世界の5Gユーザー、21年末には5億人超に Ericsson

エリクソン・ジャパンは2021年7月13日に記者説明会を開催し、
同年6月に発行した、
世界の移動通信市場のトレンドに関する最新調査報告書
エリクソンモビリティレポート」最新版の概要について説明したそうです。

4G当時より早い5G加入契約ペース

同レポートによると、
5G(第5世代移動通信)は現状、
商用ネットワークが世界で169(2021年6月時点)あり、
世界の人口カバレッジは25%(2021年4月時点)にまで拡大しているといいます。
また、韓国では2021年3月時点で、
5Gによる月間データ利用量は26ギガバイト(GB)で、
全トラフィックにおける5Gの割合は50%を占める状況になっています。

5G対応デバイスによる5G加入契約数は、
2021年第1四半期中に7000万件増加し、
約2億9000万件に到達。
2021年末までに5億8000万件近くにまで拡大。
2022年にも10億件に到達する見込みだといい、
エリクソン・ジャパンのCTO(最高技術責任者)を務める藤岡雅宣氏は、
「4Gより2年ほどペースが早い」と説明しました。

この要因としては、
既に300機種以上の5Gスマートフォンがリリースされるなど
複数のベンダーがタイムリーに対応デバイスを準備し、
価格も下がってきたことが大きいとしたほか、
NSA(Non Stand Alone)方式による迅速なエリア拡大や、
固定無線アクセス(FWA)サービスの増加などを挙げています。
同社の予測では、
2026年には世界の全モバイル加入契約の約40%となる35億件にまで伸びる見込みといいます。

方式別の世界のモバイル加入数推移 出典:エリクソン・ジャパン

世界の総モバイルデータトラフィック(FWAを含める)は、
2020年末時点で58エクサバイト(EB)でしたが、
2026年には300EBを超えることが予測されています。

そのけん引役であるスマホ1台当たりの世界の月間平均使用量は現在10GBを超えていますが、
2026年末までには35GBに達する見込みです。
地域別では北米が48GB、
西欧が47GBなど、
「需要が大きい地域では伸びが激しい」(藤原氏)。
これらの地域では、
スマホに精通した消費者ベースと豊富な動画アプリケーションが
大型データプランと組み合わされることで、
トラフィック量が短期的に大幅に増加するうえ、
AR(拡張現実)やVR(仮想現実)を活用した没入感のある消費者サービス導入などで、
長期的にもより一層の高い伸びをみせる、
と予測しています。

スマートフォン1台当たりの地域別データ利用量の推移 出典:エリクソン・ジャパン

GCC諸国の5G加入率が急加速

モバイル加入契約における5G契約の割合を地域別にみると、
2020年時点では韓国、
中国そして日本を含む北東アジアが最も高い9%となっています。
ただ、
2026年には北東アジアは65%なのに対して、
北米が84%、西欧が69%となるほか、
湾岸協力会議(GCC:Gulf Cooperation Council)諸国*)
73%と急速に拡大する見込みだといいます。

*)GCC諸国:
サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、オマール、カタール、クウェート

同社は、このGCC諸国に関して、
「世界で最も先進的なICT市場の1つ」と説明しています。
GCCの通信事業者は、
世界で最初に5Gの商用運用を開始した事業者の一部といい、
2019年には加盟国の大部分で商用サービスが利用可能となっています。
2020年末時点でスマホ普及率は82%と北東アジアに次いで2位、
スマホ1台あたりの月間データトラフィックは2020年末には18GBを超え、
世界最高の水準に達しています。

CGCの5Gモバイル加入契約数は2026年末までに6200万件に達すると予測されており、
同社は、
「GCC諸国の経済は原油と関連サービスに大きく依存してきたが、
原油価格の不安定さと石油最盛期を過ぎたという認識から、
近年、
政府は経済を多様化させ原油への依存度を引き下げることに注力している。
その結果、
技術革新を促進するために政府がデジタルイニシアチブの普及を後押ししている」
と説明しています。

なお、
中東および北アフリカ地域の主要な数値からGCC諸国の統計を分離するのは、
今回のモビリティレポートが初となります。

5Gで加速するFWAサービス

FWAについては、
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによって、
高速かつ高信頼の家庭用ブロードバンド接続の重要性、
ニーズが高まったことなどを背景に加入数が増加。
5Gの普及に合わせ、
さらに拡大していく見込みです。

同社によると、
FWAサービスを提供する事業者は2018年から2年足らずで倍増し、
2021年4月時点で224社と既に世界の通信事業者の70%以上がFWAサービスを提供。
さらに、
5Gを提供する事業者に限ってみると
87%が4Gや5GのFWAサービスを提供しているといいます。

FWAサービス拡大の要因としては、
パンデミックによる影響や各国の普及に向けた各種プログラムや助成金の他、
より広帯域の周波数割り当てと技術進歩による容量の増加によって、
DSLやケーブル、
ファイバーなどの固定サービスと比較して、
FWAがますますコスト効率の良い選択肢になっていることが挙げられます。
また、藤岡氏は、同社が2020年12月、
Telecom Italia Mobile(TIM)、
Qualcommとともに行った試験で、
26GHzミリ波周波数で6.5kmの長距離で通信し、
1Gビット/秒の速度を実現したことなど、
技術革新の影響にも言及していました。

こうした背景から、
FWA接続数は2026年末までに1億8000万を超え、
約6億5000万人が利用する見込みです。
そのうち40%にあたる7000万が5G FWAとなる見込みだといいます。

FWAデータトラフィックは、
2020年末までに全世界の
モバイルネットワークデータトラフィックの約15%を占めており、
2026年には月間764EBと全世界の
モバイルネットワークデータトラフィック全体の20%を占めると予測されています。

スマホ出荷台数は、半導体不足を乗り切り前年比7%増に

5Gデバイスのエコシステムについても、
藤原氏は、
「急速に拡大し続けており、
これまでのセルラー技術の世代の発展を凌駕(りょうが)している」
と説明しています。
同氏は、
300機種以上の5Gスマホが商品化されていることや
それに合わせて価格も下がり続けていること、
半導体不足の影響もうまく乗り切り
2021年のスマホ出荷台数が前年比7%増の見込みであることを説明。

また、2021年後半には、
ネットワークやデバイスに商用の
5GネイティブVoNR(Voice over New Radio)サービスが導入され、
チップセットレベルでSAモードのミリ波対応が追加される見込みといいます。
さらに、
キャリアアグリゲーション(CA)の展開や、
NR CA機能保有チップセットとデバイスが
2021年第2四半期から利用可能になったことなどにも言及しました。

5Gデバイスエコシステムの拡大について 出典:エリクソン・ジャパン

5Gの人口カバレッジは、
2020年末の時点では15%だったのが、
2021年には25%となり、
2026年までには60%に達する見込みで、
「5Gは史上最も速く展開が進む移動通信技術だ」といいます。

5Gの人口カバレッジ予測 出典:エリクソン・ジャパン

5Gをカバレッジの構築は、
「6GHz以下(サブ6)の新規周波数帯域」
「ミリ波周波数帯域」
「既存の4G帯域の置換」と大きく3つの展開方法に分けられます。
藤原氏は、
「米国は3つ全てで5G化を進めるが、
欧州は既存4G帯域の5G化がメイン、
中国、韓国は新規周波数帯域だけで大きな自己カバレッジを賄う、
といように、国ごとにかなり差がある」と説明しました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

引用元:https://eetimes.itmedia.co.jp/ee/articles/2107/15/news060.html

まとめ

日本の5Gはまだまだ普及が進んでいませんが、
世界を見ると普及している地域としていない地域があるんですね。
日本も早く普及して、快適な通信をしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください