します。

なかには初心者ゆえにやや緊張気味の参加者もいましたが、
対戦が始まるとすぐに「Apex Legends」の面白さの虜になった様子で、
夢中になってプレイしていたのが印象的でした。

「Apex Legends」はほかのFPSに比べて短時間で勝敗がつくため、
サクサクと遊ぶことができ、
美しいグラフィックと派手なエフェクトは
初心者でも十分に楽しめる魅力を持っています。
だからこそ、
数あるFPSの中でもトップレベルの人気を得ているのでしょう。

ただし、
そうした「Apex Legends」の魅力が、
どんなパソコンでも発揮されるわけではありません。

「Apex Legends」はグラフィックのクオリティは高く、
エフェクトも迫力がありますが、
それだけにパソコンにはハイスペックを要求するタイトルでもあります。
メモリやCPUはもちろん、
わずかな遅延が命取りになるため、
ディスプレイには高いリフレッシュレートが必要となります。

イベントでは参加者はみんな、
ノンストレスで「Apex Legends」をプレイできていましたが、
実はそれは決して当たり前のことではありません。
この日、
「Apex Legends」が快適に動作できるだけの環境を支えていたのは、
参加者が使用していたマウスコンピューターの「G-Tune H5」でした。

実際に参加者からの事後アンケートのコメントでも
「パソコンの性能がゲームの快適さに
これほど関係するとは思ってもいなかった」
「試合中だとしても150fpsでる高性能さに驚いた」
「普段コンシューマー機でゲームをしているが、
ゲーミングノートパソコンでプレイしてみて、
コンシューマー機との違いに驚いた」など、
「G-Tune H5」の性能に驚いている方が多かった。

そこでイベント終了後、
講師を務めたどちゃく!氏に詳しく話を聞きました。

eスポーツのいいところは、誰もが気軽に始められること

――本日はおつかれさまでした。
参加者の皆さんが心から「Apex Legends」を楽しんでいる様子が印象的でした。

そうですね。
「Apex Legends」は高いマシンスペックを必要とするゲームですが、
トラブルなく楽しんでいただけてよかったです。

――今回、参加者の皆さんが使用されたのは「G-Tune H5」でした。

「G-Tune H5」には私も驚かされましたね。
途中、
自分でも「G-Tune H5」でプレイに参加してみたのですが、
本当に動作がなめらかでストレスがありません。
特に驚いたのはリフレッシュレートが240Hzということです。
これだけのスペックの液晶モニターを別に用意しようとすると、
それだけで5万円くらいはかかってしまいます。
そう考えると「G-Tune H5」はコスパ抜群ですね。

――ゲーミングパソコンは高価というイメージがあります。

実際、
スペックを積めば高価になります。
特に「Apex Legends」のようなゲームを
十分に楽しむためにはそれなりのスペックが必要ですから。
しかし、
「G-Tune H5」は十分な性能を持っているにも関わらず
ゲーミングパソコンとしては安価ですからね。
実際に僕の今使っているデスクトップパソコンは
1~2年ほど前に購入したものですが、
それよりもいいスペックが、
この1台に詰まっていると思うと……すばらしいと思います。

――どちゃく!さんのご経歴についても伺わせてください。
元プロゲーマーということですが……。

そうですね。
主に「シャドウバース」や「フォートナイト」などの
タイトルをプレイしていました。
ゲーム内ランキング1位やアジア大会2位などの実績があります。
実はそれ以外にもずっと陸上競技を本格的にやっていて(笑)、
学生時代はインターハイで上位になったこともあります。

――従来のスポーツとeスポーツの両方で活躍されていたというのはユニークな経歴ですね。

単純に勝負事が好きなんだと思います(笑)。

――ゲームを好きになったきっかけは?

小さい頃、
父親が遊んでいた「FINAL FANTASY VIII」がきっかけですね。
そこからゲームにハマって、
だんだんFPSなどを遊ぶようになりました。

――1人用のRPGから対戦ものへシフトしていったところに、
勝負師としての宿命を感じます(笑)。
ところで、どちゃく!さんは現在、
東京クールジャパンでeスポーツを教えていらっしゃいますよね。
eスポーツの魅力についてどのように感じていますか。

eスポーツのいいところは、
誰もが気軽に始められることです。
従来のスポーツよりも怪我や疲労が少ない分、
ハマれば長時間プレイすることもできます。
そうやって時間をかけて練習すれば着実にうまくなれて、
どんどん楽しさが増していくと思います。

――ずばり、eスポーツで上達するコツはありますか?
マイナビニュース読者の皆さんに、ぜひアドバイスをお願いします。

アドバイスではないのですが……
これはもう、
ひたすら練習するしかありません。
面白みのない答えかもしれませんが(笑)、
生徒にもそのように教えています。
とにかく時間をかけて練習すればするだけうまくなるのが
ゲームの面白さでもあります。
もちろん、
動画を見て研究したり、
効率的な練習をしたりと、
工夫することも必要だと思います。

――いわゆる体を動かすスポーツとは違い、
運動神経にそこまで左右されないのが
eスポーツのいいところといえるかもしれませんね。
どちゃく!さん、本日はありがとうございました!

eスポーツやゲーム配信などが身近なものになっている今、
「ゲームで食べていく」ことを夢見る人も少なくないでしょう。
プロゲーマーもその道のひとつです。

もっとも、
プロゲーマーになることは容易ではありません。
どちゃく!氏が語ったように、
地道な鍛錬の積み重ねが必要になりますし、
何よりも自分自身の実力を
100%発揮できる環境を整えることが重要です。

今回のイベントはまさに、
そんな「最高のゲーム環境」を体験できる
貴重な場になっていたように思います。
遊ぶなら本気で―――そんな言葉が思い浮かぶ1日でした。

© 2021 Electronic Arts Inc. EA, the EA logo, Respawn, the Respawn logo, and Apex Legends are trademarks of Electronic Arts Inc.

引用元:https://news.mynavi.jp/kikaku/20210903-cooljapan/

まとめ

ゲーミングノートパソコン良いですよね・・・
この記事に紹介されている、
『G-Tune H5』はコスパの高い端末だと思います。
デスクトップPCだといろいろ用意しないといけませんが、
『G-Tune H5』は初期投資が低くすみます。
なので、今から始めたい方にオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください