三木谷浩史氏が「ファーストペンギン」たる所以 モバイル参入、勝利への道筋

【最後の海賊・連載第2回 前編】
NTTドコモ、KDDI、そして孫正義率いるソフトバンク。
日本の携帯電話市場では「3メガ」と呼ばれる
大手3キャリアがそのブランドを確立しています。
そこに割って入らんとする「楽天モバイル」の新規参入は、
“無謀だ”と思われていたそうです。
しかし、
楽天を率いる三木谷浩史には自信がありました。
大勝負に打って出るきっかけとなったのは、
「ある男」との出会いでした。
週刊ポスト短期集中連載「最後の海賊」、
ジャーナリスト・大西康之氏がレポートします。(文中敬称略)

2018年2月、
楽天グループ会長兼社長の三木谷浩史はスペインのバルセロナにいました。

2年前の2016年、
スーパースター、リオネル・メッシを擁する世界有数のサッカーチーム、
FCバルセロナ(バルサ)のメイン・スポンサーになってから、
三木谷はこの街をよく訪れるようになりましたが、
この日のお目当てはサッカーではありませんでした。

「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」。
毎年この時期にバルセロナで開催される世界最大の携帯電話見本市で、
各国の主要な携帯電話事業者、
機器メーカーが集結します。
楽天がMNO(自前の回線を持つ移動体通信事業者)
として総務省から周波数帯域を割り当てられることが
正式に決まるのは2ヶ月後の4月ですが、
三木谷は携帯分野の知見と人脈を広げるためバルセロナに乗り込みました。

携帯電話会社なら米ベライゾンやスペインのテレフォニカ、
通信機器メーカーならフィンランドのノキアや
中国の華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)、
通信向け半導体メーカーなら米クアルコムやエヌビディア。
広大な会場には世界中の携帯電話関連企業が、
巨大なブースを構え、
競って最先端の技術を展示しています。

三木谷は各社のブースを訪れ、
首脳陣から直接、話を聞きました。
楽天がアポを申し入れると、
ほとんどの会社の首脳陣が時間をくれました。

「ああ、バルサのスポンサーのRakutenか」

通信業界で無名の楽天が各社首脳のアポを取る時に、
バルサのスポンサーとして名前が知られていることは大いに役に立ちました。

今回の視察で三木谷が「どうしても会いたい」とリクエストしていた会社がありました。
インドの新興通信会社、
リライアンス・ジオです。
インド屈指の財閥リライアンス・インダストリーズが
ジオを設立して携帯電話事業に参入したのは2016年。
まっさらの状態からインフラ整備を始めた最後発であるにもかかわらず、
わずか4年で加入者数4億人を超える世界3位にまで駆け上がりました。
その圧倒的なスピード感に三木谷は魅力を感じていました。

ジオのアポイントを取り付けたのは米通信機器大手、
シスコ・システムズの日本法人社長から楽天に移った平井康文です。
面談にこぎつけ、
MWCのシスコのブースで、
バルセロナに来ていたCTO(最高技術責任者)らジオの幹部4、5人と面談しました。

楽天側の関心は最後発のジオがどうやって設備投資額を抑制したかにありました。
この時点で楽天が構築しようとしていたのはNTTドコモなどと同じ、
在来の携帯通信インフラです。
仕組みが同じなら、
ファーウェイなど新興メーカーの機器を使って
個別の機器の値段を安くしていくしかありません。

ジオの幹部は三木谷らの質問に丁寧に答えてくれましたが、
その中に面白いことを言う男がいました。

「固定通信と同じように、
モバイルもやがては仮想化していき、
設備投資は劇的に安くなるはずだ」

目を輝かせて話す男は、
名をタレック・アミンといいました。
MWCの視察を終えて帰国した後、
三木谷が言いました。

「彼の話が一番面白かったな」

スタッフが経歴を調べると、
只者ではないことが分かりました。

父はヨルダン人、母はロシア人。
ヨルダンの首都アンマンで生まれたアミンは
幼い頃からコンピューターにのめり込み、
12歳の時には学校でコンピューター工学を教えていました。
高校を卒業すると米国に留学。
ポートランド州立大学で物理学と電子工学の学位を取得しました。

在学中に半導体大手のインテルから入社の誘いを受けましたが、
1996年に大学を卒業してエンジニアとして就職したのは
米国3位の携帯電話会社のスプリント・ネクステル。
6年後に孫正義のソフトバンクが1兆5700億円で買収する会社です。
数年ずれていれば、
孫の部下になっていたかもしれません。

スプリントを皮切りに米国2位の携帯電話会社AT&Tモバイル、
4位のTモバイルと大手を渡り歩きました。
そして2008年にはファーウェイ米国法人の
カスタマー・ソリューション担当上級副社長に就任します。
米中の通信業界を知り尽くしたアミンに目をつけたのが、
通信事業への進出を目論むインドのリライアンスでした。

「ウチに来れば、君はいつの日か、
自分の息子に『パパは13億人のインド人の生活を変えたんだよ』と自慢できる」

リライアンス会長のムケシュ・アンバーニはビデオ会議で自らアミンを口説きました。
アリババ・グループ創業者のジャック・マーと
「アジア一の富豪」の座を競うアンバーニの言葉に心を動かされたアミンは2013年4月、
技術部門担当の上級副社長としてリライアンス・ジオに移籍。
獅子奮迅の働きを見せ、
ジオをインドナンバーワン、
世界3位の携帯電話会社に押し上げる原動力になりました。

やはりアミンが只者ではないと知った三木谷は言いました。

「平井さん、もう一度、タレックに会ってきてよ」

平井はすぐにインドに飛び、
アミンとランチをともにしました。

バルセロナで会った時は上司の前で遠慮していたのかもしれません。
今度は平井に向かって、
あの時よりはるかに情熱的に仮想化の未来を語りました。
それは長く通信業界に身を置いてきた平井にとって
荒唐無稽に聞こえる内容でしたが、
話の筋道は通っています。
平井は仮想化について熱っぽく語るアミンが、
心の内に何らかのストレスを抱えていることを感じ取りました。

それはバルセロナで会った時、
三木谷や楽天モバイル社長の山田善久も感じたことでした。

「ひょっとしたら引き抜けるかも」

だからこそ、
わざわざ平井がインドまで会いに行ったのです。
平井はやんわり水を向けました。

「ジオで何か不満があるのか」

アミンは正直に答えました。

「ジオは素晴らしい会社だ。
私の提案でWi-Fiネットワークの仮想化にも成功した。
しかし携帯電話ネットワークの仮想化に対しては腰が引けている。
アメリカの一人当たりの携帯電話料金は月額55ドル、
日本は80ドルだが、
インドの人々は1ドルしか払えない。
あの国の13億人に携帯電話を行き渡らせるには
ネットワークの完全仮想化しかない。
それなのに……」

「だったら楽天で思い切りやってみないか」

平井に誘われたアミンはもう一度、
三木谷に会うため日本を訪れる約束をしました。
しかしこの時点でアミンに、
今の厚遇を手放すつもりはありませんでした。
アンバーニに三顧の礼で迎えられたジオでの処遇は悪くありません。

アミンが唱える仮想化には及び腰ですが、
世界の通信大手の中で技術的に最もアグレッシブな
会社であることも疑いはありません。
何より、
楽天という会社については
「バルサのスポンサーをしている日本のIT企業」
程度しか知りませんでした。

東京・二子玉川の楽天本社を訪れたアミンは、
三木谷の前で完全仮想化構想の全貌を披露しました。
それはこんな内容でした。

【1】他の携帯電話会社が使っているようなネットワーク専用の高価な機器は使わず、
ハードウエアは市販のサーバーを使う。

【2】ネットワークのオペレーション(運用)をほぼ自動化し、
自律したシステムを構築する。

【3】何百万、何千万という携帯端末とやり取りする信号を、
巨大なデータセンターを作って一つのクラウドで処理する。

それはかつてインターネットの登場で
コンピューターの常識がひっくり返ったのと同じように、
通信業界の常識を覆すとてつもなく野心的、
かつ冒険的な計画でした。
かつてアミンからこの構想を聞いた通信業界の大物たちは口を揃えてこう言いました。

「面白い話だが、リスクが多すぎる」

三木谷もきっと同じ反応を示すでしょう。
アミンはそう考えながら話していましたが、
今日は相手の反応がいつもと違います。
アミンの話が進むにつれ、
三木谷の目は爛々と輝き出しました。
通信の専門家ではない三木谷にアミンの構想の全てが理解できたわけではありません。
ですが、
三木谷の中に流れる海賊の血が「これはいける」と沸き立っていました。

新しいビジネスを始める時や、
全く新しいテクノロジーに出会った時、
普通の経営者はリスクの大きさや、
失敗した時のダメージを考えて立ち止まる。
「できない理由」を探してしまうのです。

しかし三木谷は違います。
「面白い」と思うと、
英語で書かれた最新の研究論文を読み、
疑問に思ったことはトップレベルの研究者に聞きます。
短期間に猛烈な勢いで知識を吸収し、
成功へのロジックを組み立てます。
その道筋が見えた時、
三木谷の中から恐れが消えます。
あとは思い切って飛び込むだけです。

ベンチャーの世界には「ファーストペンギン」という言葉があります。
ペンギンたちが氷の縁から海をのぞいています。
海の中には美味しそうな魚がいます。
しかし恐ろしいシャチがいるかもしれません。
そんな状況で先頭を切って飛び込む。
それがファーストペンギンです。
他のペンギンたちはその姿を見てようやく海に入り、
おこぼれに与るのです。
ファーストペンギンが現われなかった群れは、
氷の上で腹をすかせたまま全滅してしまいます。

三木谷はアミンの構想に「勝利への道筋」を見ました。
その瞬間、
新しい技術で携帯ネットワークを構築する冒険への恐れは消し飛びました。

「タレック、それで行こう! 楽天にきて、それをやってくれ!」

この時のことをアミンはこう述懐します。

「My idea(私のアイデア)がOur idea(我々のアイデア)になった瞬間だった」

アミンがジオから楽天に移ることを決めたもう一つの理由は、
楽天の社内公用語が英語だったことです。
完全仮想化を実現するため、
アミンは世界各国から優秀なエンジニアを集めました。
53ヶ国から集まった外国籍エンジニアは楽天モバイルの開発部門の9割を占めます。

開発を進めるにあたり大きな決定をする時も英語です。
アミンはコミュニケーションという意味において、
一切のストレスなく完全仮想化の大プロジェクトを推し進めることができました。

引用元:https://www.moneypost.jp/819445

まとめ

僕は楽天モバイルを使っていますが、
この記事に書いてあるような、裏事情は知りませんでした。
三木谷さんの感の鋭さはさすがですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください