3万円台のエントリー向け8型Android 11搭載タブレット「LAVIE T8(T0875/CAS)」

NECパーソナルコンピュータは8月17日、
7型と8型の個人向けタブレット
「LAVIE T8(T0875/CAS)」を発表したそうです。
前者なら2万円台、
後者なら3万円台と、
大手メーカー製としては比較的安価なモデルです。
今回は8型が編集部から送られて来たので
試用レポートをお届けします。

MediaTek Helio P22T/6GB/128GBで3万円台の8型Androidタブレット

この日、
8型として発表のあったのは、
「T0855/CAS」と「T0875/CAS」の2モデル。
違いはメモリとストレージ、
そして価格で、
前者は3GB/32GB/3万580円、
後者は6GB/128GB/3万8,280円となります。
個人的にはこの程度の価格差なら
使い勝手を考えると後者だけでいいのでは?
と思ってしまいますが、
そこは同社の都合もあるのでしょう。

参考までに昨年、
2020年の8型は「TE708/KAS」と「TE508/KAS」の2モデル。
両者で仕様は結構異なり、
SoCはMediaTek Helio P22T/MediaTek Helio A22、
メモリは4GB/2GB、
ストレージは64GB/32GB、
パネルは1,920×1,200ドット/1,280×800ドット、
カメラは500万画素:1,300万画素/200万画素:800万画素……など。

今回手元に届いた上位モデルのT0875/CASは、
このTE708/KASのSoCそのまま、
パネル解像度とカメラ解像度を落とし、
メモリとストレージを増量的な感じとなっています
(バッテリ容量も少し増えています)。
主な仕様は以下の通り。

NEC「LAVIE T8(T0875/CAS)」の仕様
SoCMediaTek Helio P22T(4×2.3GHz+4×1.8GHz)、
GPUにIMG PowerVR GE8320を内包
メモリ3GBまたは6GB/LPDDR4X
ストレージ32GBまたは128GB
OSAndroid 11
ディスプレイ8型ワイドIPSパネル(1,280×800ドット)
ネットワークIEEE 802.11ac、Bluetooth 5.0
インターフェイスUSB Type-C(USB 2.0)、microSDカードスロット、
スピーカー×1(Dolby Atmos対応)、マイクロフォン×1、3.5mmジャック
センサーGPS、加速度センサー、照度センサー、近接センサー
カメラ前面:200万画素(FF)/背面:500万画素(AF)
バッテリ/駆動時間5,100mAh/約13時間(Web閲覧)
サイズ/重量199.1×121.8×8.15mm(幅×奥行き×高さ)/重量約305g
価格3万580円(3GB+32GB)/3万8,280円(6GB+128GB)

SoCはMediaTek Helio P22T。
2.3GHz 4コア+1.8GHz 4コアの計8コア。
GPUにIMG PowerVR GE8320を内包します。
2年前に出荷されたSoCで、
当時はSnapdragon 625の対抗馬的
(つまりミドルレンジ)な位置付けだったのですが、
現在は性能的にエントリーレンジとなります。

メモリは6GB(下位モデルは3GB)、
ストレージは128GB(下位モデルは32GB)。
メモリ、
ストレージともにこのクラスでこの容量は珍しい。
OSにAndroid 11を搭載します。

ディスプレイは8型ワイドIPSパネル。
1,280×800ドット。
Type-Cの映像出力は未対応。
インターフェイスは、
USB Type-C(USB 2.0)、
microSDカードスロット、
スピーカー×1(Dolby Atmos対応)、
マイクロフォン×1、
3.5mmジャック。
センサーはGPS、
加速度センサー、
照度センサー、
近接センサーを搭載します。
カメラは前面:200万画素(FF)/背面:500万画素(AF)。
前面は顔認証対応です。

5,100mAhのバッテリを内蔵し、
駆動時間は最大約13時間(Web閲覧)。
サイズ199.1×121.8×8.15mm(幅×奥行き×高さ)、
重量約305g。
価格は3万580円(3GB+32GB)、
3万8,280円(6GB+128GB)となります。
内容的に少し高い気もしますが、
大手メーカー製でサポートも期待できる分、
割高なのでしょう。

なお、
別売でスタンド機能付き(ネイビーブルー)、
保護フィルム付きの専用ケース
「PC-AC-AD023C」が税込3,278円で用意されています。

前面。パネル中央上に前面カメラ。フチはそれなりにあります
背面。左上に背面カメラ
下側面にType-C。左側面にmicroSDカードスロット
上側面に3.5mmジャックとスピーカー用のスリット。右側面に音量±ボタン、電源ボタン
microSDカードスロットはイジェクトピン式
付属品はACアダプタ(サイズ約42×40×22mm、重量37g、出力5V/2A)、
Type-A/Type-Cケーブル、イジェクトピン
重量は実測で304g
横位置。標準の配置だと色々縦が狭くなります

筐体は裏がメタリックなシルバー。
安価なモデルにありがちなチープ感はありません。
重量は実測304g。
最近、
200gを超えるスマホが結構あるので、
+100g程度なら8型としては軽い方です。
サイズ的に片手で楽々とは言えないものの、
かろうじて持つことができる大きさです。

前面はパネル中央上に前面カメラ。
フチはそれなりにあります。
背面は左上に背面カメラ。
上側面に3.5mmジャックとスピーカー用のスリット。
右側面に音量±ボタン、
電源ボタン。
下側面にType-C。
左側面にmicroSDカードスロットを配置。
microSDカードスロットはイジェクトピン式です。

付属品はACアダプタ
(サイズ約42×40×22mm、重量37g、出力5V/2A)、
Type-A/Type-Cケーブル、
イジェクトピン。

8型1,280×800ドットのディスプレイは、
明るさ、コントラスト、発色、視野角すべて十分。
価格の割に良いパネルが使われています。
設定 > ディスプレイ > カラーモードで色温度なども変更可能です。
ただ昨年のTE708/KASは1,920×1,200ドットだったので、
ワンランク下がっているものの、
このサイズなら特に気にならないと思われます。

カメラは前面:200万画素(FF)、
背面:500万画素(AF)。
モードはポートレート、
写真、動画、翻訳(背面のみ)。
ちょっと面白いのはポートレート。
一般的なポートレートモードと違い、
撮影中の画面では背景はボケず、
撮影後にボケ処理が施されます。

ただ写りは今時としては良くなく作例は省略しました。
(翻訳があるので、そうも行かないのでしょうが)
この程度なら無理して背面を付けず、
顔認証/Web会議用で前面のみにして
コストダウンした方がいいのではないでしょうか。

発熱はベンチマークテスト中も含め試用した範囲では
まったく気にならなりませんでした。
サウンドは、
スピーカーが上側面(Type-Cを下にした場合)にあるため、
上に音が逃げ、
そのままだとボリューム感はそれなりですが迫力不足になります。
横位置時も含め手で覆うと前に音が回るため迫力が増します。
音質はこのクラスとしては良い方でしょう。
設定 > 音 > ドルビーサウンドアプリで
ダイナミック/映画/音楽/カスタムの設定が可能です。

3.5mmジャックの出力をMDR-EX800STで視聴したところ、
音の傾向そのままパワーアップ。
エントリークラスなら十分ではないでしょうか。

以上のように、
カメラは安価なAndroidタブレットとしてありがちなパターンですが、
ほかの部分は上手くまとまっています。
個人的にはスピーカーがステレオならよりベターでした。

素のAndroid 11に加え子供の利用を想定

初期セットアップは、
Wi-Fiに接続後、
Googleアカウントなどは設定せず、
新規として作業しました。
計8画面。
キッズスペース用の確認パネルがあるので1画面多いですが、
独自アカウントなどのパネルもなくサクッと終わります。
認証は顔のみ。
指紋には非対応。
パターン/PIN/パスワード設定後、
登録可能とります。
認証はハイエンドのスマホなどと比べると
少し時間がかかる感じです。

顔を録画

ホーム画面は2画面。
1画面目に同社お馴染みの
info.Boardウィジェットが陣取っている独特のもの。
2画面目はGoogle Pay、
カレンダー、Podcasts、ニュース。
左側の矢印はエンターテイメントスペース。
以前ここはGoogle Newsだったところです。

DockにSupportフォルダ、
Googleフォルダ、Duo、アシスト、
Yahoo!Japan、Chrome、Playストアを配置。
余計なお世話ですが、
初心者向けだと「Support」は
「サポート」の方がいいのではないのでしょうか。

ストレージは128GB中11%が使用済み(若干の画面キャプチャを含む)。
IMEはiWnn IME。
Gboardを使わないのは同社のこだわりか。
クイックアクセス/通知エリア、
ホームの設定/ウィジェット/ 壁紙は従来通り。
ナビゲーションのデフォルトはジャスチャー式です。
基本素のAndroidなので、
操作に戸惑うことはないでしょう。

ホーム画面(1/2)
ホーム画面(2/2)
Supportフォルダ。マニュアル、お客様登録、サービス一覧
エンターテイメントスペース
クイックアクセス/通知エリア(1/2)
クイックアクセス/通知エリア(2/2)
設定 / システム
設定 / ストレージ

インストール済みのアプリは、
「アシスタント」、「オリガミ」、「お客様登録」、「カレンダー」、
「キッズスペース」、「サービス一覧」、「さとふる」、「スプレッドシート」、
「スライド」、「ドキュメント」、「ドライブ」、「ニュース」、
「パスワードマネージャー」、「フォト」、「マップ」、「マニュアル」、
「らびぽパーク」、「音声レコーダー」、「時計」、「設定」、「電卓」、
「翻訳」、「連絡帳」、「Amazon Music」、「Camera Go」、「Chrome」、
「Dolby Atmos」、「Duo」、「Files」、「Fit」、「G CROWN」、「Gmail」、
「Google」、「Google One」、「Google Pay」、「Google Playムービー&TV」、
「Home」、「i-Filter」、「info.Board」、「Jazzles」、「Keepメモ」、「OneNote」、
「Playゲーム」、「Playストア」、「Playブックス」、「PodCasts」、「Travelzoo」、
「U-NEXT」、「Yahoo!Japan」、「YouTube」、「YT Kids」、「YT Music」。

アプリ一覧(1/2)
アプリ一覧(2/2)

本機の特徴としては子供の利用を想定していることで、
Googleのキッズスペースを採用(昨年のモデルでは独自仕様でした)。
アプリとして英語学習用にJazzles、
子供向けプログラミングにオリガミ
(サイトへのリンク)を装備しています。

キッズスペース。別途子供用のGoogleアカウントが必要
Jazzles

パフォーマンスはもう少しほしいが、バッテリ駆動時間は約12時間

ベンチマークテストは簡易式でGeekBench 5.4.1と
Google Octane 2.0の結果を掲載しました。
GeekBench 5.4.1はSingle-core 160、
Multi-core 929、
OpenCLは途中で落ちたので不明。
Google Octane 4,577。

以前掲載したHelio P35搭載の「Xperia Ace II」といい勝負です。
2021年のエントリーモデルならこの程度となるでしょう。
何をしても一呼吸待たされ、
個人的にはせめて各スコア倍程度はほしいところ。
また、
子供用だから遅くても……というのは違って、
逆に反応の速い方が良いと筆者は思います。

バッテリ駆動時間は、
明るさ、音量ともに50%。
Wi-Fi接続でフルHD動画を連続再生したところ
約12時間でバッテリが切れました。
仕様上はWeb閲覧で約13時間なのでテスト内容を考えると妥当。
12時間使えれば特に問題ありません。

GeekBench 5.4.1(Single-core / Multi-core)。160 / 929
Google Octane 2.0は4,577
12時間経過して残1%

以上のようにNEC「LAVIE T8(T0875/CAS)」は、
MediaTek Helio P22T/6GB/128GBを搭載した
8型Android 11搭載タブレットです。
このクラスで6GB/128GBは良い意味で少し珍しい構成となります。
ただベンチマークテストから分かる様に
パフォーマンスはまさにエントリークラス。
普段使いで大丈夫かどうかは個人差によると思われます。

大手メーカー製で、
主に閲覧中心、
手軽に扱える安価な8型を探しているユーザーにマッチする1台と言えます。

まとめ

この記事で紹介されている、
『LAVIE T8(T0875/CAS)』はスペックを見ると
エントリークラスのタブレットのようです。
閲覧中心的な使い方だと十分な端末だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください