Appleは5G対応端末向けに「Wi-Fiよりも5Gを優先する機能」を実装、テストツールの配信もスタート

Appleは2021年6月に開催したWWDC 2021の中で、
Wi-Fiよりも5G接続を優先する機能を発表したそうです。
現地時間の2021年8月11日(水)から、
新たにこの機能をテストするための開発者向けツールの配信がスタートしています。

Apple releases new tool to test iOS feature that prioritizes 5G over Wi-Fi – 9to5Mac
https://9to5mac.com/2021/08/11/apple-releases-new-developer-tool-to-test-ios-15-feature-that-prioritizes-5g-over-wi-fi/

iOS 15およびiPadOS 15では、
iPhone 12や2021年モデルのiPad Proなどの5G対応端末向けに、
「接続しているWi-Fiネットワークの速度が遅い」
キャプティブWi-Fiネットワークである」
「安全でないWi-Fiネットワークに接続している」
といった場合に、
Wi-Fiよりも5G接続を優先するという機能が搭載されます。
また、
AppleによるとほとんどのネイティブiOSアプリが
5G接続時に高速に動作するように最適化されているため、
アプリ開発者には
「サードパーティー製アプリでも5G接続時に高速に動作するようにアプリを開発すること」
が推奨されているそうです。

iOS 15はベータ5版が2021年8月11日(水)にリリースされたばかりですが、
この中でAppleはiPhoneまたはiPadが常に5G接続を優先するようにする
新しいツールをリリースしました。
このツールは5G対応端末が5G接続した際の動作をテストする必要がある
開発者向けに設計されたもので、
「iOS 15の正式版が登場した際に『5G優先機能』を利用しても、
サードパーティーアプリが正常に動作するかどうか」
を確かめるための開発者向けツールというわけです。

このツールはiOS 15ベータ4以降を実行している5G対応のiPhoneおよび、
iPadOS 15ベータ4以降を実行している2021年モデルのiPad Proにインストールできます。
なお、
ツールはApple Developerウェブサイトからダウンロード可能で、
「5G Preferred Over Wi-Fi profile」という名称のプロファイルとして配布されています。

引用元:https://gigazine.net/news/20210812-tool-ios-prioritizes-5g-wi-fi/

まとめ

この記事によりますと、
iPhoneやiPadが自然と5Gに馴染むような感じになるそうです。
Wi-Fiよりも5Gを優先させる機能が追加されると、
常に速い通信環境を保てることになりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください