携帯代の平均は大手3キャリアが8,312円、格安SIMは4,424円、MVNOは3,771円だそうです

MMD研究所は、
スマートフォンを利用している
全国の15~69歳の男女15,000人を対象に
2020年10月16日~19日の期間で
「2020年11月通信サービスの料金と容量に関する実態調査」
を実施したそうです。
このリリースは現在のスマートフォンの料金の実態を
調査することを目的としているため、
現在、
通信料金を無料で提供している
「楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)」を除いて集計し、
大手3キャリア(docomo、au、SoftBank)の括りとし
対象者は14,639人です。
なお、
「楽天モバイル(MVNO)」はMVNOの中に含まれています。 
※格安SIMはキャリアサブブランドのY!mobile、
UQ mobileとMVNOを合計した名称としています。
※本リリース内で使用した設問では、
ウェイトバック集計を行っています。

【調査結果サマリー】

■ 月々の携帯料金の支払い、
平均金額は大手3キャリアが8,312円、
格安SIMは4,424円、
MVNOは3,771円

■ 通信のみ1人あたりの月額料金、
大手3キャリアの平均5,853円、
格安SIMの平均2,510円、
MVNOの平均2,027円

■ 月々に支払っている端末の割賦料金、
大手3キャリアの平均2,459円、
格安SIMの平均1,915円、
MVNOの平均1,745円

■ 契約ギガ容量、
小容量帯は61.4%、
中容量帯は7.7%、
大容量帯は16.1%、
分からないは14.8%

■ 大手3キャリアの小容量帯は54.4%、
中容量帯は7.2%、
大容量帯は20.9%、
分からないは17.5%

■ 格安SIMの小容量帯は80.9%、
中容量帯は9.3%、
大容量帯は2.7%、
分からないは7.1%

■ 月々の携帯料金の支払い、
平均金額は大手3キャリアが8,312円、
格安SIMは4,424円、
MVNOは3,771円

スマートフォンを利用している全国の15~69歳の男女14,639人
(楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)を除く)を対象に、
利用しているスマートフォンの通信契約をしている通信会社に
支払っている通信料金の月額料金を把握しているか聞いたところ、
支払っている通信の月額料金を把握しているのは81.3%となりました。
次に、
利用しているスマートフォンの通信契約をしている通信会社に
支払っている端末料金があると回答した6,478人を対象に、
端末の月額料金を把握しているか聞いたところ、
支払っている端末の月額料金を把握しているのは77.3%となりました。
続いて、
利用しているスマートフォンの通信契約をしている通信会社に
支払っている月額料金を把握している人を対象に、
支払っている月額料金を通信サービス別に聞いたところ、
平均月額料金は大手3キャリアユーザー(n=10,793)が8,312円、
格安SIMユーザー(n=3,846)は4,424円、
MVNOユーザー(n=2,113)は3,771円となりました。
※平均月額料金は端末料金の平均料金と
通信料金の平均金額の足しあげです(わからないは除く)

■ 通信のみ1人あたりの月額料金、
大手3キャリアの平均5,853円、
格安SIMの平均2,510円、
MVNOの平均2,027円

スマートフォンを利用している全国の15~69歳の男女14,639人
(楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)を除く)を対象に、
スマートフォンの通信契約をしている通信会社に
支払っている通信の月額料金を聞いたところ、
大手3キャリアユーザー(n=10,793)は
「4,000円~5,000円未満」が12.0%と最多となり、
通信の月額料金の平均は5,853円となりました。
格安SIMユーザー(n=3,846)は
「1,000円~2,000円未満」が33.6%と最多となり、
通信の月額料金の平均は2,510円となりました。
MVNOユーザー(n=2,113)は
「1,000円~2,000円未満」が50.6%と最多となり、
通信の月額料金の平均は2,027円となりました。
※平均月額料金はわからないは除く

■ 月々に支払っている端末の割賦料金、
大手3キャリアの平均2,459円、
格安SIMの平均1,915円、
MVNOの平均1,745円

通信会社に支払っている端末料金がある6,478人
(楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)を除く)を対象に、
スマートフォンの通信契約をしている通信会社に
支払っている端末の月額料金を聞いたところ、
大手3キャリアユーザー(n=5,371)は
「2,000円~3,000円未満」が19.5%と最多となり、
端末月額料金の平均は2,459円となりました。
格安SIMユーザー(n=1,108)は
「1,000円未満」が26.3%と最多となり、
端末月額料金の平均は1,915円となりました。
MVNOユーザー(n=325)は
「1,000円未満」が30.4%と最多となり、
端末月額料金の平均は1,745円となりました。
※平均月額料金はわからないは除く

■ 契約ギガ容量、
小容量帯は61.4%、
中容量帯は7.7%、
大容量帯は16.1%、
分からないは14.8%

スマートフォンを利用している全国の15~69歳の男女14,639人
(楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)を除く)を対象に、
現在契約している通信会社のスマートフォンの
月間のデータ容量プランを聞いたところ、
「小容量(1GB以下~7GB未満)」が61.4%、
「中容量(7GB~20GB未満)」が7.7%、
「大容量(20GB~無制限)」が16.1%となりました。

■ 大手3キャリアの小容量帯は54.4%、
中容量帯は7.2%、
大容量帯は20.9%、
分からないは17.5%

スマートフォンを利用している大手3キャリアユーザー(n=10,793)に
月間のデータ容量プランを聞いたところ、
「小容量(1GB以下~7GB未満)」が54.4%、
「中容量(7GB~20GB未満)」が7.2%、
「大容量(20GB~無制限)」が20.9%となりました。

■ 格安SIMの小容量帯は80.9%、
中容量帯は9.3%、
大容量帯は2.7%、
分からないは7.1%

スマートフォンを利用している格安SIMユーザー(n=3,846)に
月間のデータ容量プランを聞いたところ、
「小容量(1GB以下~7GB未満)」が80.9%、
「中容量(7GB~20GB未満)」が9.3%、
「大容量(20GB~無制限)」が2.7%となりました。

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、
積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

■ データのダウンロードで以下の情報も見られます

・ 回答者の属性情報(性別・年代など)

■ 調査のロウデータを販売しております。
販売商品:2020年11月通信サービスの料金と容量に関する実態調査
納品形式:GT表、調査票、ロウデータ(Excel)
販売金額:130,000円(税抜)
入金方法:オンライン決済 / 銀行振込(弊社の指定口座)

・ オンラインで購入する
・ 銀行振り込みで購入する(お問い合わせフォーム)

■ 調査概要
「2020年11月通信サービスの料金と容量に関する実態調査」
調査期間:2020年10月16日~19日
有効回答:15,000人
調査方法:インターネット調査
調査対象:スマートフォンを利用している全国の15~69歳の男女
設問数 :11問

調査全設問項目

  • Q1 あなたが現在利用しているスマートフォンをお選びください。
  • Q2 あなたが現在メインで利用している
    スマートフォンを契約している通信会社と、
    1年前にご契約していた通信会社としてあてはまるものを
    それぞれお選びください。
  • Q3 あなたは5G(ファイブジー)対応のプランを契約していますか?
  • Q4 あなたが現在メインで利用しているスマートフォンの、
    契約している料金プランとしてあてはまるものをお選びください。
  • Q5 あなたが現在契約している通信会社のスマートフォンの、
    月間のデータ容量プランとしてあてはまるものをひとつお選びください。
  • Q6 あなたが利用している通信会社のスマートフォンの契約で、
    加入している(適応されている)割引プランとしてあてはまるものを
    すべてお選びください。
  • Q7 あなたが利用している通信会社のスマートフォンの契約で、
    加入している(適応されている)オプションとしてあてはまるものを
    すべてお選びください。
  • Q8 あなたが利用している通信会社のスマートフォン端末の購入場所と
    支払い方法としてあてはまるものをひとつお選びください。
  • Q9 あなたがスマートフォンを利用している通信会社に対して、
    あなたが月に支払っている料金としてあてはまるものを
    それぞれお選びください。
  • Q10 あなたが現在通信会社のスマートフォンに対して支払っている料金は、
    1年前に支払っていた料金と比較して減りましたか?
    それぞれあてはまるものをお選びください。
  • Q11 前問でスマートフォンの支払額が
    1年前より減ったと回答した方にお伺いします。
    あなたが1年前に支払っていた料金としてあてはまるものを
    それぞれお選びください。

引用元:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1898.html

まとめ

この記事にあるレポートを見ると、
少し前より3大キャリアと格安SIMの変化が見られますね。
政府による携帯料金の引き下げのアナウンスで、
自分の携帯料金を見直す人が増えたのかなと思います。
コスパの良いスマートフォンが多くなり、
格安SIMへ切り替える人も増えたとも考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください