Chrome OSでSteamが動くようになるかも。ゲームは限定されそうですけど

GIZMODOによりますと、

Stadiaだけじゃ物足りないGoogle。

最近のGoogle(グーグル)は、
クラウド・ゲームサービスの「Stadia」
AAAゲームも遊べるというのに、
今度はPCゲームが揃うSteamのゲームも、
Chrome OSで遊べるようにする動きがあるようです。

Linuxの種類が壁となっている

9to5Googleの説明によると、
Google Chrome OSは元々、
Linux用のアプリケーションをOS上で仮想的に動かす
「Debian」というディストリビューション
(OSの種類)をベースにした「Crostini」という機能が
使われているのだそう。
一方、
Steamのゲームは「Ubuntu」という
ディストリビューションをベースにした互換レイヤー
「Proton」を使って、
Windows用ゲームをLinux上で走らせているため、
今のChrome OSでSteamは使えない状態とのこと。

Googleに動きあり

ですが最近、
Googleが「Ubuntu」をベースにした
「Borealis」をテストしているコード変更が見つかったため、
Steam実装に向けて本格的に動いているのではないか? 
と見られるようになりました。

SLASH GEARいわく、
そうなるとかなりのハイエンドPCが必要になると
考えられるそうなのですが、
第10世代Intel Coreプロセッサを搭載した
新しいChromebookのウワサが出回っていることから、
もしかしてソレが…?
と点と点を繋げようとしています。

どんなゲームが楽しめるのか

Steamには『レッド・デッド・リデンプションII』
『ファークライ5』
『モンスターハンター:ワールド』
などの大作ゲームが揃っており、
もうすぐ『デス・ストランディング』
PC版も仲間入りします。
それらを動かすには、
やはりパワフルなPCである必要があるんだろうなぁと思う反面、
もしかしたらパワー不足で軽いゲームしか遊べない…
なんて事態になったりして?

まだまだ憶測の域を出ていませんが、
Chromebookユーザーのゲーマーは
気になるところかなと思います。

Source: 9to5Google via SLASH GEARStadia
Reference: エンジニアの入り口

引用元:https://www.gizmodo.jp/2020/07/chrome-os-steam.html

まとめ

『Stadia』はまだ日本には上陸していませんが、
この記事によると、
Chromebookを使い『Steam』を動かすことのできそうです。
そんなハイスペックなChromebookが日本で発売されたら、
『Stadia』を飛び越えて『Steam』をプレイする、
未来が訪れるかもしれません。
そうなると、逆に面白くなりそうですね。

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください