「ドライブ ファイル ストリーム」はパソコン版「Google ドライブ」に ~今年後半に一般リリース

米Googleは2月4日(現地時間)、
クラウドストレージ「Google ドライブ」の同期クライアントに
変更を加えると発表したそうです。
現在、
企業ユーザー向けの「ドライブ ファイル ストリーム」アプリと
個人ユーザー向けの「バックアップと同期」アプリが
並立している状況を改善し、
両者を統合してパソコン版「Google ドライブ」アプリに移行する考えです。

個人ユーザー向けの「バックアップと同期」アプリ

「ドライブ ファイル ストリーム」と
「バックアップと同期」はどちらも
「Google ドライブ」のクラウドファイルを
PCのローカルフォルダーと同期する
クライアントアプリとして利用できますが、
機能には若干の差異があります。
たとえば、
「ドライブ ファイル ストリーム」は共有ドライブが利用可能で、
「OneDrive」の“ファイル オンデマンド”ような
ローカルストレージの節約機能を備えますが、
「バックアップと同期」にはありません。
逆に、
「バックアップと同期」でサポートされているローカルフォルダーを
クラウドにバックアップする機能やマルチアカウント機能は、
「ドライブ ファイル ストリーム」では使えません。
そのため、
2つの同期クライアントを併用せざるをえないユーザーも
少なくありませんでした。

この不便を解消するため、
年内にも両者は統合される予定です。
手始めに今年1月にリリースされた
「ドライブ ファイル ストリーム」v45.0でブランドが
パソコン版「Google ドライブ」に改められました
“G Suite”から“Google Workspace”への変更も同時に実施)。
Mac版ではアプリの名前も「Google Drive.app」に変更されています。
ただし、
この時点ではまだ機能に変更はありません。

「バックアップと同期」の機能を統合した
新しい「Google ドライブ」アプリは今年後半にリリースされますが、
その前にベータテストが実施されます。
比較的規模の大きい変更となるため、
組織に「Google ドライブ」を導入している場合は、
早めに評価してアップデートに備えた方がよいでしょう。

3つのアプリの機能比較

パソコン版「Google ドライブ」アプリの対応OSは、
Windows 7/Server 2012 以降および
「OS X El Capitan(10.11)」以降。
Windows/MacともにARMベースのデバイスには
今のところ対応していませんが、
Apple Silicon(M1)には
4月リリースのv47.0でサポートされる見込みです。

引用元:
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/1305552.html

まとめ

『Google ドライブ』便利ですよね、僕も使っています。
この記事に書いているとおり、
『統合』されれば更に便利になるので大歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください