ソニーがPS5の販売目標2200万台は達成可能であると話す

ソニーは世界的な半導体不足が続くなか、
今年度末までにPS5を2200万台以上販売する
という目標を達成するために必要な部品を確保したと発表したそうです。

ソニーのCFOである十時裕樹が業績説明会で、
半導体を確保するために「さまざまな手段」を講じ、
その成果が出ているようだと説明しました。
PS5につきましては、今年の販売台数目標が定まっており、
それを達成するために必要な数の半導体を確保いたしました。
半導体の供給に関しては心配しておりません」

ソニーはこれまで、
2021年度(2021年4月から2022年3月まで)におけるPS5の販売目標は1480万台
としていました。
第1四半期に230万台を販売した後、
今年さらに1250万台を製造・販売する必要があり、
この目標を達成すれば発売以降2260万台を販売したことになります。
ソニーは2022年度中に初代PlayStationの年間販売台数2260万台を超えたいと考えていますが、
この大きな目標に対する供給計画については明かされていません。

競合企業もほかのテクノロジー企業
半導体が不足し供給が制約されていると明かしているなか、
今年の販売が計画どおりに進めばソニーにとって大きな成功となります。
ソニーが「PS5の在庫不足は来年まで続く」と予想したのはわずか3カ月前のことですが、
ジム・ライアンが約束した増産に対する努力が実を結んだようです。
もちろん、
引き続き需要が供給を上回る可能性はありますが、
少なくとも今後数カ月でその問題は緩和されるはずです。

※本記事はIGNの英語記事にもとづいて作成されています。

引用元:https://jp.ign.com/ps5/53723/news/ps52200

まとめ

まだ買えていません・・・
早くプレイしたいのに、
供給が間に合っていないので我慢している今日このごろ。
ですがこの記事によりますと、
数カ月後には、
市場に出る数が増えるそうなので期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください