LenovoがAndroidタブレット「Tab P11」を発表。スナドラ662搭載のAndroid版「Duet Chromebook」

CES 2021に先立って、
LenovoはAndroidタブレット「Lenovo Tab P11」を発表したそうです。

基本的には
「IdeaPad Duet Chromebook」と似たデザインを採用していますが、
OSがAndroidであることと
Snapdragon 662を搭載している点が大きな違いとなっています。

価格も230ドルからと非常にお手頃なタブレットとなっているため、
Androidタブレットの新たな選択肢として期待が持てます。

スペック

OSAndroid 10
ディスプレイ11インチ IPS
2,000 × 1,200
CPUSnapdragon 662
RAM4GB / 6GB
内部ストレージ64GB / 128GB
外部ストレージmicroSD
リアカメラ13MP
フロントカメラ8MP
ネットワークLTE
Wi-FI 6
ポートUSB-C
バッテリー7,500mAh
最大15時間
その他(OP)キーボード &カバー
(OP)充電ドック
(OP)Precision Pen 2
本体サイズ258.4×163×7.5mm
重さ本体のみ:490g
カバー等込:1.11kg
価格4GB/64GB:229.99ドル

「Lenovo Tab P11」は、
200ドル台の11インチのAndroidタブレットとして、
とてもバランスが取れていると思います。

ディスプレイは11インチにIPS方式の2,000×1,200解像度、
CPUにはLTEをサポートしたSnapdragon 662、
4GBもしくは6GBのRAMを搭載した
ミッドレンジのAndroidタブレットです。

4GBRAMは64GBストレージ、
6GBRAMは128GBストレージと2つの構成になっていて、
どちらもmciroSDカードスロットがあります。

カメラもタブレットとしては十分な13MPリアカメラ、
8MPフロントカメラを備えているため、
ビデオチャット用としても使えます。

20Wで充電可能なUSB-Cポート、
バッテリーも7,500mAhで最長駆動時間は15時間となっていますので、
持ち運ぶデバイスとしても文句なしと言ったところです。

そしてオプションとなりますが、
「Duet Chromebook」ライクなキックスタンド付きカバーと
着脱式キーボード(Keyboard Pack)、
充電用スタンド(Lenovo Smart Charging Station 2)、
スタイラスペン(Lenovo Precision Pen 2)、
「Folio Case」もあります。

用途に合わせて必要なオプションを組み合わせて使うことができるため、
非常に使い勝手の良さそうなタブレットだと思います。

ただ、
着脱式キーボード&キックスタンド付きカバーを含めると
重さが約1.1kgとなってしまう点まで
「Duet Chromebook」に似てしまったので、
少し悩ましいところかもしれません。

価格は、
ベースとなる4GBRAM+64GBストレージモデルが
229.99ドルからとなっていますが、
上位モデルとオプション品の価格はこの記事を書いている時点では
明らかとなっていません。

今月後半から販売開始予定となっているため、
近いうちに詳細が出ると思われます。

日本でも販売してくれればAndroidタブレットの良い候補になりそうですが、
どうなるかな…。

Source: プレスリリース

引用元:https://www.helentech.net/lenovo-release-tab-p11-android-tablet/

まとめ

昨年大好評だった、『IdeaPad Duet Chromebook』。
それのAndroid版が発売されるようです。
この記事で詳しく書かれているので助かりました。
今持っているAndroidタブレットが、
だいぶ古くなってきたので、
買おうか迷っているところです。
いずれにしても、
タブレットの選択肢が増えたことは嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください