折り畳み型スマートフォン市場、2023年に10倍の出荷量に伸びる可能性

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ
(英文名: Counterpoint Technology Market Research 以下、カウンターポイント社)は、
2021年の折り畳み型スマートフォンの出荷量は900万台前後にとどまる見通しですが、
2020年と比較して3倍の伸びを見せており、
2023年には市場は10倍の出荷台数に伸びる可能性があるという調査結果を含む
Foldable Smartphone Shipment Forecastサービスによる最新調査を発表致しました。
2021年の折り畳み型スマートフォン市場において、
Samsungは88%を超えるシェアで市場を独占しており、
2023年には、
他のメーカーも参入する可能性もありますが、
Samsungは引き続き75%前後のシェアで市場を独占するとみられています。
そのSamsungは、
次世代の折り畳み型スマートフォンを、
2021年8月11日のバーチャルイベントで発表する予定で、
折り畳み型スマートフォン市場は未だにニッチですが、
デザイン、ハードの改良、競争力ある価格によって、
Samsungの折り畳み型スマートフォンは
2021年に大きく伸びるだろうと私たちは予測しています。

もしAppleが予定通りに折り畳み型スマートフォンを2023年に発売すれば、
それが、
折り畳み型スマートフォンが市場のメインストリームになる変曲点になる以上に、
部品の歩留まりや数量の面において、
サプライチェーン全体にとって良い動きとなると考えられます。

図1: 折り畳み型スマートフォングローバル市場の成長予測
出典:カウンターポイント社
Foldable Smartphone Shipment Forecast, July 2021

前身機より大幅な改良が入ると予想される
Samsung Galaxy折り畳み型スマートフォン次機種への期待は高く、
「新しい折り畳みフリップ型スマートフォンでの大幅な値下げ、
デザインの洗練、全体の見栄えの改良で、
Samsungは若い顧客を狙ってくるでしょう。
新型のGalaxy ZはS Penもサポートしており、
既存のNoteユーザーも取り込みやすい。」と、
カウンターポイント社で折り畳み型スマートフォンの調査責任を務める
シニアアナリストのJene Park氏は語っています。

Samsungにとって中国の高級機市場は特に関心が高い市場で、
Park氏はこの点に関して次の通り付け加えています。
「シェアは微々たるものとはいえ、
SamsungはHuaweiの抜けた跡地を獲得できるはずで、
そうすれば折り畳み型スマートフォン新製品の全体における
出荷台数や売上高に貢献するでしょう。」

米国スマートフォン市場では、
AppleとSamsungが高級機セグメントを寡占しているとはいえ、
折り畳み型スマートフォンは、
月々払いの料金プランで考えても、
かなり高価な部類に入ります。
カウンターポイント社で北米市場を担当するシニアアナリストの
Maurice Klaehne氏は次の通り述べています。
「Samsungの折り畳み型スマートフォンがもっと手ごろな価格になれば、
買いたくなるユーザーが出てくるでしょう。
特に、Sシリーズのplusやultraバージョンのサイズを好むユーザーや、
Noteのユーザーがそれに該当します。
フリップ形がultraバージョンと同程度の価格帯になれば、
将来これを選択する人が増えるでしょう。」

Samsungのモバイル・コミュニケーション事業プレジデントのTM Roh氏は、
新しいGalaxy Zシリーズに関して、
「技術の粋を集めたカメラ、
躍動的で没入感のあるビジュアル体験、
長時間バッテリー、そして強固なセキュリティ」
を重視するとアナウンスしています。
また、同氏は、
今度のZシリーズ折り畳み型スマートフォンはS Penもサポートし、
ディスプレイの新たなイノベーションを提供する、
と述べています。
Samsungはビジネスユーザーやプロ並みの作業をするコンシューマー
(プロシューマ―)にアピールしようとしているため、
大きなキャンバスで作業できるこの機種をクリエイティブな作業に
最適なツールと位置付けることは理に適っていると言えます。

【カウンターポイント社概要】
Counterpoint Technology Market ResearchはTMT
(テクノロジー・メディア・通信)業界に特化した国際的な調査会社です。
主要なテクノロジー企業や金融系の会社に、
月報、個別プロジェクト、
およびモバイルとハイテク市場についての詳細な分析を提供しています。
主なアナリストは業界のエキスパートで、
平均13年以上の経験をハイテク業界で積んだ経験を持ちます。
公式ウェブサイト: https://www.counterpointresearch.com/

引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000111.000033140.html

まとめ

この記事にも書いてあるとおり、
折りたたみスマホはまだまだ高いです。
ですので、たくさん量産して安くなれば嬉しいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください