Google Playストアが使える“ほぼAndroidタブレット”な10.3型E Ink端末「BOOX Note Air」

Onyx Internationalの「BOOX Note Air」は、
10.3型のE Ink電子ペーパーを搭載したAndroidタブレットです。
Google Playストアにも対応しており、
電子書籍に限らず、
好みのAndroidアプリを自由にインストールして利用できるそうです。

また樹脂製の筐体を採用していた従来のBOOXシリーズと異なり、
金属製の薄型筐体を採用しているほか、
重力センサーの搭載により、
本体の向きに合わせて画面が回転する機構を備えるなど、
通常のE Inkデバイスよりも一般的な液晶タブレットに近い特性を備えています。

今年頭に国内販売が開始されたこの製品、
レビューのタイミングがやや遅くなりましたが、
国内代理店であるSKTから機材を借用できたので、
レビューをお届けします。

金属筐体を採用、厚みわずか5.8mm

読書に対応した10型クラスのE Ink端末はもともと数がなく、
国内で販売されている製品となると、
以前紹介した楽天の「Kobo Elipsa」くらいしか選択肢がありません。
まずはざっと特徴を比較してみましょう。

BOOX Note AirKobo Elipsa
販売元Onyx International楽天
OSAndroid 10独自
CPUクアルコム8コア
(Cortex-A72 + Cortex-A55)
不明
メモリ3GB (LPDDR3)不明
ストレージ32GB (eMMC)約32GB
ディスプレイフラット10.3型Eink
フレキシブルスクリーン
10.3型のCarta E Ink
HD タッチスクリーン
解像度1,872×1,404ドットCarta (227dpi)1,872×1,404ドット(227 ppi)
ネットワークWi-Fi(2.4GHz+5GHz)IEEE 802.11 ac/b/g/n
BluetoothBT 5.0
バッテリー3000mAh Polymer Li-on数週間
端子Type-C(OTGサポート)USB Type-C
ライトフロントライト(寒色及び暖色)ComfortLight (フロントライト内蔵)
サイズ229.4×195.4×5.8mm227.5×193.0×7.6 mm
重量420g383g
実売価格(本稿執筆時点)59,800円46,990円
備考スタイラスペン、
専用保護ケースが付属
スタイラスペン、
専用スリープカバーが付属

画面サイズは10.3型、
解像度も227ppiと、
表示性能はほぼ同等。
筐体の右側だけがベゼルに幅のあるデザインや、
本体の天地を逆にして使えるギミックも酷似していますが、
樹脂製筐体のKoboと違って本製品は金属製の筐体ゆえ剛性は高く、
また手の脂も目立ちにくい特徴があります。

本製品の特徴となるのは筐体の薄さです。
厚さ5.8mmということでiPad Air(6.1mm)よりも薄く、
金属筐体を採用したこのサイズの端末の中では最薄クラスです。
重量は420gと、
E Inkデバイスとしてそれほど軽量ではありませんが、
液晶タブレットと比べると数十g軽く、
手に持って長時間保持することの多い電子書籍利用には適します。

金属製の筐体を採用。片方のベゼルだけが幅のあるデザインで、画面サイズは10.3型
向きを反転させることもできます。
これら特徴は前回紹介した楽天の「Kobo Elipsa」とよく似ています
背面は特に何もありません。
同等製品は上下左右の端が薄くなっている製品もありますが、本製品は厚みはどこも均一
側面にはUSB Type-Cポートと電源ボタンがあります。
また写真に映っていない左側にはスピーカーも搭載します
ベゼルは幅およそ10mmと標準的。画面との間に段差はありません
幅のある側のベゼルは28.5mmあり、手に持つ時に握りやすい
Kobo Elipsa(右)との比較。
同じ10.3型、片側のベゼルだけ幅があるなどデザインは酷似していますが、
本製品のほうが薄く、筐体もまったく別物
10.9型のiPad Air(右)との比較。金属の筐体など、手に持った時の印象はよく似ています
厚みの比較。いずれも左側が本製品(5.8mm)、右上はKobo Elipsa(7.6mm)、右下はiPad Air(6.1mm)
重量は公称420g、実測では411g。
E Inkデバイスとしてはそれほど軽量ではありませんが
同等サイズのタブレットと比較すると軽い部類です

CPUは8コアで、メモリは3GB、ストレージは32GB。
コミックなど容量が大きいコンテンツを保存するにも十分な量ですが、
本製品は読書専用のデバイスではないので、
そうした意味では容量的にやや心もとないです。
メモリカードスロットは非搭載です。

またこれだけの薄型でありながら、
フロントライトも搭載し、
かつ寒色と暖色を切り替えられるのも特徴です。
Kobo Elipsaはフロントライトは寒色のみで暖色に対応しないので、
本製品の強みの1つと言えます。
またE Ink端末としては珍しく、
スピーカーやマイクを搭載しているのも特です。

フロントライトは画面上部のメニューで調整します。これは寒色100%の状態
こちらは暖色100%の状態。実際には寒色と両方点灯させて使うことになります
同梱品。ケーブルのほかスタイラスペンが標準添付されます。
またSKT販売分は保護ケースも付属します

レスポンスは良好、ホームへの移動には「ナビボール」を活用

セットアップはBOOX独自のフローで、
Googleアカウントにログインしないまま基本設定を完了させたのち、
Wi-Fiなどを設定し、
その上で必要に応じGoogleアカウントの設定を行なう流れです。
かなりクセがあるので、
Androidの利用経験がある人ほど、
てこずるかもしれません。
手順は以前の「BOOX Max Lumi」でも紹介しているので、
そちらを参照してください。

参照:https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ebook/1300641.html

画面構成は、
左列にカテゴリのアイコンが並び、
それらをタップすると各カテゴリの詳細が右側に表示されるという、
BOOXおなじみのメニューです。
電子書籍ユースであれば、
ストアを呼び出すには「アプリ」を、
ストアに依存しないPDFを表示するのであれば
「保管庫」から探すことになります。
いったん表示したデータは「書庫」から呼び出せるようになります。

ホーム画面。
左列にカテゴリのアイコンが並び、
それらをタップすると各カテゴリの内容が右側に表示されます。
なお本線品の画面はモノクロですが
スクリーンショットはこのようにカラーになります(以下同様)
「保管庫」はいわゆるエクスプローラで、本体内のファイルを探す時に使います
「アプリ」は、プリインストールアプリのほか、
Google Playストアからインストールしたアプリを表示できます。
電子書籍ユースではここが操作の基点になります
設定画面。マニュアルの参照のほか細かい設定が行なえます。
セットアップ完了後はまずここからWi-Fiおよび
Googleアカウントの設定を行ないます

操作は基本的にタッチスクリーンで行ないます。
本製品はレスポンスも良好で、
サクサクと操作できるためストレスもありませんが、
より快適に使う上で抑えておきたいのが、
このBOOXシリーズ共通のインターフェイスである、
画面の右下に配置されている「ナビボール」です。

これはE Inkのリフレッシュや、
「戻る」、「メモリ解放」、さらには後述の「最適化」
などさまざまなメニューを呼び出せるボタンで、
普段は丸いアイコンとして画面上にフローティング表示されており、
タップしたときだけ展開するので、
読書中も邪魔になりません。

このナビボールはダブルタップすることでホーム画面に戻るので、
実質ホームボタンとしても機能します。
本製品は従来の樹脂製筐体のBOOXシリーズと違い、
画面下に物理ボタンを備えていないため、
これの利用頻度は高くなるはずです。

ナビボール。ふだんはこのように丸いアイコンとして画面隅に待機しています。
ドラッグして場所を動かすこともできます
タップするとメニューが展開します。またダブルタップでホーム画面に戻る機能も備えます

画面の最上部にはWi-Fiのステータスやバッテリ残量、
リフレッシュモード(後述)のアイコンが表示されているほか、
画面上部をタップすることで表示される通知領域からは、
明るさや音量の調整、
さらにリフレッシュ設定なども行なえます。
これらはAndroidの基本的な画面構成と近いので、
操作に迷うことはないでしょう。

利用にあたって注意したいのは、
電源周りの設定です。
本製品はいったんシャットダウンすると再起動に時間がかかるので、
なるべくスリープモードを中心に運用したほうがストレスがないです。

またWi-Fi接続についても、
スリープからの復帰時にすぐ再接続するよう設定しておいたほうが、
電子書籍ストアに接続する場合も長時間待たされずに済みます。
もちろんそのぶんバッテリの消費は早くなるので、
なるべく充電の回数を少なくしたい場合は、
これらの設定をやりくりして最適解を探すことになります。

画面上部をタップすると表示されるメニューからは明るさや音量の調整、
画面の回転、リフレッシュモードの切り替えなどの設定が行なえます
電源管理の画面。
本製品はシャットダウンすると再起動に時間がかかるので
スリープでの運用がおすすめです
アプリの画面。Googleアカウントの設定はここから行ないます。
詳細は以前の「BOOX Max Lumi」のレビューを参照
ジェスチャーマネージャーの設定。
Androidでよくあるホーム/戻るなどの操作のほか、
画面左右を上下にスワイプして
音量やフロントライトの調整を行なう機能も備えます

コミックの見開き用途に最適。画質の調整機能も豊富

では電子書籍ユースでの使い勝手を見ていきましょう。
電子書籍の表示サンプルは、
コミックはうめ著「東京トイボクシーズ 1巻」、
アプリは原則としてKindleストアを使用しています。

本製品は10.3型という大画面ゆえ、
単ページ表示はもちろん、
見開きでの利用も快適です。
ちなみに画面の回転は、
従来と同じ手動回転のほか、
センサーを用いた自動回転にも対応しています。
こうした使い勝手の部分も、
液晶タブレットにかなり近いです。

解像度は227ppiと決して高いわけではありませんが、
実用上問題ないレベル。
見開き表示でも十分なクオリティを確保しており、
後述するリフレッシュモードの設定を間違えなければ、
コミックなども快適に読むことができます。

もとがモノクロゆえ、
雑誌などの表示には適しませんが、
解像度などのクオリティは十分なレベルで、
薄いグレーもざらつきなく表示できます。
上に乗っているテキストが読みにくい場合は、
後述の「ディスプレイコントロール」などを使って
調整するといいでしょう。

単ページ表示。10.3型ということで十分なサイズです。
どちらの手で持つかに合わせて天地を反転させることもできます
見開きでも文庫版程度のページサイズはキープできます。
ベゼルが狭いため握りやすさは縦向き表示に比べていまいちです
7型のKindle Oasis(右)との比較。ページサイズは見開き状態での本製品のほうがわずかに大きい
画面の回転は従来の手動回転に加えて、重力センサーによる自動回転にも対応します
Kobo Elipsa(下)との比較。同じ10.3型で、ページの表示サイズもほぼ同じです
10.9型のiPad Air(下)との比較。本製品のほうがひとまわり小さく表示されます
見開き状態での画質の比較(Kindle Oasisのみ単ページ表示)。
上段左が本製品、右がKobo Elipsa、下段左がiPad Air 4、右がKindle Oasis。
クオリティは十分です

さて本製品は、
上の例で利用しているKindleのように、
Google Playストアから任意のアプリをダウンロードして利用できます。
なかには表示が若干乱れるアプリもありますが、
Android向けの電子書籍ストアアプリであれば、
原則どれも対応しています。

ただしE Inkゆえ、
ストア内でのバナーのスクロールや、
画面が切り替わる時のアニメーション効果が目障りな場合があるほか、
画面が絶えず書き換わる上下スクロールには決して強くありません。
またもともとカラー表示を想定して作られているアプリを
モノクロで表示することから、
エリアの区切りが見づらかったり、
ボタンがうっすらとしか見えないこともあります。

楽天Koboでオプション画面を開いたところ。
画面下部のメニューバーの表示が乱れて中央にタテ一列で表示されています。
こうした表示の不具合は他のアプリでもちらほら見られます
Google Playストアを表示したところ。
本来の画面の上にポップアップで画面が表示されているのですが、
モノクロの画面ゆえ境界が分かりにくいです。
電子書籍アプリでもこうした例はあります

本製品はこうした場合のために、
画質周りの調整機能は豊富に用意されています。
ひとつはリフレッシュ設定で、
4つの中から適切なモードを選択することで、
目障りな動きを緩和できます。
アプリにもよりますが、
電子書籍ユースであれば
「ノーマル」「スピード」のどちらかが適切であることが多い。
以下の動画では挙動の違いを紹介しているので参考にしてください。

リフレッシュ設定の画面。「ノーマル」「スピード」「A2」「X」から適した設定を選びます。
これらによってページめくり時の挙動や、画面の粒子感などが変化します
【動画】Kindleアプリにおける、リフレッシュ設定による動作の違い。
前半が「ノーマル」、後半が「スピード」。
ページめくり時の動きがまったく異なることが分かります

またアプリごとにリフレッシュ設定や背景色の調整を行なえる
「最適化」メニューも活用したいです。
設定はアプリ単位で行なうため、
あるアプリにおける設定が、
ほかのアプリに影響を及ぼすこともありません。
複数の電子書籍ストアを併用するには便利な機能です。

さらに画面全体のコントラストを調整する
「ディスプレイコントロール」を使えば、
ホーム画面まで含めた色調の変更が可能です。
このように、
画質周りの調整機能は豊富に用意されており、
好みに合わせたカスタマイズが可能です。

ただしあまりにも設定のパラメータが多すぎるせいで、
自分の行なったカスタマイズが果たして最適解なのかどうか、
自信を持って「Yes」と言えない弊害もあります。
電子書籍アプリごとのおすすめのプリセットなど、
ある程度の下地になる情報が公開されれば、
ユーザは悩まずに済むようになるかもしれません。

アプリのアイコンを長押しすると「最適化」メニューが呼び出せます
アプリごとに詳細な表示設定が行なえます。この「画面表示」ではDPI設定などが行なえます
こちらにもリフレッシュモードの設定があり、本体側の設定より優先されます
設定内容がわからなくなっていったんリセットしたい場合はこの「その他」から行ないます
画面表示の中にある「背景の希薄化」メニュー。濃度を調整したい時に試してみたいです
画面全体の濃度を調整する「ディスプレイコントロール」は、
ホーム画面上のメニューから呼び出せます

ポテンシャルの高い1台。電子ノート用途も実用的

従来のBOOXシリーズは、
樹脂製の筐体ゆえ剛性はそれほど高くなく、
また外見もややチープな印象がありました。
しかし今回の製品は金属製ということで質感も高く、
剛性も高いです。

それだけに、
ふとしたことで凹んだり、
傷がつかないか心配になることもありますが、
そのスリムさゆえ、
電子書籍を読むための端末としては非常に優秀です。
個人的にはもう少し軽量であればなお良かったですが、
従来モデルのように筐体全体がしなるプラスチック素材よりも、
本製品のほうが使っていて安心感があります。

金属筐体を採用しており薄型ながら高い剛性を備えます

また本稿では紹介していませんが、
電子ノート機能についても、
豊富なテンプレートを備えているほか、
オンラインストレージ経由での外部へのエクスポートも
自由に行なえるなど実用性は高く、
こちらの用途でも注目すべき逸品です。
価格は59,800円と安くはありませんが、
汎用性の高さや機能の豊富さを考慮すると、
むしろ安価に感じられます。

ノート機能は前回紹介した「Kobo Elipsa」よりも充実しています
ベゼルの太い部分に、付属のスタイラスをマグネットで吸着させられます。
スタイラスの着脱と連動して本体がスリープから復帰するギミックも備えます

BOOXシリーズはメモリ2GBまでだとややもっさり、
3GB以上だとサクサクというのが、
過去に複数の製品を試してきた筆者の印象ですが、
本製品は3GBのメモリを搭載しており、
そうした意味でも合格点です。
目の疲れる液晶タブレットではなくE Ink端末が欲しい、
でも汎用性がないのは困る、
そう考えている人におすすめできる、
ポテンシャルの高い1台です。

引用元:https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ebook/1344353.html

まとめ

この記事で紹介している『BOOX Note Air』、良いですね。
E Ink端末は気になっていたので助かります。
スペックと使用感を総合的にみて、59,800円はお得だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください