アニメ「風都探偵」イメージボードが公開! 制作は「ウマ娘 Season 2」スタジオKAIが担当

『仮面ライダーW(ダブル)』のその後を描くマンガを原作とするアニメ『風都探偵』より、
作品イメージボードが公開されたそうです。
さらに、
アニメーション制作を『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』や
『スーパーカブ』のアニメスタジオ・スタジオKAIが手掛けることも分かりました。

『風都探偵』の原作は、
左翔太郎役・桐山漣とフィリップ役・菅田将暉のW主演による
ハードボイルドな探偵バディドラマとして好評を博した、
2009年放送の平成仮面ライダーシリーズ第11作『仮面ライダーW』の正統続編にあたるマンガです。
“バディ探偵”左翔太郎&フィリップをはじめとするお馴染みのメンバーに謎の美女・ときめが加わり、
風の街・風都で巻き起こる新たな怪事件に立ち向かう仮面ライダーWの活躍が描かれています。

このたび公開されたイメージボードは、
マンガ『風都探偵』第1話の扉絵と同じく、
本作の舞台となる風都の町と、
それを見下ろしながら佇む主人公・左翔太郎を描いたもの。
『仮面ライダーW』のテーマカラーである、
パープルとグリーンで彩られています。

また、
本作の制作を担当するのは、
『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』や『スーパーカブ』を手掛け、
作画に定評のある新進気鋭のアニメ制作スタジオ・スタジオKAIに決定しました。

スタジオKAIからは、
「仮面ライダー50周年記念作品であり、
大人気連載中のマンガ『風都探偵』のアニメ化制作に携われることを大変光栄に思います。
本作の魅力をあますことなくお届けし、
世界中の仮面ライダーファンの方々の期待に応えられるようスタッフ一同、
全力を尽くします」とのコメントが到着しています。

アニメ『風都探偵』は2022年に配信予定。
『仮面ライダーW』およびマンガ『風都探偵』で描かれた、
緻密な設定や世界観を引き継いだ本作に期待が膨らむ。

アニメ『風都探偵』
原作 石ノ森章太郎
「仮面ライダーW」石森プロ・東映
「風都探偵」脚本:三条陸、作画:佐藤まさき、クリーチャーデザイン:寺田克也
/石森プロ・東映(小学館発行週刊ビッグコミックスピリッツ連載中)

(C)2022「風都探偵」製作委員会

引用元:https://animeanime.jp/article/2021/08/03/62982.html

まとめ

仮面ライダーW懐かしいですね。
僕も見ていましたよ!
その続編の、『風都探偵』がついにアニメ化。
嬉しいですね!今からワクワクが止まりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください