Microsoft、ChromebookでのAndroid版Officeアプリのサポート終了 「Office.comに切り替えてください」

米Microsoftは米GoogleのChromebookでの
Android版Officeアプリのサポートを終了したそうです。
Chromebookで例えばMicrosoft WordのAndroidアプリを起動しようとすると、
「このバージョンのOfficeアプリのサポートまたは更新は終了しました。
このデバイスで最高の最新エクスペリエンスを得るには、
Office.comに切り替えてください」というメッセージが表示されます。

ChromebookでAndroid版Wordアプリを起動しようとすると表示されるメッセージ

この画面で「今はしない」をクリックしても、
Office.comに飛ばされ、
MicrosoftアカウントでログインしてWeb版のOfficeを使うよう促されます。

ChromebookではAndroidアプリをインストールして使えるようになっており、
Microsoftは2017年にOfficeアプリもこれに対応させました
すべてのChromebookで使えたわけではありませんが、
本校筆者の「Detachable CM3」では利用できていました。

ChromebookやChrome OSについてのブログメディア
米About Chromebooksは8月25日(現地時間)に公開した記事で、
Microsoftの広報担当者からの
「Chrome OS/Chromebookユーザーの皆様に最適化した体験を提供するために、
Microsoftのアプリは9月18日からOffice.comなどに移行されます」
というメッセージを転載しました。

Microsoftのサポートページでも
「Android版のOffice、Outlook、OneNote、OneDriveなどは、
現在Chromebookではサポートされていません」とあります。

Office.comでもAndroidアプリとほぼ同様のことができますが、
オフラインでの作業はできません。
簡単な操作であればGoogleのDocsやSpreadsheetで
Officeのファイルを開いて編集することはできます。
これらのアプリはオフラインでも利用可能です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

引用元:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2108/26/news116.html

まとめ

この記事によりますと、
Android版のOfficeアプリが9月18日には使えなくなるどうです。
個人的には使っていないアプリですが、
Chromebookには、
『ドキュメント』があるのでこっちの方が相性が良いんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください