Androidスマホのバイブ機能が改善?QualcommとLofeltの提携で

スマートフォンに搭載された
バイブレーターによるフィードバック(触覚フィードバック)は、
スマートフォンが正しく入力を受け取ったかどうかを知ったり、
着信や通知を受け取ったことを知ったりするための重要な機能の1つです。
しかしながら、
AppleのiPhoneに比べて
Androidスマートフォンの触覚フィードバック機能は
質の面で劣っているものが多いのが実情といえます。
そんな状況がQualcommとLofeltの提携によって変わるかもしれません。

iPhoneのTaptic Engineに太刀打ちできなかったAndroidスマートフォン

AppleのiPhoneにはTaptic Engineと呼ばれる
触覚フィードバック用の部品が組み込まれています
これにより、
ユーザーの邪魔にならないのに確実に伝わり、
かつ心地よいフィードバックを実現しています。
 
これに対し、
Androidスマートフォンでは触覚フィードバックの実装はバラバラです。

ハイエンドスマートフォンのなかには
触覚フィードバックにこだわったものもありますが、
質はメーカーや機種によってさまざまで、
iPhoneには太刀打ちできないのが実情といえます。

Qualcomm製のSoC搭載スマートフォンで高度かつ均一な触覚フィードバックが実現可能に

そんな状況がQualcommLofeltの提携で変わる可能性があります。
 
この2社の提携により、
Qualcommのシステム・オン・チップ(SoC)である
Snapdragonシリーズ上で動作する触覚フィードバック用ソフトウェアが
スマートフォンメーカーに提供されるとのことです。
 
このソフトウェアには
Taptic Engineのような専用のハードウェアは必要ないそうで、
幅広いAndroidスマートフォンへの適用が期待できます。
 
MediaTekなどほかのメーカーのSoCを搭載する
Androidスマートフォンは対象外でしょうが、
Androidスマートフォン全体の
触覚フィードバック機能の底上げに寄与しそうです。

Source:9to5Google
(ハウザー)

引用元:https://iphone-mania.jp/news-349169/

まとめ

個人的には触覚フィードバック機能を使っていませんが、
Android端末を使っているひとには、朗報ですね。
僕はAndroid端末しか使った事しかないので、
iPhoneの触覚フィードバック機能の事は知りませんでした。
少し羨ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください