4K/120fps対応のPS5版「CoD:BOCW」で次世代の凄みと臨場感あふれる戦場を体験!

「コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー
(以下、CoD:BOCW)」は、
「コール オブ デューティ ブラックオプス」シリーズの最新作で、
東西冷戦を背景にした1980年代初頭が舞台。
東西冷戦の裏側を描くシングルキャンペーン、
多彩なルールを収録したマルチプレイなど、
白熱必至の戦場体験が味わえるそうです。
PlayStation 4、
PlayStation 5、
Xbox One、
Xbox Series X/S、
PCで販売中です。

今回は、
11月13日に発売されたPlayStation 5版(以下、PS5版)を試遊
(PS4、PS5版の販売元は
ソニー・インタラクティブエンタテインメント)。
「コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー」(PS5)の
シングルキャンペーンモード、
マルチプレイモードのレビューに加え、
PS5版の魅力もお届けします。

「ブラックオプス」第1作の正統続編!
80年代の冷戦の雰囲気が漂うストーリー

「CoD:BOCW」のシングルキャンペーンモードは、
1980年代の冷戦を舞台にしたストーリーが展開。
ベルリンの壁など、冷戦を象徴するエリアが多数登場します

「ブラックオプス」シリーズの醍醐味の1つとして、
激動の時代で暗躍する工作員たちを描いた
シングルキャンペーンモードが挙げられます。
第1作の舞台は「ピッグス湾事件」や
「ベトナム戦争」などが起きた60年代で、
東西冷戦時代の雰囲気を心ゆくまで堪能できました。
一方、
本来の続編である「コール オブ デューティ ブラックオプス2」は
80年代後半と近未来(2025年)の時代を同時並行で描き、
続く第3作と第4作は近未来戦にフォーカスされるようになりました。

本作は、「ブラックオプス」第1作につながる正統的な続編。
68年のベトナム戦争も体験できます
飛行場に潜入してターゲットを確保するミッション

さて、
最新作となる「CoD:BOCW」は、
時系列的には第1作の直接的な続編となっています。
今まで近未来戦ばかりだった本シリーズの軌道を修正し、
原点回帰を果たしました。
私は東西冷戦時代の雰囲気が好みなので、
発売される前から本作に熱い期待を抱いていました。
正統的な続編というだけあって、
第1作ファンとして本作を無視するわけにはいきませんでした。

「ブラックオプス」シリーズを象徴するメイソンやウッズも続投
レーガン大統領など歴史上の人物も登場
黒幕であるソビエトのスパイ「ペルセウス」を追跡することが目的
新たな主人公「ベル」のプロフィールを自由に編集できます

本作は、
東西冷戦ならではの緊迫した空気が漂う1980年代を舞台に、
盗まれた核兵器を巡る工作員たちの戦いが繰り広げられます。
各ミッションをこなして証拠を集めていき、
黒幕であるソビエトのスパイ「ペルセウス」を見つけだすことが目的。
おなじみのメイソンやウッズも続投するほか、
あのレーガン大統領も登場します。

さらには新たな主人公として「ベル」も登場しますが、
名前や性別、経歴、
スキルを自由に選択することでオリジナルのキャラクターを創造できます。
このベルはいったい何者なのか。
それは実際にプレイしてのお楽しみ。

序盤からダイナミックなアクションが展開
手に汗握る場面が次々と発生します。
アクション映画の主人公になったような気分が味わえます

「CoD」シリーズのシングルキャンペーンモードは、
映画的演出を取り入れたストーリーテリングが特色となっています。
本作を実際にプレイしてみて、
序盤から銃撃、
カーチェイス、
大爆発の連続で、
マイケル・ベイ監督並みのダイナミックなアクションに
圧倒されてしまいました。
さらに随所に盛り込まれた伏線の回収など、
映画ファンの心を鷲掴みにするポイントも印象に残りました。
最後までコントローラーを離すことなく、
ただただ本作のストーリーに没頭する自分がいました。
さすがは「CoD」シリーズ。

一般市民に扮して東ベルリンに潜入。
敵に見つかれないよう隠密に行動しなければなりませんが、
予期せぬトラブルも……
向かいにある店からターゲットが住むアパートを監視。いかにも工作員らしい
仲間の工作員とコンタクト

個人的によかったのは、
工作員らしさを体験できるゲーム性です。
具体的な例をいうと、
現地にいる仲間の工作員とコンタクト、
隠密で敵地に潜入、
敵地での破壊工作などが挙げられます。
激しい銃撃戦も爽快感があって楽しいですが、
緊迫感を抱きながら敵地に潜入する面白さも追加されたことで、
従来の「CoD」と異なるプレイフィールが味わえました。
映画に登場する工作員を疑似体験できるなんて最高です。

プレイ中、会話中に選択肢が表示することも。
選択肢次第でストーリーの展開が変わります

加えて、
選択肢の概念も印象的です。
あるキャラクターとの対話中に複数の選択肢が表示され、
選んだ選択肢の内容によってストーリーの展開が変わるというものです。
7~8時間ほどで1周目をクリアしましたが、
ストーリーに隠された謎を考察したくなる内容に仕上がっています。
そのうえマルチエンディングを採用しているため、
真実と結末を求めて何度も周回することになるでしょう。

敵国のスパイを特定するサブミッション
暗号解読のサブミッションも。
自力で解くのは難しく、
メインミッションに隠されたヒントを見つける必要があります

そのほかにも、
サブミッションが追加されており、
メインミッションを含むと遊び応えはかなり高いです。

1980年代の冷戦の空気、
迫力満点のアクションシーン、
渋すぎる登場人物たち、
真実と嘘が入り混じるスパイ戦、
緻密に張り巡らされた伏線の数々……。
本作で描かれるストーリーは、
「CoD」シリーズファンはもちろんのこと、
映画ファンも思わず唸ってしまう出来でした。

マルチやゾンビモード、バトロワ風チーム戦も!
小規模から大規模まで多彩なゲームモードを用意

「CoD」シリーズ恒例のマルチプレイモードもぜひプレイしてほしいです。
上記画像はランダムで発生する拠点を奪い合う「ハードコア」の様子

「CoD」シリーズ恒例のマルチプレイモードも触れておきましょう。
本作のマルチプレイモードは、
名物的なゲームルールから戦略が求められる大規模戦まで、
多彩な戦場体験が可能となっています。
「CoD」ならではのスピーディーな展開は健在で、
近所のスーパーへ買い物に行くような感覚(個人差あり)で気軽に遊べます。

CIAやMI6、スペツナズなど各国の特殊部隊の隊員に扮して、
さまざまな作戦(ゲームルール)に参戦

「CoD:BOCW」のマルチプレイモードは1980年代のスパイ戦にちなんで、
CIAやMI6、
スペツナズなど各国の特殊部隊による攻防戦を堪能できます。
戦争というよりも特殊作戦といった印象ではありますが、
銃撃のオンパレードに誰も予想できない大逆転劇、
そして最後に訪れる勝利の快感など、
「CoD」シリーズならではの醍醐味は新鮮なままです。
シリーズの面白さを長いこと維持し続けられるのは、
ある意味凄いと感じてしまいます。

シリーズ定番といえるゲームルールの数々。
チーム戦から個人戦まで、さまざまなルールを用意しています。
好きなゲームルールを選んでクイックプレイすることも可能
「ロードアウト」で好きな装備を自由にカスタマイズできます

本作のマルチプレイモードは、
そういった「CoD」シリーズの醍醐味を受け継ぎつつ、
新たな娯楽も加わったことで
より刺激的な戦場体験が味わえるようになりました。
個人の好みが出てしまうマップも多少存在しますが、
新作が出るたびにゲーム全体が
ブラッシュアップされていくスタンスが、
「CoD」シリーズにおける最大の利点といえます。

6対6の「VIP Escort」。
ランダムで選ばれた1人のVIPを護衛するチームと、
VIPを倒すチームが競い合います。
交互にフェーズを交代し、6本先取したチームの勝利
12対12の「Combined Arms」。
戦車やスノーモービルなどビークルが登場する大規模戦となっています
最大40人まで参加できる「Fireteam:Dirty Bomb」は、
バトルロイヤルの「コール オブ デューティ ウォーゾーン」
にも通じる戦略性の高いチーム戦。
4人分隊10チームが広大なマップに降り立ち、
ウランを集めて「ダーティーボム」を多く爆発させたチームの勝利

今回新たに追加されたゲームルールは、
6対6の「VIP Escort」、
12対12の「Combined Arms」、
最大40人まで参加できる「Fireteam:Dirty Bomb」。
競技性の高い少人数のチーム戦から、
バラエティに富んだ大規模戦まで、
プレイヤーを飽きさせない多彩なミッションをプレイできます。

個人的に面白いと感じたのは「Fireteam:Dirty Bomb」。
広大なマップで繰り広げられる攻防戦はさることながら、
4人分隊の連携と立ち回りが求められるゲーム性に
競技的な面白さが詰まっていると感じました。

「ブラックオプス」シリーズ名物の「ゾンビモード」も復活。
最大4人と共闘し、波のように押し寄せてくるゾンビたちに立ち向かえ

また、
「ブラックオプス」シリーズの定番である「ゾンビモード」も復活。
ゾンビなどのモンスターが出現するウェーブを乗り越えて
脱出を図るというものです。
こちらは4人までの協力プレイが胆で、
友だちや他のプレイヤーと連携を組んで、
波のように押し寄せてくる大量のゾンビを倒していきます。
ウェーブをクリアするたびに難易度も上昇するため、
敵を倒すことで得られるお金で装備を強化しなければなりません。
さらに謎解きや美味しい報酬が得られるイベントも用意し、
仲間との熱い共闘が楽しめます。

そのほか、
基本プレイ無料のバトルロイヤルタイトル
「コール オブ デューティ ウォーゾーン」をインストールしていれば、
メニュー画面からすぐにアクセス可能です。
キャンペーンモードやマルチプレイモード、
ゾンビモードなど多種多彩なゲームモードを網羅した「CoD:BOCW」。
一部気になる点もありますが、
アップデートを重ねれば少しずつ改善され、
より遊びやすくなることでしょう。

何はともあれ、
本作が提供するゲームモードの数々は、
多くのプレイヤーの闘争心に火を灯してくれます。
兵士になりきって臨場感ある戦場へ駈け込みましょう。

PS5の凄みが生み出した新たな「CoD」体験

PS5の新機能によってよりリアルな戦場体験が可能になりました
PS5版は4K/120fpsに対応。4K/120fps対応ディスプレーがほしくなります

ここからはPS5版「CoD:BOCW」に関する特徴を解説していきます。
グラフィックは前作以上に磨きがかかっていて綺麗に感じました。
とくに4Kの大画面ディスプレーでプレイしたときは、
鮮明に映し出された戦場に圧倒され、
4Kディスプレーへの購買欲が湧き上がってしまいました。
ですが、
PS5の凄さはそこだけではありません。

その凄さの1つは、
現実に近い光の表現を可能にした
「リアルタイムレイトレーシング」に対応していることです。
この機能は、
光の動きをリアルタイムにシミュレートすることで、
鏡や水面の映り込みや陰影などのビジュアルが写実的に描写されるというもの。

リアルタイムレイトレーシングといえば、
NVIDIAの「GeForce RTX」シリーズや、
10月28日に発表されたAMDの「Radeon RX 6000」シリーズが
思い浮かびます。
高性能なゲーミングGPUでしか味わえなかった
リアルタイムレイトレーシングですが、
家庭用ゲーム機でも堪能できるようになりました。
その家庭用ゲーム機が、
11月にリリースされたPS5とXbox Series X/Sというわけです。

左はリアルタイムレイトレーシングをオフにした状態の影。
影の輪郭がくっきりとしています
右はリアルタイムレイトレーシングをオンにした状態の影。
影の輪郭がぼやけています。現実でも見かける影に近いです

影の描写を例に、
リアルタイムレイトレーシングの違いを紹介しましょう。
上記画像2点は、
リアルタイムレイトレーシングをオフにした状態の影と、
オンにした状態の影です。
オフにした状態の影は輪郭がくっきりとした印象を与えます。
前世代のゲームでよく見かけた覚えがあります。
一方、
オンにした状態の影は輪郭がぼやけています。
実際に2点を比較してみましたが、
後者の方が現実でも見かけるあの影に近いと感じました。

PS5のワイヤレスコントローラー「DualSense(デュアルセンス)」で、
銃の反動やトリガーを引くときの重みを疑似体験できます。
とくに、
L2&R2ボタンを押したときの抵抗感が状況に応じて変化する
「アダプティブトリガー」が凄いです

もう1つの凄みは、
PS5のワイヤレスコントローラー「DualSense(デュアルセンス)」。
DualSenseには、
新機能である「ハプティックフィードバック」と
「アダプティブトリガー」が実装されています。
「ハプティックフィードバック」は、
ゲーム内オブジェクトや
挙動の感触が振動を通して伝わってくるというもので、
「アダプティブトリガー」はゲームの状況に応じて
L2・R2の抵抗感が変動するというものです。

本作を最初にプレイした衝撃を受けたのは、
銃を撃ったときの反動を疑似体験できたことです。
コントローラーが銃になったような感覚といえば伝わるでしょうか。
従来では、
銃を撃つとただ単に激しく振動するだけでしたが、
本作の場合、
ハンドガンやマシンガン、
スナイパーライフルなど銃の種類によって射撃時の反動の強弱が異なります。
またリロード中の動作も振動で表現されていて、
本当に銃を装填しているような感覚が伝わってきます。

それに加えて、
R2ボタン(銃のトリガー)を引いたときの抵抗感が
変化する演出も衝撃的でした。
ハンドガンとサブマシンガン、
アサルトライフルの場合、
R2ボタンの抵抗感は少なく、
スナイパーライフルとライトマシンガンは
抵抗感がぐっと増したように感じました。
銃を構えるL2ボタンも抵抗感がやや強く、
銃の重みを再現しているのではないかと思われます。

2つの新機能はどちらも凄かったですが、
自称ガンマニアの私としては、
トリガーの重みを再現した「アダプティブトリガー」の演出が好みでした。
コントローラーが銃になったような感覚が主な理由となっています。
幼い頃からPlayStationに触れてきましたが、
20数年でここまで進化するとは夢にも思わなかったです。

「CoD」シリーズの醍醐味とPS5の凄みを同時体験!

シリーズ特有の醍醐味を尊重しつつ、
新たな切り口によってさらなる面白さを生み出すことに成功したタイトル。
PlayStationの凄みを体感したい人におススメ

「CoD:BOCW」は、
シリーズ特有の醍醐味を尊重しつつ、
新たな切り口によってさらなる面白さを生み出すことに成功した作品です。
スパイ映画を彷彿とさせる渋いストーリーや
多種多様なマルチプレイモードなど、
遊び応えのある要素がてんこ盛りです。
さらにPlayStation 5の新機能を用いた演出も冴えており、
今までにない没入感が味わえるに違いありません。
PlayStation 5を購入できた人は、
ぜひ本作を手にとって戦場の渦へと飛び込んでほしいものです。

© 2020 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, CALL OF DUTY BLACK OPS, CALL OF DUTY WARZONE, MODERN WARFARE, and WARZONE are trademarks of Activision Publishing, Inc.

■関連サイト

引用元:https://ascii.jp/elem/000/004/035/4035676/

まとめ

僕は『CoDシリーズ』をプレイしたことがありませんが、
この記事で紹介されていた『CoD:BOCW』は、
とても面白そうだなと思いました。
PS5版の『CoD:BOCW』には、
DualSenseの特徴が生かされているそうです。
映像も滑らかになり、
リアルタイムレイトレーシングにも対応しているので、
没入感が高い仕上がりになっているとのこと。
これらを踏まえると、
このゲームでPS5デビューしてみてはいかがでしょうか。
PS5を買えたらの話ですけど・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください