Amazonの「Luna」がGoogleの「Stadia」より成功しそう?

Googleのクラウドゲームサービス「Stadia」が初めて発表されたとき、
Googleは、
テレビゲームの遊び方を根底から変えるとうたっていました。
前評判も高かったですが、
1件のツイートがそれに水を差したそうです。

「Google Stadiaのレビューを1枚のGIF動画でお見せします」。
The Washington Postのジャーナリスト
Gene Park氏がそうツイートしたのは、
2019年11月のこと。
Stadiaのサービス開始直前でした。
Park氏はキーボードのスペースバーを押して、
ゲーム内でジャンプの動きをとろうとしますが、
苦笑いを浮かべながら振り向く。
Stadiaは、
反応するまでにほぼ丸1秒もかかっていたのです。

Stadiaに関しては、
確かに失敗があったと言ってもよさそうです。
ですが遅延の問題を抜きにしても、
Stadiaは予想に反して新鮮さに欠けるビジネスモデルだと非難され、
当初から苦戦しました。

われわれが期待したのは、
膨大な数のテレビゲームを低価格の月額料金で遊べる、
ゲーム界のNetflixのようなサービスです。
ですが、いざ始まってみると、かなり期待外れでした。
無料のゲームが断続的に登場しますが、
大半はぱっとしないタイトルでした。
「DOOM Eternal」や
「レッド・デッド・リデンプションII」
といった最近のテレビゲームは事実上は正規価格で、
購入を促すようになっています。
言ってしまえば、Stadiaは、
「Xbox」や「PlayStation」をややこしく複雑にして、
ダウンロードの代わりに
ストリーミングでゲームを提供するサービスのように感じられます。

Stadiaは、
われわれが期待していた未来志向の変革とは程遠い。
精彩を欠いたローンチを引きずって、
「OUYA」と同じ道をたどってきています。
アイデアは素晴らしかったですが、
手法としては、
つい最近「Ultimate」プランでストリーミングが始まった
「Xbox One」のサービス「Game Pass」に及びませんでした。
ですが、その点を除けば、
「ゲーム界のNetflix」になろうとする長期的な闘いにおいて、
大きな進歩をとげるものではありませんでした。

2020年の時点で、
Stadiaはそれほど普及していないようです。

そうした失敗をにらみながら、
Amazonは先頃、
競合サービス「Luna」などを発表し、
今後、正式なリリースを予定しています。
表面的にはStadiaに似ていて、
無謀なアイデアに見えます。
ですが、ごく初期のこの段階でも、
LunaはStadiaの過ちから学んだように思えますし、
その点だけからでも、
成功の可能性はLunaの方がはるかに高そうです。

Lunaが成功する可能性があるように思える第一の理由は、
そのビジネスモデルです。
初期タイトルは100本用意され、
アーリーアクセス期間の月額料金は5.99ドル(約630円)。
一方のStadiaは、
現在「Stadia Pro」プランで28タイトルの無料ゲームを提供しており、
毎月新たな無料ゲームを追加していきます。

Lunaのサービスは、
Stadiaを大きくしのいでいるように思えますし、
重要なことに、
新作に対して追加の課金を求めず、
料金体系をシンプルに保っています。

おそらくもっと重要なのは、
Amazonが自らの役割を把握しているらしいことです。
同社のEntertainment Devices and Services部門の
バイスプレジデントを務めるMarc Whitten氏は、
Lunaが「Xbox Series X」や「PlayStation 5」の
事前予約に必死になるようなユーザーを奪い合うものではないということを、
痛感しているように思えます
Lunaが目指すのは、
テレビゲームの世界に入るハードルを引き下げ、
気軽に時間をつぶしたいだけのカジュアルな
(あるいはゲームから離れてしまった)ゲーマーなど、
より幅広いユーザー層が
簡単にその世界に入れる入り口を与えることだといいます。

提供:Amazon

そうしたユーザー層にとって、
100タイトルのゲームというのはいい狙い目です。
対抗するGame Passも、
同じくらいの数のタイトルをそろえています。
カジュアルなプレーヤーがプレイしきれる数よりは多く、
多彩なラインアップという体裁を整えるには十分な数です。
もっとも、
そうした100タイトルで全てのユーザーのニーズに応えられるのか、
という疑問は残ります。

それでも、
ここにチャンスはあります。
Lunaの発表のタイミングは、
これ以上望めないくらいです。
「Xbox Series X/S」やPlayStation 5は発売時の台数が限られるため、
手に入れられない人は相当数にのぼるでしょう。
その買い損ね組が、
Lunaのサブスクリプションを試すことは容易に想像がつきます。
なかでも、
「Amazon Prime」を利用していて、
Amazonの広範なエコシステムに
クレジットカードが既に紐づいている層にとってはハードルが低い。
Lunaによって、Amazonは、
Googleが失敗したカテゴリーで成功を収めるチャンスが実際にあるのです。

最低限でも、
Stadiaを上回る条件は整っていると思われます。

もちろん、Microsoftと、
そのクラウドゲームサービスである「xCloud」は無視できません。
ちょうどStadiaやLunaのMicrosoft版に当たり、
ノートPCやテレビ、
モバイルデバイスに直接ゲームをストリーミングできるサービスです。
米国では2019年の後半にベータ版がリリースされ、
2020年9月からXbox Game PassのUltimateプランで
正式に利用できるようになりました。
Xbox本体のユーザー数を超えて契約者数を大きく伸ばそうという
Microsoftの計画の中で重要な役割を担っています。

Microsoft、Google、Amazonは
ゲームのストリーミングサービスを円滑に進行できるインフラを有しており、
この3社の中ではMicrosoftが最もゲーム業界での経験が豊富です。
同社のGamePassには既に1500万人の加入者がいます。

GamePassと競合するLunaや
Stadiaのようなサービスには厳しい勝負になるかもしれません。
AmazonもMicrosoftも同じ市場を狙っているように見えます。
つまり、
大量のサブスクリプションユーザーの獲得を最終目的として、
ノートPCやタブレット、
スマートフォンなどのモバイルデバイスという戦場で争っているのです。

Microsoftは明らかに本命ですが、
AmazonがGoogleの失敗から学び、
またAmazon Primeなど既存のサービスに寄せられた顧客からの
不満をうまく活用しながらプロジェクトを進めることができたなら、
業界2番手の地位を得ることができるかもしれません。
もしAmazonの思惑通りに事が進んだとしたら、
「ゲーム界のNetflix」の座をめぐる争いは
これまで考えられていたよりも混戦となるかもしれません。

まとめ

今まで『Google Stadia』に注目してきましたが、
この記事を見ると新たなライバルが出てきたようです。
その名も、『Amazon Luna』。
その影響のせいか、
Stadiaのデメリットが浮き彫りになりました。
日本ではまだ発売されていないので、
そこは良かったなと思います。
LunaとStadia、
どちらが先に日本で発売されるのか、
今から楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください