Android搭載の超短焦点4Kプロジェクタに限定色ブラック。VAVAから

サンバレージャパンは、
VAVAブランドの超短焦点4Kレーザープロジェクター
「VA-LT002」に新色ブラックを追加し、
12月11日に数量限定で発売したそうです。
価格はオープンプライスで、
店頭価格(税込)は29万円前後を見込みます。
同日からホームシアター専門店アバックと
ひかりTVショッピングで独占注文受付を実施しています。

壁際から映像を投写できるレーザープロジェクターで、
2019年12月に発売した製品(ホワイト)のカラーバリエーションモデル。

超短焦点化のために開発した専用レンズを搭載し、
壁面から約18cmで100型、
約42cmで最大150型の映像を映せます。
自動ピント調整やエッジ補正機能(8点)も備えており、
置き場所など環境によって発生する映像の歪みなどを補正。
プロジェクターをどこでも設置しやすくしました。

4K/3,840×2,160ドットの映像投写が可能で、
HDR信号はHDR10をサポート。
明るさは2,500ルーメンで、
コントラスト比は3,000:1(FOFO)。
AppotronicsのALPD 3.0レーザー光源技術を採用し、
約25,000時間という⻑寿命化を実現しました。

利用イメージ

HDMI入力は3系統で、
HDCP 2.2をサポート。
うち1系統はARC(オーディオリターンチャネル)に対応します。
USB端子(5V/500mA)も搭載。
AV入力端子の他、
音声出力としてライン出力、
光デジタル出力も備えます。
本体正面にはHerman Kardonがチューニングしたスピーカー2基を備え、
出力は30W×2ch。

Androidベースの独自OSを搭載していますが、
アプリはGoogle Playストアではなく、
専用ストアからダウンロードします。
IEEE 802.11ac準拠の無線LAN機能(2.4GHz/5GHz)を搭載。
Ethernet端子を備え、
有線LAN接続も可能。
Bluetooth 4.2にも対応します。

側面にはファブリック素材を採用して、
機能性とデザインを両立させました。
静音設計の冷却システムを採用し、
内部に3基の冷却用ファンと99%純銅製ラジエーターを搭載。
動作ノイズは32dB以下に抑えています。

消費電力は360W。
本体サイズは約533×368×107mm(幅×奥行き×高さ)。
重さは約10.6kg。
リモコンが付属します。

本体側面のインタフェース

引用元:https://news.mynavi.jp/article/20201211-1580614/

まとめ

これがあれば、
テレビやモニターが不要になりそうですね。
映像コンテンツやゲームなどの没入感が高まりそうです。
スピーカーも内蔵しているので、
これ一台あれば最低限の環境が整いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください