Google Pixel 6シリーズのカメラセンサーと5GモデムはSamsung製か

XDA Developersが、
Google Pixel 6シリーズのイメージセンサーと
5GモデムはSamsung製であることを示す文字列が、
Android 12 ベータ4から確認されたと伝えたそうです。

5,000万画素広角カメラを搭載か

XDA Developersによれば、
Android 12 ベータ4を解析した結果、
Google Pixel 6シリーズには
5,000万画素 ISOCELL GN1イメージセンサー」と
「Exynos 5123モデム」が搭載される可能性が
高いことが明らかになりました。。
 
これは、
カメラアプリのAPK(Android Application Package)に
含まれるライブラリの中に、
「gn1_wide_p21」という文字列が含まれていることから推察された情報です。
 
XDA Developersによれば、
この文字列の「p21」はGoogleの2021年発売の
Pixel Phone(Google Pixel 6シリーズ)で、
「wide」が広角カメラを、
「gn1」がSamsungの5,000万画素 ISOCELL GN1イメージセンサーを
表しているとのことです。

5Gサブ6GHzとミリ波に対応するモデム搭載?

また、
別のAPKを解析した結果「g5123b」という文字列が発見されています。
 
「g5123b」は、
「Oriole(Google Pixel 6)」、「Raven(Google Pixel 6 pro)」
「Passport(折りたたみGoogle Pixel 6)」、
「Slider(画面巻き取り型Google Pixelか)」、
そして「未知の5番目の製品」に関連付けられているようです。

XDA Developersは、
「g5123b」はSamsungのExynos 5123モデムをベースに開発された、
Google Pixelシリーズ用のモデムだろうと推察しています。
 
同メディアによれば、
Exynos 5123モデムはGalaxy S20シリーズに搭載されており、
5Gサブ6GHzとミリ波に対応しているとのことです。
 
Google Pixel 6シリーズが搭載する
独自開発のシステム・オン・チップである「Tensor」も、
Samsung製だと報じられています。
 
 
Source:XDA Developers
Photo:Made By Google(@madebygoogle)/Twitter

引用元:https://iphone-mania.jp/news-389547/

まとめ

この記事によりますと、Pixel6の詳細が少し判明されました。
イメージセンサーと5GモデムはSamsung製になるそうです。
5Gサブ6GHzとミリ波にも対応するそうなので、
ここにも注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください