Google StadiaとGeForce NowがウェブアプリとしてiOSにやってくるそうです

Google(グーグル)とNVIDIA、
米国時間11月19日、
両社のクラウドゲームサービスに関してそれぞれにニュースがあるそうです。
まずNVIDIAから。
これからはGeForce NowをiPhoneとiPad上で
ウェブアプリケーションとして利用できます。
同社によると、
現在はベータですがiOSデバイスの上で
play.geforcenow.comへアクセスすればプレイを開始できます。

GeForce Nowは、
ユーザーが所有しているゲームを
クラウドからのストリーミングでプレイできる、
というサービスです。
SteamやEpic Games、
Ubisoft Connectなどのアカウントに接続すると、
自分がそこですでに購入したゲームをプレイできます。
GOGも近くサポートされます。
GeForce NowはmacOSやAndroid、
そしてWindowsでも利用できます。

ゲームがGeForce Nowに登場するためには、
ゲームの発行者がそれをオプトインします。
つまり、
Steamの自分のライブラリ全体に
このサービスからアクセスできるわけではありません。
それでも、
利用可能なゲームのリストはすでに相当長いものです

どこからでも、
何時間でもプレイできるFoundersエディションは
月額5ドル(約520円)です。
ただしエントリーの料金とのことで、
今後は上がるのかもしれません。

また無料アカウントでこのサービスを試すこともできます。
制限時間は1時間で、
ハードウェアはあまり強力ではありません。
スロットも少ないため、
無料アカウントではゲームが立ち上がるまで現状で
11分間待たされてしまいます。

iOSデバイスのホーム画面にそのウェブアプリを追加すると、
Safariのインターフェイスなし、
全画面でこのサービスをローンチできます。
Bluetoothのコントローラーも使えます。
ただし、
キーボードとマウスは使えません。

同社によると現在、
Epic Gamesとともにタッチインタフェイスで遊べる
Fortnite(フォートナイト)を開発しているため、
iOSのプレーヤーも再びフォートナイトをプレイできます。
そうなれば、
GeForce Nowの人気も急上昇するでしょう。

画像クレジット:Romain Dillet / TechCrunch

一方、グーグルは、
Stadiaローンチから12カ月後にやっとアップデートを行いました。
GeForce Nowと違いStadiaは、
コンソール(ゲーム機)に近い。
まずユーザーは、
このプラットフォーム向けのゲームを購入しなければなりません。
ゲームはおよそ100種類あり、
Stadia Proのアカウントなら、
専用のゲームもあります。

同社によると、
iOSのテストは数週間後に始まります。
「iOSの革新的なウェブアプリケーションを開発していく最初の段階です。
今後パフォーマンスをテストし多くの機能を加えていく中で、
ユーザーからのフィードバックがStadia体験を
万人向けに改良していく助けになります。
その展開は数週間後になるでしょう」と同社はいいます。

引用元:https://jp.techcrunch.com/2020/11/21/2020-11-19-google-stadia-and-geforce-now-are-both-coming-to-ios-as-web-apps/

まとめ

僕は、iOSの端末を使ったことがありませんが、
このニュースは嬉しいですね。
クラウドゲーミングサービスの利用者が増えるので、
大歓迎です。
『GeForce Now』は日本でもプレイできます。
サービスに登録すればすぐに遊べます。
無料期間もあるので試しに登録してみてはいかがでしょうか。
『Stadia』は専用コントロラーが必要でかつ、
日本では発売されていないので、
今回のアップデートはあまり関係がないですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください