2022年度内にマイナンバーカード機能をAndroidスマホに搭載

総務省は11月10日、
マイナンバーカード機能のスマートフォン搭載について検討する
「マイナンバーカードの機能のスマートフォン搭載等に関する検討会」
の第1回を開催したそうです。

総務省公式サイトで公開された配布資料によると、
現在はカード形式で配布されているマイナンバーカードを、
電子証明書としてスマートフォンに搭載することを目指します。
これにより、
物理的なカードの読み取り不要で本人確認が行えるようにし、
スマホ1つでオンライン行政機関の手続きなどが行える状態を目的とします。

Androidスマホの場合、
マイナンバーカード機能は
FeliCa SE(セキュアエレメント)チップへの搭載が想定されています。
前提条件として、
実際のカードの発行を必要としスマホのみの発行を認めないこと、
有効期限はカードとスマホの証明書で同一とすることなどが提示されました。

Androidスマホへの搭載方法の検討イメージ
マイナンバーカードの機能のスマートフォン搭載等に関する検討会(第1回)
配布資料より

また、
スマホの利用にあたっては機種変更や譲渡・転売、
紛失時などがあるため、
電子証明書を失効させる手続きも検討課題として挙げられました。

マイナンバーカード機能は、
令和4年度(2022年度)内に、
Android端末への搭載を目指すといいます。
必要な制度を整えるため、
次期通常国会に、
公的個人認証法改正案を提出する方向で検討するとしました。

2020年11月1日時点でのマイナンバーカードの申請・交付状況は、
有効な申請数が累計31,555,229。
実際に交付した数が、27,773,689。
マイナンバーカードの読み取りに対応したスマートフォンは、
Androidが160機種、
iPhoneが12機種となっています(2020年9月14日現在)。

※本記事は掲載時点の情報であり、
最新のものとは異なる場合があります。
予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、
厚生労働省内閣官房首相官邸 のウェブサイトなど
公的機関で発表されている情報も合わせてご確認ください。

引用元:https://news.mynavi.jp/article/20201111-1484679/

まとめ

まだまだ普及されていないマイナンバーカードですが、
この記事によりますと、
スマートフォンにマイナンバーカード機能が搭載されるようです。
これをきっかけに、もっと普及するといいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください