富士通コネクテッドテクノロジーズ、ローカル5GでSub-6帯・SA方式での相互接続に成功

富士通コネクテッドテクノロジーズとAPRESIA Systemsは、
12月8日にローカル5Gシステムの相互接続成功について発表したそうです。

両社は、
APRESIA SystemsのSub-6(4.5GHz帯)・Stand Alone(SA)方式を
採用した日本企業のローカル5Gネットワークシステムと、
富士通コネクテッドテクノロジーズの
国産ローカル5G対応スマートデバイスを用いた相互接続試験を実施。
メッセージ内容やシーケンスを基地局側と端末側双方で新規検証を積み重ね、
有線による接続と無線(Over the Air)接続による
データ疎通の確認に成功したといいます。

富士通コネクテッドテクノロジーズの
ローカル5G対応スマートデバイスは、
Qualcommとの協業により開発した
5Gスマートフォンのリファレンスデザインを活用して開発。
2020年10月末に提供を開始し、
ミリ波/Sub-6とNSA方式/SA方式の両構成に対応しています。
小型・軽量に加えて
カメラ、GPS、マイク、
加速度などの各種センサーやAndroid OSを搭載しており、
さまざまな実証実験に利用できます。

APRESIA Systemsのローカル5Gシステムは、
機能・コストを国内市場に最適化し、
O-RAN(オープン無線アクセスネットワーク)へ準拠しつつ
他社製品との相互接続に対応というコンセプトで開発。
「Free5GC」などのOSSをベースにしながら柔軟性と低価格化を実現し、
対応周波数は4.8~4.9GHzで、
方式はSA方式。

今後は両社の強みを生かし、
低価格と安定・高品質な無線ネットワーク環境、
日本企業ならではの安心感を兼ね備えたローカル5Gシステムを
エッジデバイスからシステムまでワンストップで提供することを通じ、
利用者のニーズに応えながら日本国内でのローカル5G市場の拡大に
貢献するとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

引用元:https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2012/08/news116.html

まとめ

着々と5Gが使える環境やシステム、サービスが出来上がりますね。
今はまだ都市部のほんの一部しか使えませんが、
様々な企業が努力をしているのを見ると、感謝しかありません。
この記事で特にポイントが高いのが、
『国産』というところです。
5Gで気を付けなければいけないのが、中国です。
なので、『国産』で解決できるのが一番だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください