孫正義氏、全役員の反対を押し切って「Yahoo!BB」を開始した背景

【最後の海賊・連載第2回 後編】
NTTドコモ、KDDI、そして孫正義率いるソフトバンク。
日本の携帯電話市場では
「3メガ」と呼ばれる大手3キャリアがそのブランドを確立しています。
そこに割って入らんとする「楽天モバイル」の新規参入は、
“無謀だ”と思われていたそうです。
しかし、楽天を率いる三木谷浩史は、
タレック・アミンとの出会いをきっかけに大勝負に打って出ました。
そして孫正義にとっても、
ビジネスを発展させていくうえでのキーマンがいました。
週刊ポスト短期集中連載「最後の海賊」、
ジャーナリスト・大西康之氏がレポートします。(文中敬称略)

ソフトバンクにとってアミンと同じ
「イノベーター(革新者)」の役割を果たしたのは
現在ソフトバンク社長の宮川潤一と同社常務の筒井多圭志です。

愛知県犬山市で臨済宗の住職の息子に生まれた宮川は、
後継ぎになることを期待されて花園大学仏教学科に進みました。
ですが1988年に卒業すると、
寺を継ぎたくない一心で犬山市の会計事務所に就職しました。
ここで会計を学びながらゴミ焼却炉の会社を立ち上げますが、
当時、
一部のマニアの間で広がり始めたインターネットに着目し、
1991年に中部地区をサービスエリアとする
インターネット・プロバイダーの「ももたろうインターネット」を立ち上げました。

新しい技術が好きな宮川は当時のインターネットの主流でした
ダイヤルアップ(固定電話の通信網をそのまま使う接続方式)に代わり、
ADSL(非対称デジタル加入者線)という技術を採用しました。
文字通り通信の「往き」と「復(かえ)り」の速度が非対称で、
端末(パソコン)側から見ると、
往きが遅くて復りが速い。
画像のダウンロードなど受信がダイヤルアップの10倍以上になるので、
利用者は「速い!」と感じます。

ただしADSLを使うには通信の基地局と端末を専用の機材につながなくてはなりません。
利用者側は「モデム」が必要です。
プロバイダーとしては、
初期の設備投資がかさむという問題がありました。
このため、
宮川の会社はいつも資金繰りに困っており、
2000年に同じADSL方式のプロバイダー、
東京めたりっく通信との合弁で「名古屋めたりっく通信」を設立しました。

2001年、
この会社を買収しに来たのが孫でした。
一国一城の主でいたかった宮川は二度ほど申し出を断りましたが、
最後は孫の殺し文句にやられました。
『孫正義300年王国への野望』(杉本貴司著)によると、
それはこんな言葉でした。

「君は名古屋で終わる気か?」

孫が「天才」と呼ぶ筒井は、
子供の頃からコンピューターに魅せられ、
高校3年生の時にインテルのICチップを買って自作のパソコンを作りました。
東大工学部に進んでからも実家からの仕送りの大半をパソコン作りに注ぎ込みました。
その後、
京大医学部に転部しましたが、
そこでも大型計算機センターの図書館にこもって
コンピューター関連の本や論文を読み耽りました。

大学4年の在学中にソフトウェアハウスを立ち上げ、
この頃、
最先端と言われていたコンピューターのオペレーティング・システム
(OS=基本ソフト)「UNIX(ユニックス)」に対応したソフトを開発していました。

同じ時期にUNIXに注目し、
この技術に詳しい人間を探していた孫は、
コンピューター雑誌に広告を出していた筒井に目をつけました。
孫の秘書が筒井の会社にいきなり電話をかけてきて
「うちの社長が今度、UNIXの商談でアメリカに行くから、同行してほしい」
と依頼してきました。
これが筒井と孫の出会いです。

その後、
AI(人工知能)に興味を持った筒井は京都大学付属病院医療情報大学院に進み、
同院を中退したあとは、
帝京大学理工学部情報科学科の講師や、
森ビルが経営するアーク都市塾の助教授などをしながら研究に没頭し、
10年ほど孫との連絡は途絶えました。

しかし2000年、
通信事業への参入を決めた孫は「天才・筒井」をソフトバンクに呼び寄せます。

「お前、大学で遊んどるヒマはないぞ」

「ブロードバンド」と呼ばれた高速ネット通信の黎明期、
孫は筒井という天才軍師を手に入れました。
天才はいきなりとんでもない戦略を孫に進言しました。

「どうせADSLをやるのなら、
フルIP(インターネットの通信方式)でいきましょう」

それまでのインターネット通信はATM(非同期転送モード)
という電話の延長線上にある技術を使っていました。
筒井は「フルIPなら通信速度は20倍以上になる」と主張しました。

しかしネット先進国のアメリカでも当時はATMが主流です。
フルIPのインターネット通信など、
世界の誰もやったことがありません。
筒井の話を聞いて目の色が変わったのは孫だけで、
他の役員は「そんなギャンブルをしたら、会社が潰れてしまう」と尻込みしました。
やるべきか、やらざるべきか。
堂々巡りの議論に孫が切れました。

「もういい。俺は筒井と心中する!」

孫は全役員の反対を押し切ってフルIPのADSLサービスを決めました。
「Yahoo!BB」のブランドで世界最速(当時)の
ブロードバンド・サービスを開始しました。
新参者の孫は宮川、
筒井を引き連れて巨艦NTTに挑みかかり、
日本の通信市場を沸騰させました。

あれから20年。
孫は日本の携帯電話市場で「3メガ(三大携帯電話会社)の一角」
という地位を手に入れました。
ソフトバンク・グループの携帯電話子会社ソフトバンクは、
毎年1兆円近い営業利益を稼ぎ出す、
打ち出の小槌です。

今や巨艦となったソフトバンク。
そこに挑む三木谷の楽天モバイルは、
かつて孫が「フルIPのADSL」でNTTを翻弄したように、
「完全仮想化」という新たな技術で3メガを揺るがそうとしています。

テクノロジーによる下剋上。
二人の海賊のぶつかり合いが、
日本の通信市場を再び沸騰させようとしています。

引用元:https://www.moneypost.jp/819447/2/

まとめ

ソフトバンクを使ったことはありませんが、
この記事を読むと孫さんの決断はすごいと思います。
宮川さんや筒井さんとのチームでNTTと戦ったから、
今の3大キャリアがあるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください