Android 12で「App Pairs」が登場 分割画面がよりかんたんに利用可能

最近のAndroidでは2画面表示(分割画面)機能を使って、
2つのアプリを同時に開くことができます。
しかしながら、
この機能を使うには煩雑な手順が必要でした。
Android 12では「App Pairs」と呼ばれる機能で
これが改善されるようです。

面倒な分割画面の利用

従来のAndroidで分割画面を使うには、

  1. 1つ目のアプリを開く
  2. アプリ履歴を開き、
    1つ目のアプリの分割画面を有効にする
  3. 2つ目のアプリを開く

という面倒な手順が必要でした。
このため、
Androidスマートフォンを製造する各社は、
独自の分割画面機能を実装しています。
たとえば、
Microsoft Surface Duoでは
「app groups」と呼ばれるアイデアが盛り込まれており、
ワンタップで2つの特定のアプリを開くことができます。

2つのアプリをグループ化する「App Pairs」

Googleもこの問題に気付いているようで、
Android 12では「App Pairs」と呼ばれる
新しい機能が導入されるといわれています。

これは、
2つのアプリをグループ化して1つのタスクとして扱うためのものです。Microsoftの「app groups」とアイデアは近いかもしれません。

2つのアプリをグループ化すると、
アプリ履歴のなかで常にグループ化され画面が分割された状態になります。
このため、
別のアプリと切り替えて使うことがかんたんです。

Android12にはほかにも、
Wi-Fiパスワードの転送手順の簡略化、
サードパーティーアプリストアの利用の簡便化
などが行われるといわれています。

Source:9to5Google
(ハウザー)

引用元:https://iphone-mania.jp/news-342695/

まとめ

新しい『Android 12』の機能が判明しました。
この記事によりますと、
使いやすくなった分割画面の『App Pairs』。
大画面スマホが多くなってきたので、
この機能は市場的にもフィットしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください