Android 13、コードネームは「Tiramisu」?2022年投入予定

2022年の投入が見込まれる米Googleの
次期モバイル向けOS「Android 13」のコードネームが
「Tiramisu(ティラミス)」になるとの予測が、
SNSにて伝えられています。

今回の情報は、
Android OSの開発プロジェクト「AOSP」へのコミットから見つかったものです。
これまでは「Android T」と呼ばれていた次期バージョンのコードネームが
「Tiramisu」へと変更されていることを、
海外開発者のChirayu Desaiさんをはじめとした
複数のユーザーが目ざとく発見しています。

Android 6のMarshmallow(マシュマロ)、
Android 7のNougat(ヌガー)…などなど、
過去のAndroid OSにはお菓子の名前がコードネームとして採用されてきました。
Android 10からはコードネームの公開が終了していましたが、
実は内部的には10に「Quince Tart」、
11に「Red Velvet Cake」といった名前が割り当てられていることが知られています。

また、
今秋に正式リリースされる
Android 12のコードネームは「Snow Cone(かき氷)」
になるとの情報も伝えられました。

まだAndroid 13の影も形もないうちからそのコードネームとは少々気が早い気もしますが、
今後もAndroid OSのコードネームにお菓子の名前が使われるのは
継続されることになりそうです。

Source: AOSP

Via: ,Mishaal Rahman (Twitter)9to5Google

引用元:https://japanese.engadget.com/android-13-tiramisu-023016442.html

まとめ

毎回楽しみにしている新しいAndroid OS。
お菓子の名前がついているのが、可愛らしいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください