4万人に聞いた、スマホキャリア+サブブランド総合満足度は、3位「LINEMO」2位「UQモバイル」1位は?

2021年春頃、
携帯電話キャリア各社が相次いでリリースした新プラン。
8月6日に行われたNTTドコモの決算発表では、
「ahamo」が180万契約を超えたことも明かされたそうです。
では、
現在かなりの勢いを誇るキャリアの新プランを含めて、
ユーザーが最も“満足している”サービスはどこなのでしょうか。

今回は、
話題性だけでなく“満足度”という観点で、
ユーザーが本当に利用すべきサービスを考えていきましょう。

キャリアの各ブランドを満足度で比較調査

さすがドコモ、通信品質はどこにも負けない電波状況。
楽天モバイルが3部門で1位を獲得も、
通信部門では最下位と基地局の整備が急務か(MMD研究所調べ)

キャリア各社の新プランが揃って3月頃にスタートしたことは記憶に新しい。
NTTドコモ・KDDI(au)・ソフトバンクの3社は、
それぞれ「ahamo」、「povo」、「LINEMO」と、
3社ともに月20GBで税込3,000円未満のプランを打ち出し、
“トッピング”や“LINEギガフリー”といった特色で差別化を図りました。
一方、
2020年に新たにキャリア業界へと参入した楽天モバイルは、
既存キャリアとは一線を画す従量制プランで対抗。
「データ1GBまで0円」という思い切った設定で大きな注目を集めました。

通信やITサービスの調査機関・MMD研究所は8月30日、
8月4~6日に18歳~69歳の男女40,000人を対象として実施した
「2021年夏の大手4キャリアの満足度と契約状況調査」の結果を発表。
キャリア4社とキャリアのサブブランド(UQモバイル・ワイモバイル)の
ユーザーがどれだけ満足できているかを調査しました。

「総合満足度」の調査の中で3位となったのは「LINEMO」。
総合満足度を決める4部門のうち「サービス」「通信品質」の2部門では
半分より下の順位と振るわなかったものの、
「顧客サポート」部門で1位を獲得しトップ3に食い込みました。
2位には「UQモバイル」がランクイン。
部門別でも安定的に上位に食い込み、
LINEMOとともに顧客サポートで1位を獲得し大きく順位を伸ばしました。

総合満足度1位は楽天モバイル!

(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com)
楽天モバイルは女優・米倉涼子さん出演のCMでも知られています

そして栄えある総合満足度1位に輝いたのは、
楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」です。
「料金」「サービス」部門でも1位となり、
特に料金部門では2位を圧倒する結果を残しています。
40,000人の対象者から最も選ばれたUN-LIMIT VIは、
まさに「すべての人に最適なワンプラン」
という言葉に偽りなしといったところでしょう。

一方で課題点としては、
やはり通信網への懸念がそのまま表れました。
「通信品質」部門では9サービス中9位と大ブレーキです。
後発サービスのため、
現在もまだ自社回線の基地局整備に追われている状況
これまで夏頃の到達を予測していた
「自社回線エリアの人口カバー率96%」も、
世界的な半導体不足の影響を受けて
「年内の到達」に繰り下げざるを得なくなっているようです。

通信品質で最下位評価だった楽天モバイルですが、
逆に言えば基地局整備が進めば進むほど不満も
解消されていき上がり目となるとも言えます。
総合満足度1位にさらなる上がり目が存在するとなれば、
ライバルたちもうかうかしていられないはずです。
今後楽天モバイルは、
この満足度1位の結果を活かして業界シェアを
さらに拡大していくことはできるでしょうか。
今後の展開にも要注目です。

出典元:大手4キャリア+キャリアサブブランドの総合満足度調査【MMD研究所

引用元:https://otona-life.com/2021/09/01/80651/

まとめ

僕も、楽天モバイルと契約しています。
この記事に書かれている、
調査結果は妥当だと思います。
後は、本当に「通信品質」なんですよ。
楽天モバイルが繋がりやすくなれば、
最強になれるんですけどね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください