ファイル共有「Nearby Share」のChromebookにおける動作が明らかに GIGAスクール構想への対応に最適な「Chromebook+G Suite for Education」とは

ファイル共有「Nearby Share」のChromebookにおける動作が明らかに

HelenTechによりますと、

先月、
Chromebookに限らずChromeブラウザが
インストールできる様々なデバイスで
利用可能になることがわかった、
iOSの”AirDrop”のクローンとも言える
ファイル共有機能”Nearby Shere”ですが、
ついにChromebook上での動作について、
初期段階ではありますが、
どのように機能するかが動画で登場したそうです。

今回の動画はChromeStoryが公開したもので、
ChromebookとAndroidデバイスの間の
”Nearby Share”の連携がわかるものです。

引き続き、
この機能はCanaryチャンネルのみでの
利用となっているようですが、
すでにフラグも登場しており、
ごく一部のユーザーであれば試すことが
できるようになっています。

現在の”Nearby Share”は、
Bluetoothを利用した共有のみとなるようですが、
よりAirDropライクの機能であれば
Wi-Fi接続を利用する通信も可能になる可能性があります。

Wi-Fiを利用する方が、
帯域幅も大きいですしより重いファイルのやりとりが
スムーズにできるようになりますので、
Googleドライブなどを経由する
ひと手間などがなくなると思うと、
かなり便利になります。

なお、
MacのChrome Canary 86でも、
フラグ chrome://flags/#nearby-sharing を
有効化することで”Nearby Share”を
利用できることが報告されているため、
Chrome OSにおいてもOS 86で実装される可能性があります。

また、
開発段階ということもあるため、
現時点ではiOSのAirDropのように
共有したいデバイスを選択して送る…という手順ではなく、
一度Androidデバイス側でリクエストを受け入れ、
受信できるようにしないといけない
という手間があるようです。

Chrome OS 86がStableに到着するまでは
まだしばらくありますので、
もっと手軽で便利になってくれると嬉しいですね。

ちなみに私はまだ実機で試していませんが、
今後Devチャンネルに登場したときには試すつもりです。

参考 How to use Nearby Share on Chromebook

引用元:https://www.helentech.net/file-sharing-nearby-share-behavior-on-chromebook-revealed/

GIGAスクール構想への対応に最適な「Chromebook+G Suite for Education」とは

GIGAスクール構想の実現の最適解

マイナビニュースによりますと、

「GIGAスクール構想」では、
児童・生徒といった学習者が
1人1台の端末を保有して学習することや、
クラウドサービスを有効活用して
多様な子供たちに対応できる教育環境を
構築することが求められています。
その端末として政府が導入候補として挙げている例が、
WindowsまたはChrome OS、
iPad OSを搭載している機種です。
その際は、
1台あたり5万円程度に収まる
安価な端末の採用が推奨されているそうです。

本連載はこれまで、
教育現場における導入実績が多い端末として
「Chromebook」や、
教育機関向けに無償提供されるクラウドサービス
「G Suite for Education」の有用性について触れてきました。
今回はあらためてそれぞれの特徴を紹介しましょう。

ブラウザベースでシンプル&快適に使える端末「Chromebook」

Chromebookは、
Googleの提供するChrome OSを搭載した
ノートPC型の端末です。
高度な業務利用を想定した高価格な端末も
リリースされていますが、
3万円台から5万円台程度と安価で、
シンプルな使い方ならば
十分対応できる端末が複数存在します。
また、
起動が10秒たらずで行えるなど軽快さも魅力です。

Chrome OSは、
無料で利用可能なブラウザであるChromeを
メインのインターフェースとしており、
そのブラウザ上で
ウェブアプリケーションを使った作業を行います。
Microsoft Officeのデスクトップアプリケーションは
利用できませんが、
基本的にブラウザから扱えるオンラインサービスや
クラウドサービスは利用可能です。
GIGAスクール構想では
ブラウザベースの作業を基本としており、
ぴったりな環境といえるでしょう。
また、
全てではないものの
Android向けアプリケーションに対応するため、
高度な利用を想定しない教育現場において
機能面の心配はないでしょう。

基本的にChromebookはG Suiteと組み合わせ、
ネットワークに接続して利用することが想定されています。
起動時にネットワーク接続することで最新の環境が保たれ、
G Suiteの管理ツールから遠隔ロックなどが可能なことから、
セキュリティ面でも安心できます。
一方、
オフラインでも簡単なドキュメント作成が行え、
次回ネットワーク接続時は自動的にクラウドと連携されます。
チームでのデータ共有や協同作業も行いやすいです。

無料でフル機能+教育支援機能が利用できる「G Suite for Education」

ChromebookはG Suiteとの連携を基本としていますが、
そのG Suiteのフルパッケージ+教育機関向け機能
「Classroom」の組み合わせで無償提供されているのが
「G Suite for Education」です。

G mailのメール機能、
オンラインストレージのGoogleドライブ、
予定共有が可能なGoogleカレンダー、
ビデオ会議ができるGoogle Meetなどが全て利用できるうえ、
Googleドキュメント、
Googleスプレッドシート、
Googleプレゼンテーションといった
オフィスアプリ群も活用可能だ。

さらにClassroomという教員が学習者の画面を一覧表示したり、
課題の配布や提出を管理したりと、
授業をサポートしてくれる機能も備えています。
これはビジネス向けのG Suiteには含まれておらず、
G Suite for Education専用となっています。
教員向けの高度な管理機能が必要な場合は、
1ユーザーあたり4ドルで利用できる
「G Suite Enterprise for Education」
ライセンスを購入するといいでしょう。

さらに教育支援ツール
「Netop Vision for Chromebooks」
などを別途組み合わせれば、
Classroomと連携させて学習者の管理ができるほか、
教員の画面を学習者に向けて配信するなど、
活用シーンが広がるのも魅力です。

教育支援ツール「Netop Vision for Chromebooks」

キッティング済み端末の納入やG Suite導入サポートを提供

サテライトオフィスでは、
GIGAスクール構想向けのパッケージとして
「ASUS Chromebook C214MA 基本パッケージ」
「DELL Chromebook 3100 2-in-1 基本パッケージ」
の2種類を用意。
いずれの端末もディスプレイを180度折り返せば
タブレットとしても利用可能で、
キッティング(パソコンのセットアップ)作業の費用を含め
4万5,000円(税込)で提供しています。

ASUS Chromebook C214MA 基本パッケージ
DELL Chromebook 3100 2-in-1 基本パッケージ

G Suite for Educationについても、
開通までの導入サポートを無料で提供。
導入後は月額1万円で利用可能な
「年間サポート」を提供しているほか、
月額5万円で高度な支援を行う
「メンテナンス運用パック」も提供しています。

1カ月あたり1万円で利用できる年間サポートパックを提供
メンテナンスや高度な支援には月額5万円で対応

導入にあたって教員向けや管理者向けの
トレーニングプランも提供するうえ、
Eラーニングを支援する
「サテライトオフィス・Eラーニング for G Suite」、
セキュリティに必須の
「サテライトオフィス・シングルサインオン」
といったオプションも多彩です。
企業向けの豊富な導入実績をもとに、
さまざまな運用ノウハウを含めて導入から運用までを
サテライトオフィスが幅広くサポートしてくれます。

監修:原口 豊(はらぐち・ゆたか)

大手証券会社システム部に在籍後、
1998年、サテライトオフィス
(旧ベイテックシステムズ)を設立。
2008年、いち早く
クラウドコンピューティングの
可能性に注目し、
サービスの提供を開始。
G Suite(旧Google Apps)の導入や
アドオンの提供で、
これまで実績4万社以上。
「サテライトオフィス」ブランドで
クラウドサービスの普及に尽力している。

サテライトオフィス

■クラウド環境でのビジネス支援に特化した
インターネットシステムソリューションベンダー■

さまざまなビジネスモデルに
最適なソリューションパッケージを開発し、
ユーザー目線に立った戦略の
企画・提案を行っています。
業界No.1の導入実績を持つ
G Suite(旧Google Apps)やOffice 365、
LINE WORKSなどクラウドコンピューティングに
関わるビジネスの可能性を追求しています。

●●無料活用セミナー 随時開催中!!●●

提供:サテライトオフィス

[PR]提供: サテライトオフィス

引用元:https://news.mynavi.jp/kikaku/gigaschool_sateraito-4/

まとめ

僕は、Chromebookを使って数年になります。
是非、子供たちに使って欲しいです。
一言で表すと、『コスパが良い』からです。
大人側(学校や運営)からすると、
嬉しいポイントだと思います。
個人で使って、
その良さを確認してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください