視聴数の多いeスポーツタイトルは? 配信技研が「Esports Tiers in Japan 2020」発表

配信技研は、
2020年に日本国内で開催されたゲームの競技的大会のライブ配信の
合計視聴時間に基づいて選出した
「Esports Tiers in Japan 2020」を発表したそうです。

それによりますと、
視聴時間1億分以上の「Tier1」は
『リーグ・オブ・レジェンド』
『Shadowverse』
『VALORANT』
『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』
『IdentityV 第五人格』
『PlayerUnknown’s BattleGrounds』、
視聴時間3000万分以上の「Tier2」は
『Apex Legends』
『レインボーシックス シージ』
『ストリートファイターV シリーズ』
『PUBG MOBILE』
『荒野行動』、
視聴時間1000万分以上の「Tier3」は
『スプラトゥーン2』
『グランブルーファンタジー ヴァーサス』
『プロ野球スピリッツA』
『モンストスタジアム』
『鉄拳7』
という結果になりました。

Esports Tiers in Japan 2020

このTierは、
決定的で網羅的であるリストという訳ではではなく、
視聴データに基づいて各ゲームタイトルの競技シーンを区分したもの。
ゲーム自体の完成度やユーザー数の優劣を決めるものではなく、
ゲームごとのプレイヤーの部分集合である
「国内の競技シーン」の盛り上がりを見るための一つの指標です。

各ゲームタイトルの個人ライブ配信や、
大会ライブ配信のアーカイブを視聴した時間は含めていません。
物理的な集客数も考慮しておらず、
あくまで競技的な大会のライブ配信のみを参入しているといいます。
「競技的な大会の定義」については配信技研が定めたものを使いました。

また、
2020年に日本国内で大会を開催していたゲームタイトルは60以上あり、
今回のTierで20タイトル未満に落ち着くようにまとめたため、
Tier3に含めたタイトルも国内では視聴時間が大きく、
相対的に低いわけではないといいます。

引用元:https://news.mynavi.jp/article/20210108-1627762/

まとめ

去年もかなり盛り上がった、eスポーツ。
その大まかな視聴時間を算出したそうです。
この記事によりますと、
『Tier1(視聴時間1億分以上)』
『Tier2(視聴時間3000万分以上)』
『Tier3(視聴時間1000万分以上)』
というふうに分けられています。
このような試みは、
とても興味深いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください