「Galaxy S20 Ultra 5G」レビュー – 予想を覆して国内投入された最高峰の性能をチェック

マイナビニュースによりますと、

KDDI(au)が新たに投入した、
サムスン電子製のスマートフォン
「Galaxy S20 Ultra 5G」は、
既に発売されている「Galaxy S20」シリーズの最上位モデル。
1億800万画素の高解像度カメラと
10倍相当の望遠カメラを搭載するなど、
カメラ性能が際立つモデルですが、
それ以外の性能も非常に高いのが特徴です。
Galaxy S20 Ultra 5Gの高性能ぶりを改めて確認してみましょう。

タブレットに匹敵の大画面、出っ張りはかなり目立つ

サムスン電子が2020年に投入した
フラッグシップスマートフォン「Galaxy S20」シリーズ。
国内でもNTTドコモとKDDIの
5Gスマートフォンラインナップとして採用されています。
これまで投入されたのは
「Galaxy S20 5G」と「Galaxy S20+ 5G」の2機種のみで、
最上位モデルの「Galaxy S20 Ultra 5G」は
ラインナップに名前がありませんでした。

KDDIのau 5Gサービス開始発表時に公表された5G対応スマートフォンには、
Galaxy S20シリーズのうち「Galaxy S20 Ultra 5G」だけが
ラインナップに含まれていませんでした

国内では2019年10月に電気通信事業法が改正され、
スマートフォンの大幅な値引きが規制されました。
高額なハイエンドモデルの販売は難しくなっているだけに、
Galaxy S20 Ultra 5Gの国内投入は
見送られた感があったのですが、
2020年6月24日にKDDIがスマートフォン新機種として
Galaxy S20 Ultra 5Gを発表
これまでの予想に反して最上位モデルを
投入してきたこともあり、
驚いた人も多いことでしょう。
筆者もその1人です。

とはいえ、
Galaxy S20およびGalaxy S20+
十分な高性能を備えていたことから、
Galaxy S20 Ultra 5Gがどれくらいスゴイ性能を持つのか、
実感しづらいでしょう。
今回、
発売前の端末をお借りできたので、
実際に使ってみてその実力を確認してみたいと思います。

まずはディスプレイと本体ですが、
Galaxy S20 Ultraは6.9インチと、
もはやタブレットに近い大画面。
それでいてサムスンが得意とする
有機ELディスプレイの特性を生かし、
側面をカーブさせたり、
フロントカメラ部分をくり抜いた
パンチホール構造を採用したりと、
高い画面占有率を誇ります。
横幅もGalaxy S20+ 5Gと大きく変わらない程度に
まとめられていることから、
スマートフォンとして片手でも操作しやすいサイズ感です
(女性が片手で操作するのは厳しいかもしれません)。

「Galaxy S20 Ultra」の正面。
6.9インチと非常に大きなディスプレイを搭載しており、
有機ELらしいくっきりした映像が楽しめます

輝度やコントラストが高い有機ELは、
くっきり表示で屋外でも視認性は高いですし、
解像度もQHD+(3,200×1,440ピクセル)と高いことから、
映像も非常に高精細。
さらにディスプレイのリフレッシュレートを
60Hzから120Hz駆動に切り替えることで、
シャープの「AQUOS」シリーズのハイエンドモデルに
匹敵する滑らかな動きを実現できます。

ディスプレイのリフレッシュレートを120Hzに切り替えることで、
バッテリーの消費は増えるがスクロールなどの表示がとても滑らかに

指紋センサーもディスプレイ内蔵です。
背面はカメラのみ備えたシンプルなデザインにまとめられています。

指紋センサーはディスプレイ内蔵型。
環境にもよりますが、
ディスプレイ内蔵型としては解除は比較的スピーディーな印象

後述するカメラの性能がかなり高いこともあり、
カメラ部分の出っ張りはかなり目立つというのが正直なところ。
カバンやポケットに入れるときは、
この出っ張りによって、
一緒に入れた物に傷を付けないよう注意が必要でしょう。
どうしても気になる人は
ケースの装着を考えるといいかもしれません。

背面はカメラのみとシンプルなデザインですが、
カメラ部分の出っ張りはかなり目立ちます
側面から見たところ。
カメラ部分の出っ張りは、見た目でも数ミリ程度あります

カメラは1億超画素、100倍ズームにも対応

最大の特徴となるのがカメラです。
Galaxy S20 Ultra 5Gは、
広角、超広角、望遠、
そして深度測定という4つのカメラを搭載しています。
この点は最近の他社製スマートフォンと
大きく変わらないのですが、
その性能が本当に「けた違い」なのです。

大きさが目立つメインカメラですが、
その大きさに相応しい、非常に高い性能が備わっているのも事実

実際、
広角カメラの画素数はなんと1億800万画素と、
億越えを記録。
カメラアプリ上部のメニューから縦横比で
「3:4 108MP」を選んで写真を撮影すると、
1億800万画素の高画素数をフルに生かした写真を撮れます。

カメラの上部(横にしたときは左側)にあるメニューから、
縦横比を「4:3 108MP」に設定することで、
1億800万画素をフル活用した写真撮影が可能
実際に1億800万画素で撮影したところ。
見た目には通常の写真と大きな違いがないように見えますが、
写真サイズは12,000×9,000ピクセルという大きさ。容量も約37MBに達します
上の写真から、
通常の3:4比率の写真(4,000×3,000ピクセル)と同じサイズを切り抜いたもの。
高い画素数ゆえに、
一部を切り抜いても十分に細かな表現ができています

そしてもう1つは望遠カメラで、
こちらも4,800万画素と高い画素数を誇るのに加え、
潜望鏡のような「ペリスコープ構造」の採用によって
光学10倍ズーム相当の撮影が可能。
これらのカメラを組み合わせることにより、
10倍までは画質を落とさずにズーム撮影できる、
ハイブリッドズームにも対応しています。

超広角(0.5倍)で撮影
等倍で撮影
5倍ズームで撮影。
等倍以上でも、ハイブリッドズームの活用によって画質を落とすことなく撮影できます
10倍ズームで撮影。
スマートフォンでこれだけ離れた場所を撮影しても、
画質が落ちないというのはかなり驚異的

さらにデジタルズームを加えると、
最大100倍までのズーム撮影も可能。
もちろん100倍までズームすると画質はそれなりに落ちますし、
手ブレも気になります。
影しやすいわけではないのですが、
Galaxy S20 Ultra 5Gを使えばスマートフォンのカメラだけで、
そこまでの撮影ができるようになっているのですから驚きです。

10倍以上はデジタルズームとなりますが、
30倍ズームくらいまでは実用的な画質で撮影可能
100倍ズームで撮影した写真。
だいぶ画質は粗くなってしまいますが、
スマートフォンのカメラでここまで寄れるのは驚き

さらに高い解像度を生かし、
Galaxy S20 Ultra 5Gでは8Kの動画撮影も可能。
8K動画の再生中に写真を切り出す
「8Kビデオスナップ」という機能も搭載しており、
8K動画を撮影して後からその一部を写真として切り出す……
という使い方もできるのです。

「8Kビデオスナップ」を使えば、
8K動画を撮影した後に好きなシーンを写真として切り出せます
実際に切り出した写真。
ベースが8K映像ということもあり、高い品質の写真として残すことが可能

メインカメラだけでなく、
フロントカメラも4,000万画素と非常に高い性能を備えています。
フィルターやビューティーモードなどを活用した
セルフィー撮影はもちろんのこと、
フロントカメラを用いた簡易的な顔認証にも対応しているので、
画面ロックの解除もスピーディーです。

フロントカメラはパンチホール型ですが、4,000万画素という高い性能を備えます
フロントカメラで撮影した写真。
高い画素数に加え、
ビューティーモードなどの活用で手軽にきれいなセルフィー撮影が可能

性能も最高峰でゲームは快適、悔やまれるFeliCa非対応

カメラ以外の性能も、
非常に高いものを備えています。
チップセットにはクアルコムのハイエンド向け最新チップセット
「Snapdragon 865」を搭載し、
RAMは12GB、
ストレージは128GB。
2020年6月の時点で、
国内で発表された5Gスマートフォンの中では
最も高い性能を持っているのです。

この高性能が生きてくるのは、
やはり3Dグラフィックをふんだんに使ったゲームでしょう。
いくつかの3Dゲームを最高画質
(最も高いフレーム数)に設定してプレイしてみたのですが、
いずれも見た目にはフレーム落ちすることはありません。
タブレット並みの大画面ということもあって、
細かな部分も見やすいことから、
狙って撃つ必要があるFPSなども快適にプレイできました。

スマートフォンの性能によって画質の設定上限が変化する「PUBG mobile」の設定画面。
まだ選べない「ウルトラHD」を除いた、最高画質の設定でプレイ可能

Galaxy S20 Ultra 5Gは、
放熱性能にも力が入れられているようです。
3Dゲームのように本体の性能をぶん回していても、
端末があまり熱くならず、
熱によるパフォーマンス低下もありませんでした。
こうした点も、
ゲームにこだわる人にはうれしいポイント
といえるのではないでしょうか。

「Call of Duty Mobile」を最高画質でプレイ。
大画面でプレイしやすいのはもちろんのこと、
何度か繰り返しプレイしても本体は熱くならず、
快適なプレイを継続できました
画質の細かな設定がない「アスファルト9」なども、高画質のグラフィックで快適にプレイ

バッテリー容量も5,000mAhとかなり大きく、
多少激しい使い方をしても十分に持つレベル。
ディスプレイの120Hz駆動などを使わなければ
バッテリー消費を減らせるので、
シーンによって使い分けるといいでしょう。
ちなみにワイヤレス充電にも対応していることから、
充電も手軽に手軽にできるのもメリットといえます。

このように、
Galaxy S20 Ultra 5Gはカメラ機能を中心として、
現時点ではスマートフォンとして
最高峰の性能を持つことに間違いないでしょう。
ただ弱点と感じるところがないわけではなく、
1つは先にも触れた通り、
カメラ部分の出っ張りがかなり大きいこと。
そしてもう1つは「FeliCa非搭載」だということです。

FeliCaが搭載されなかったのは、
Galaxy Fold」などと同様、
特徴あるモデルは機能・性能を優先し、
海外モデルをほぼそのままの形で投入するという、
ここ最近のKDDIの方針が大きく影響しているといえそうです。
もちろんKDDIが最も力を入れている
「au PAY」などQRコード決済や、
NFCを用いたGoogle Payによる
Visaのタッチ決済などは利用できます。
しかし、
国内投入されている他のGalaxy S20シリーズは
すべてFeliCaが搭載されていただけに、
真の最高峰を極めるという意味でも、
もう少しがんばりが欲しかったところです。

※本記事は掲載時点の情報であり、
最新のものとは異なる場合があります。
予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、
 厚生労働省、 内閣官房、 首相官邸 のWebサイトなど
公的機関で発表されている情報も併せてご確認ください。

引用元:https://news.mynavi.jp/article/20200701-galaxy_s20ultra/

まとめ

この記事に書かれているのは、
『Galaxy S20 Ultra 5G』レビュー記事です。
かなり詳しく書かれています。
主にカメラ、ディスプレイ、ゲーム、
を中心にレビューされています。
数字などを見てハイスペックなのは分かりますが、
実際にレビューされているのを見ると、
イメージがしやすくなるので有り難いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください