キックスタンドで多彩なスタイルで活用できるAndroidタブレット<Lenovo Yoga Smart Tab>実機レビュー

Androidタブレットには
それぞれさまざまなアクセサリーが発売されています。
特に種類が多いのがフリップカバー。
タブレットを立てられるので、
大画面を活かして動画視聴などの際に重宝するアクセサリーですが、
今回レビューするAndroidタブレット<Lenovo Yoga Smart Tab>は、
背面にキックスタンドを装備し、
フリップカバーなどのアクセサリーを必要とせずに自立させることが可能。
単体で多彩なスタイルで利用できることがウリの製品だそうです。

サクサク軽快に動く処理性能は実用性十分

<Lenovo Yoga Smart Tab>はOSに「Android 9.0」、
プロセッサーに「Qualcomm Snapdragon 439」を採用。
メモリ(RAM)は3GBまたは4GB、
ストレージ(ROM)は32GBまたは64GBを搭載しています。
microSDメモリカードスロットを装備しており、
ストレージを最大256GB増量可能です。
なおバリエーションとして、
LTE通信に対応したSIMフリーモデルも用意されています。

Android向けの定番ベンチマークを実施したところ、
総合ベンチマーク「AnTuTu Benchmark」のスコアは
「102840」という結果になりました。
記事執筆時点のランキングトップが「615289」なので、
その約17%の処理性能ということになります。

しかし実際に使ってみると、
ウェブブラウジングや動画視聴であれば十分快適。
もちろん最新3Dゲームを高画質設定でプレイするには力不足ですが、
一般的な用途ならストレスを感じることはなさそうです。

総合ベンチマーク「AnTuTu Benchmark」のスコアは「102840」、
CPUベンチマーク「Geekbench 5」のMulti-Core Scoreは「713」、
3Dベンチマーク「3DMark」のSling Shot Extreme – OpenGL ES 3.1は「438」。
ぜひご自身のスマホやタブレットで各ベンチマークを実行して、
スコアを比べてほしいです

キックスタンドを装備、メモリカードは背面に装着

本体サイズはおよそ242×166×5.5~24mm、
重量は約580g。
ボディーは防塵(IP5X)、
防滴対応(IPX2)。
7000mAhの大容量バッテリーが内蔵されており、
バッテリー駆動時間は公称値で最大約12時間と謳われています。

インターフェースはUSB Type-C(USB 2.0)、
microSDメモリカードリーダー、
マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャックを装備。
通信機能は、
Wi-Fi 5(11ac)、
Bluetooth 4.2、
そしてSIMフリーモデルはLTE対応となります。

キックスタンドは背面下部に装備されており、
中央から引き下げて利用します。
ちなみにカードスロットはそのなかに用意されています。
本製品を側面から見ると、
くさび形となっており、
ヒンジ部にステレオスピーカーが左右に1基ずつ搭載されています。
タブレット端末としては異色のデザインです。

ディスプレイは10.1型のIPS液晶(1920×1200ドット)。
ディスプレイ上部には500万画素のインカメラが内蔵されています
本体背面には鏡面仕上げの「YOGA」のロゴが光っています。
下部中央にあるのがキックスタンド。
キックスタンド内側の上にあるのが800万画素のアウトカメラ、
下にあるのがキックスタンドを開くためのボタンです
上面(上)と下面(下)。
上面と左右側面にはあわせて3つのデジタルマイクが内蔵されており、
360度遠距離音声認識に対応しています
右側面(上)にはボリュームボタン、電源ボタン、マイク、イヤフォン端子、スピーカー、
左側面にはスピーカー、USB Type-C端子、マイクが配置されています
キックスタンドは180度まで展開可能です
キックスタンド内のカバーを開くと、カードスロットが現われます
パッケージには本体以外に、ACアダプター、USB Type-C(USB 2.0)ケーブル、
マニュアル類が同梱されています
Lenovo Yoga Smart Tab の800万画素アウトカメラで撮影。
画素数は決して高くはないが、自然な発色で撮影可能です

高画質なIPS液晶を搭載、音もJBL Hi-Fiスピーカーで◎

10.1型のIPS液晶(1920×1200ドット)ディスプレイの詳細スペックは
公表されていませんが、
輝度、発色、視野角はタブレット端末として平均以上。
HDRコンテンツの再生には対応していませんが、
ミュージックビデオや映画鑑賞にも耐えるクオリティです。

いい意味で驚かされたのがサウンド品質。
ボリューム自体は飛び抜けて大きいわけではありませんが、
JBL Hi-Fiスピーカーが搭載されており、
全域でバランスよく音が出て、
伸びやかでボリュームのあるサウンドを楽しめます。
特に重低音の迫力はタブレットと思えないほどです。
ちょっとしたオーディオコンポ代わりに利用できるだけの
サウンド品質を備えていると言えます。

ディスプレイの表面処理は光沢(グレア)仕様。
画像、映像を鮮やかに表示してくれます。
照明などの映り込みが気になる方は、
非光沢(ノングレア)の保護フィルムなどを貼り付けましょう
約50cmの距離でミュージックビデオを再生したときの最大音圧は79.2dBA。
8畳ぐらいの部屋であれば十分オーディオコンポ代わりに利用できます

キックスタンドを利用した4スタイルで利用でき、スマートディスプレイとしても活躍してくれる

<Lenovo Yoga Smart Tab>最大のウリは「4モードスタイル」。
浅い傾斜を付ける「チルト」、
深い角度で立てかける「スタンド」、
手に持って使う「ホールド」、
フックなどにぶら下げる「ハング」の4モードに対応しており、
用途や状況に応じてスタイルを変更可能です。

フリップカバーなどのアクセサリーなしに
単独でスタイルを変更できるのはスマートですし、
特に「ハング」についてはそもそも対応できるタブレットは少ないです。
一風変わったデザインですが、
一般的なタブレットよりも利用シーンが多いことは間違いないです。

また、
Androidタブレットをスマートディスプレイ化する
「背景モード(Ambient Mode)」に対応している点もポイント。
背景モードを有効にしておけば、
どこにでも持ち運べる「Google Nest Hub」的デバイスとして利用できます。
さまざまな場所でGoogleアシスタントを使い、
動画や音楽の再生、
天気やスケジュールの確認、
スマート家電をコントロールしたいのならピッタリの端末と言えます。

左上から「チルト」、「スタンド」、「ホールド」、「ハング」スタイル。
キッチンの上扉などにLenovo Yoga Smart Tabをぶら下げ、
レシピ動画などを流しておけば、料理作りも捗りそうです
スタンドモードでこれ以上ディスプレイを倒すと、
キックスタンドが収納されてしまいます。
浅い角度で使いたいならチルトモードを選択しましょう
スタンドモードは「Netflix」などで映像コンテンツを鑑賞するのにもってこい。
JBL Hi-Fiスピーカーはセリフ、効果音、BGMを臨場感たっぷりに再生してくれます
これがAndroidデバイスをスリープ時にスマートディスプレイ化する
「背景モード(Ambient Mode)」。
スマートディスプレイを持ち運べば、
複数の部屋に設置する費用を節約できます

日常のなかでの使い勝手を重視する方にオススメ!

<Lenovo Yoga Smart Tab>は、
必要十分なパフォーマンスに、
独自のキックスタンドを組み合わせることで、
4つの利用スタイルを実現し、
スマートディスプレイとしても活用できます。
パフォーマンスだけでなく、
あくまでも日常のなかでの使い勝手を重視したい
というユーザーにピッタリのタブレットです。

<Lenovo Yoga Smart Tab>の主な仕様
プロセッサ-Qualcomm Snapdragon 439オクタコア プロセッサー
OSAndroid 9.0
ディスプレイ10.1型ワイドIPSパネル (1920×1200ドット)
メモリ3GBメモリ+32GBフラッシュメモリ /
4GBメモリ+64GBフラッシュメモリ
バッテリー容量7000mAh
連続駆動時間約11時間
サウンドドルビーアトモス、JBLスピーカー(2W)×2
マイク3 digital microphones
スマートホームハブ機能Google アシスタントの背景モード
カメラインカメラ:500万画素/アウトカメラ:800万画素
サイズ約242x166x(5.5-24)mm
質量約580g
通信機能802.11a/b/g/n/ac (5GHz/2.4GHz)Bluetooth v4.2
ポートUSB 2.0 Type-Cポート(OTG機能付き)、microSDメディアカードリーダー(最大256GBまで対応可能)、
マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
(提供:レノボ・ジャパン)

■関連サイト

<Lenovo Yoga Smart Tab>製品ページ Lenovo Android タブレット レノボ・ジャパン

引用元:https://ascii.jp/elem/000/004/027/4027551/?pickup=2

まとめ

この独特なギミックを搭載したタブレットは面白いですね。
カバーなどを装着しなくても自立ができるので、
トータルの出費が抑えられるのもポイントが高いですね。
この記事にも書いてあるように、
タブレットを吊るして使うというのは斬新ですね。
Googleアシスタントを搭載しているので、
端末を汚すことなく操作が出来ます。
タブレットのシェアはiPadが多いですが、
この端末みたいに尖った特徴があれば、
Androidタブレットの生き残りが出来そうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください