楽天モバイルら4社、新潟県が公募した「5Gソリューション開発促進事業」に採択される

楽天モバイル、エスイノベーション、
meleap、トップカルチャーの4社は8月10日、
新潟県が公募した「5Gソリューション開発促進事業」に
採択されたことを発表したそうです。

この事業では、
「ウィズコロナ」「アフターコロナ」を見据えて、
5Gを活用した非対面/非接触型ビジネスモデルの
普及/転換を促すためのサービスや技術、製品、
商品の開発などを支援します。
先述の4社はコンソーシアム(企業連合)を結成した上でこの事業の応募し、
採択されたといいます。

ARスポーツ「HADO」のイメージ

4社は5G技術を活用したARスポーツ「HADO(ハドー)」の試合映像配信や、
新たな観戦体験の提供を目指すといいます。
具体的には、
トップカルチャーが運営する新潟県の一部の「蔦屋書店」などに
「競技場スペース」を設けてHADOを開催し、
その模様を遠隔地でも観戦できるようにするといいます。
meleapはHADOの競技システムと観戦者応援システムの開発、
楽天モバイルは試合映像の配信などに活用する5G環境や技術知見を提供し、
エスイノベーションはプロジェクト全体のディレクションとプロモーションを担当します。

HADOは頭にヘッドマウントディスプレイ、
腕にアームセンサーを装着して技を放つARスポーツ。
3対3のチームに分かれ、
エナジーボールやシールドなどの技を駆使しながら
80秒間の試合時間で点数を取り合うというものです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

引用元:https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2108/10/news125.html

まとめ

この記事に書かれている、
新しいARスポーツ『HADO(ハドー)』面白そうですね。
イメージを見るとこれまた未来的でかっこいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください