Google、初オリジナルモバイルSoC「Google Tensor」発表 「Pixel 6」に搭載

米Googleは8月2日(現地時間)、
次期フラグシップスマートフォン「Pixel 6/6 Pro」を今秋発売すると発表しました。
うわさ通り、
オリジナルのSoC(システムオンチップ)「Google Tensor」を搭載するそうです。

デバイス&サービス担当上級副社長のリック・オステルロー氏は公式ブログで、
「AIこそがわれわれのイノベーションの未来ですが、
(従来のプロセッサでは)コンピューティングの限界に直面しました。
そこで、革新的なAIとMLを提供できる
モバイル向けのテクノロジープラットフォームの構築に着手しました」
と語りました。

「Google Tensor」はGoogle初のモバイル向けSoC

Googleは2016年に機械学習向けプロセッサ「Tensor Processing Unit(TPU)」を発表しており、
主にデータセンターのサーバで採用してきました。
Google Tensorには、
モバイル向けに最適化したTPUが搭載されるようです。
スンダー・ピチャイCEOは自身のTwitterアカウントで
「Tensorチップをクリップサイズまで小型化するのに4年かかった!
(中略)TensorはPixel史上最大のイノベーションだ」とツイートしました。

オステルロー氏は米The Vergeに対し、
「他のSoCと同様に、
多くの技術はライセンスしています
(サードパーティー製のCPUやGPUを採用しているという意味)が、
設計はオリジナルであり、
機械学習とAI強化を目的として特別に設計しました」と語りました。
TPUにより、
例えばカメラ関連の新機能が追加され、
従来の機能がより高性能になるといいます。

また、
Google Tensorにはセキュリティチップ「Titan M2」も組み込まれます。
Titanのセキュリティチップは「Pixel 3」から搭載しており、
M2はその最新版。
「TensorとTitan M2により、
Pixel 6は最も多くのハードウェアセキュリティレイヤーを備える
スマートフォンになりました」としています。

Googleは例年、
5月の「Google I/O」で次期Android OSの機能を紹介し、
9月か10月の「Made by Google」イベントで次期Pixelのフラグシップ端末を発表してきました。
Pixel 6シリーズについても、
スペックの詳細は秋までおあずけのようです。
現在分かっている主なスペックは以下の通り。
多くはGoogleがThe Vergeに独占的に紹介したものです。

Pixel 6 ProとPixel 6の違いは、
まずディスプレイが、
前者は6.7インチQHD+(リフレッシュレート120Hzで画面の端がややカーブしています)、
後者は6.4インチFHD+(リフレッシュレートは90Hzで完全にフラット)。
また、背面カメラが前者は広角のメイン、超広角、テレフォトの4倍広角ズームの3台、
後者は4倍広角ズーム抜きの2台。
本体カラーの展開も違います。

左の3台がPixel 6 Pro、右の3台がPixel 6

共通のスペックは、
前面カメラはディスプレイの上部中央(Pixel 5は左上でした)、
指紋センサーはディスプレイ内に埋め込まれています(Pixel 5は背面でした)。
背面の特徴的な凸部分をGoogleは「カメラバー」と呼んでおり、
オステルロー氏は
「センサーやレンズが高度になりすぎ、
もう従来の四角い枠内には収まらなくなったので、
カメラバーデザインにしました」と語りました。

カメラバー

先代のPixel 5はハイエンドとは言えないスペックでしたが、
オステルロー氏はThe Vergeに対し
「これまでのわれわれの端末は、
超ハイエンドではなかったことを認めます。
(Pixel 6は)われわれの初の超ハイエンド端末です」と語りました。

価格はまだ不明ですが、
超ハイエンドになりそうです。

なお、
Pixelの廉価モデル「Pixel 5a」についてはまだ発表されていません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

引用元:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2108/03/news065.html

まとめ

ついに来ましたね、最新のPixelシリーズ!
Pixelシリーズは、いち早く最新のAndroid OSが使えるのが特徴です。
発売は今秋になりそうなので、今から楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください