テレワークで注目されたゲーミングチェアは、体の負担が軽減され長時間作業が可能になります!

新型コロナウイルスの影響でテレワークが普及し、
自宅で仕事をする人も増えています。
ただ、
会社と違うデスク環境に仕事が捗らず、
長時間、
自宅の椅子に座ることで腰痛や背中の張りなどに悩まされている
ビジネスパーソンも少なくないようです。

そこで注目が集まっているのが「ゲーミングチェア」です。
ゲーミングチェアはeスポーツなどのゲーマー用に作られたチェア。
長時間プレイすることを念頭に、
体にストレスがかからない構造になっているため、
YouTuberやプログラマーなどにも利用者が多い。
このゲーミングチェアがテレワーカーに最適と、
需要が高まってきているのです。

そこで今回は、
ビックカメラで購入できるおすすめのゲーミングチェアを3つ紹介します
(価格は税込み)。

キングジム ゲーミングチェア フットレスト付き/2万2000円

「テプラ」の製造販売で知られる文具・オフィス用品のキングジムも、
本格的なゲーミングチェアを販売しています。
適度なクッション性と厚みのあるウレタン座面、
長時間座っていても骨盤に負担がかからない設計など、
オフィス製品をつくってきたノウハウが活かされています。

また、
アームレスト(肘置き)が可動式なのがミソ。
一般的なゲーミングチェアではアームレストが固定、
もしくはあまり可動性がないという場合が多いです。
アームレストの調整ができないとデスクにぶつかってしまうなど、
周囲の環境との相性の問題が出てきます。

さらに特筆すべき点は、
収納式のフットレストがついていること。
フットレスト付きの商品は他にもありますが、
この価格帯では多くありません。
また、
最大傾斜150度のリクライニングなので、
ゆっくりと体を休めることができます。

他にも、
ゲーミングチェアに欠かせない背もたれと
体の隙間を埋めて腰を楽にするランバーサポート、
同じく首をサポートする着脱式ヘッドレストも装備されているため、
かなりコストパフォーマンスの良い商品なのです。

デラックスレーサー チェア ヘッドレスト・ランバーサポート付き/3万350円

AKRacing(エーケーレーシング)、
GTRACING(ジーティーレーシング)と並んで、
3大ゲーミングチェアブランドのひとつである
DXRacer(デラックスレーサー)。

その名の通り、
もともとは自動車競技用シートを原点とするメーカーで、
そのノウハウを引き継ぎ、
ゲーミングチェアのパイオニアと呼ばれています。
世界の主要なeスポーツ競技会に
公式ゲーミングチェアサプライイヤーとして選ばれてきました。

このフォーミュラシリーズは、
数あるラインナップでも最もスタンダードなモデル。
背もたれは人間工学に基づく「三次元立体成型」のスチールフレームで
包み込まれるようなホールド感があり、
長時間座っていても苦になりません。

カバーはレザーではなくファブリック素材のため
高級感という点では劣りますが、
これは、
長時間座ることによって
腿や背中が蒸れて汗をかくのを防ぐための仕様なのです。
レザーよりも通気性に優れるファブリック素材の方が、
1年を通して快適に作業ができす。

さらに、
約10センチの厚みがある
非再生高反発ウレタンフォームとウェービングにより、
オフィスチェアにありがちな底付き感がない座部になっています。
従来のチェアで骨盤にストレスを感じている、
体重が重い人などにはうってつけです。

エーケーレーシング PREMIUM/LOW-RAVEN ゲーミングチェア/6万7680円

前述のように、
エーケーレーシングも
3大ゲーミングチェアブランドのひとつといわれます。
2000年から自動車競技用シートの製作を開始し、
08年頃からはゲーム大会にゲーミングチェアを供給しているブランドです。
そのノウハウを活かしつつ、
「オフィスに革命を」と銘打ち、
オフィスチェアとしても使えるゲーミングチェアを開発、
販売中です。

そんなエーケーレーシングの最上位モデルが、
このPremiumシリーズです。
ビジネスシーンでも使えるようにと、
ゲーミングチェア独特の派手な見た目ではなく、
落ち着いたシックな見た目で、
オフィスチェアに近づけた仕様になっています。

見た目だけでなく、
中身も申し分ないです。
肩口にあたる部分には極厚のシートクッションを採用し、
人間工学に基づいて座る人を最適な姿勢へと導く仕様になっています。
標準モデルよりも座面を1.5センチ低くすることで日本人の体型にも合わせ、
臀部や太ももにかかる負担も軽減しています。
そのため、
長時間座っていても疲れを感じにくいのです。

座面・背もたれ耐久性試験5万回、
衝撃試験8000回、
クッション性のへたり試験4000回など、
JIS規格をクリアした安全性と耐久性は折り紙付きです。
最大180度のリクライニングもついており、
チェア上での仮眠も可能です。
もちろん、
首と腰の負担を軽減するランバーサポートやヘッドレストも付いています。

少々値は張りますが、
家でも手を抜かない
「ビジネスアスリート」としては選ぶ価値のある商品といえます。

(文=清談社)

引用元:https://biz-journal.jp/2020/11/post_191531.html

まとめ

僕も長時間座り続けているタイプなので、
『ゲーミングチェア』が欲しいと思っていました。
この記事では初心者でも分かりやすく、
コスパの高いものを紹介しています。
お金が溜まったら、買おうかな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください