SteelSeriesのeスポーツプロ向け無線マウス「Prime Wireless」の“持つと分かる”スゴさ

昨今のeスポーツの盛り上がりを受けて、
各ゲーミングデバイスメーカーからは、
FPSゲームなどで活躍するプロゲーマーの声を取り入れて
デザインされたデバイスが登場しているそうです。

SteelSeriesが7月に国内発売を発表した「Prime」シリーズもまた、
そうした競技シーンを想定したプロ向けのシリーズです。
Primeシリーズは、
100人以上のeスポーツプロ選手の意見を取り入れて
“勝つために設計した競技向けギア”を謳っており、
マウス3モデルとヘッドセット1モデルが今回発表されています。

マウスは「Prime」「Prime+」の有線モデル2つに、
「Prime Wireless」という無線モデル1つの計3種類。
今回、
その中から無線モデルのPrime Wirelessを借りることができました。
同社の競技向けデバイスは一体どんな製品になっているのか、
本製品の特徴などを紹介していきます。

「Prime Wireless」の主なスペック
参考価格1万8480円
センサーSteelSeries TrueMove Air
センサー方式オプティカル
最大解像度(CPI)18000CPI
最大速度400IPS(SteelSeries QcK表面で)
最大加速40G
最大ポーリングレート1000Hz/1ms
筐体メイン素材ABSプラスチック
ボタン数6ボタン
スイッチのタイプPrestige OMメカニカルスイッチ
重量80g
接続2.4GHz/ワイヤレス
バッテリー寿命100時間
サイズ67.9(W)×125.3(D)×42.4(H)mm
OSWindows、Mac、Xbox、Linux

ぱっと見はシンプルだが形状は独特

Prime Wireless

ひと昔前までは、
遅延や接続安定性の面から、
eスポーツ向けのデバイスは有線一択といった意見も多かったですが、
昨今は無線技術の進歩もあってか、
無線のeスポーツ向けモデルも増えています。

今回紹介するPrime Wirelessも、
無線接続のモデルです。
ゲーミングデバイスと言われると、
派手なLEDやゴテゴテした形状を思い浮かべる人も少なくはないと思いますが、
本機の見た目はかなりシンプルになっています。

“プロ向け”を謳うモデルは、
意外にも各社ともシンプルなデザインに落ち着いているものが多いです。
特にFPSなどのゲームジャンルにおいては、
押し間違いの原因になる不要なボタンは極力少ないほうが好まれやすく、
それよりも形状・サイズ・重量・センサー性能など
操作性に影響する部分を突き詰めていった結果、
見た目がシンプルになっている印象です。

Prime WirelessもLEDはホイールの側面だけ、
ボタンも左/右クリックとホイールボタン、
側面の2ボタンと最低限になっています。
ただ、正面から見るとわかりますが、
その形状はやや特殊です。
人差し指側と小指側の高さに極端な差があり、
小指側が大きく下がる形状です。
また、親指を置く側面が深く内側に入り込んでいます。

人差し指側に大きく重心が偏っています
親指部分の凹みが深い。側面ボタンは細め

これにより、
力の入りやすい人差し指と中指、
親指で重さを支えられるようになっているので、
指の力だけでもマウスを持ち上げやすい形状になっています。
ゲーム中、
マウスがマウスパッドの中心から大きくずれてしまった際などは
マウスを持ち上げてポジションをリセットする必要がありますが、
この操作がやりやすいというわけです。

同社によれば、
これは「つかみ持ち」や「つまみ持ち」に最適化されたデザインだといいます。
マウスの持ち方は一般的に3つに分類されますが、
中でも指を立てた持ち方に適した設計になっているということです。

手と指全体がマウスに接しているのがかぶせ持ち。重いマウスも動かしやすい
指先と手の平でマウスを支えるのがつかみ持ち。
指に力を込めやすく、素早いクリックが可能
指先だけでマウスを操作するのがつまみ持ち。
手首を起点に機敏な操作が可能。
マウスが小さいとこの持ち方になりやすい

つかみ持ちやつまみ持ちなどの指を立てた持ち方では、
マウスとの接点が少なく、
指の力だけで重さを支える必要があります。
また、
かぶせ持ちより手が丸まるため、
大きいマウスだと先端に指先が届きづらいです。

そのため、
大きくて重いマウスよりも、
自分の手に対して小さめで軽いマウスのほうが持ちやすいのですが、
このマウスは67.9(W)×125.3(D)×42.4(H)mmと比較的大きめにも関わらず、
こうした持ち方がしやすいのはなかなかの新感覚です。
質感はマットで、
手汗をかいても滑りづらい。

80gと比較的軽い重量も、
指で操作しやすい良いバランスといった感じです。
サイドボタンが小さめに作られているのは、
指先に力が入ってしまっても誤入力しないための作りでしょう。
もちろん、
かぶせ持ちでも持ちにくいということはないのですが、
実際に持ってみるとつかみ持ちやつまみ持ち向けのデザインとされているのも納得です。

クリックボタンは磁石を使った独自スイッチ

また、
「Prestige OMスイッチ」という独自のスイッチを採用した
クリックボダンも本製品の特徴です。
ネオジウム磁石を使ったスイッチにより、
同社によれば1億回クリックしてもクリック感が変わらないといいます。
赤外線を使った光学式のスイッチなので、
応答速度も高速です。

使ってみた感じでは、
スイッチは比較的柔らかく、
深めの押し心地という印象。
ただ、
それほど特徴的なスイッチというわけではないので、
キビキビとした高反発なスイッチが好きという人も
慣れの範囲で問題なく使用できるはずです。

独自の「TrueMove Air」センサーを搭載。
センサー左上のボタンはCPIなどの設定変更ボタン

センサーには、
他社製品も含めゲーミングマウスのセンサーを多く開発している
PixArtと共同開発の独自センサー
「TrueMove Airゲーミングセンサー」を採用しています。
CPIが100~18000、
認識速度は400IPS、
加速度は40Gというスペック。

TrueMoveセンサーは、
チルトトラッキングに対応し、
マウスを持ち上げて傾けて置いた際でも、
正確な操作を可能にしています。
先述したように、
Prime Wirelessは持ち上げやすい形状になっているため、
このセンサーとの相性は良さそうです。

なお、
写真でセンサーの横にあるボタンは設定変更ボタンです。
CPIの数値など最大5つのプリセットをオンボードメモリーに保存でき、
このボタンで切り替えられます。
個人的には、
ゲーム中でも素早く切り替えられるようにマウスの上部に欲しかったところですが、
押し間違いの心配がないのは嬉しいという人もいるでしょう。

USB Type-Cのドングルで接続します

無線接続は専用のUSB Type-Cドングルを使います。
「Quantum 2.0 Wireless」という技術で、
2つのワイヤレスチャンネルを使って接続の安定性を高めているといいます。

手動計測のためあくまで参考値ではありますが、
マウスの反射神経テストを数回行なって
有線マウスとの遅延の差を比べてみたところ、
平均で0.02秒程度Prime Wirelessの方が遅めになりました。
正直、
ほぼ知覚できないレベルで、
実際にゲームをしてみても(筆者のレベルでは)差は感じられません。

それよりも、
操作の邪魔になるケーブルがないことの方が、
ストレスなくゲームをプレイするために
重要だと感じる人は多いのではないでしょうか。
なお、
有線モデルがいいという人は、
前述したようにPrime、
Prime+という2つの有線モデルもあるので、
好みに合わせて選ぶといいでしょう。
これらはセンサー性能と重量が異なっていますが、
形状はほぼ同じです。

そのほか、
バッテリーがフル充電で最大100時間という長寿命なのも嬉しいポイント。
急速充電に対応し、
15分の充電で最大15時間の使用が可能とのことなので、
頻繁に充電が切れて困るといったことは少ないでしょう。
いざという時は充電しながらのプレイも可能です。

充電ケーブルのほか、
USB Type-Aでドングルを接続するための
ドングルエクステンダーも同梱されています

「SteelSeries GG」で細かいカスタムも

SteelSeries GGで各種設定が可能

Prime Wirelessは、
統合ユーティリティーの「SteelSeries GG」を使って、
CPIやポーリングレート、
ボタンの機能割り当て、
LEDのライティング、
マクロなどをカスタマイズすることも可能です。

LEDやマクロの設定など、他社のユーティリティーでも一般的な機能は一通り搭載しています

さらに、加速時、
減速時のマウスを動かしたスピードによってカーソルが移動する距離を調節したり、
マウスの動きを直線に補正するアングルスナップの設定も可能です。
FPSゲームで使う人は少なめな印象ですが、
用途によって調整してみるといいでしょう。

加速/減速時の感度の細かい設定や、
アングルスナップ(直線補正)の設定など、
カスタムできるオプションが豊富なのも特徴

LEDをオフにしてポーリングレートを125Hzに固定する
「高エフィエシェンシーモード」や、
操作時にLEDを消灯する「イルミネーションスマートモード」など、
バッテリー寿命を延ばす機能のオン/オフもここで切り替えが可能です。

持ち方にこだわりがある人は要チェック

PCの操作において、
マウスは特に重要なデバイスです。
ことゲーミングにおいては、
素早く繊細な操作を求められる部分が多く、
製品選びには妥協はしたくないところ。
一方で、
大きさや重さ、形状、ボタン数やセンサーのスペックなど、
人によって合うか合わないかが異なるため、
最適なモデルを選ぶのが難しいデバイスでもあります。

万人向けを目指して汎用的な形状と高性能さを追求するのもいいですが、
今回のPrime Wirelessは、
“つかみ/つまみ持ち向けの大型マウス”
という的を絞ったコンセプトで開発されているので、
特徴がはっきりしているのが面白い。
見た目はシンプルですが、
使ってみると良さがわかるオススメの製品です。

■関連サイト

引用元:https://ascii.jp/elem/000/004/065/4065692/

まとめ

ゲーミングマウスはキラキラでゴテゴテのイメージがありましたが、
この記事に書いてあるゲーミングマウスはとてもシンプルです。
デザインもいいですし機能も優れているので、
マウスを探している人にオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください